サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 春眠さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年3月)

投稿数順ランキング
先月(2017年3月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

    3月のライオン(1)

    3月のライオン(1)

    羽海野 チカ(著),先崎 学 (将棋監修)

    5つ星のうち 4.5 レビュー詳細を見る

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    はらぺこあおむし 改訂

    はらぺこあおむし 改訂

    エリック=カール (さく),もり ひさし (やく)

    5つ星のうち 4.5 レビュー詳細を見る

春眠さんのレビュー一覧

投稿者:春眠

2 件中 1 件~ 2 件を表示

犯人当て

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 新本格の始祖、綾辻行人の書いたオーソドックスな犯人当て推理小説。
 事件やトリックは館物同様の本格だが、館物と違い通俗味が加わっているため、珍しく主人公の兄弟に感情移入しながら読めて楽しい。
 なお読者への挑戦は著者の後書きに入っているので、そちらを先に読んだほうがいい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本斜め屋敷の犯罪

2001/04/12 15:16

そのときわたしはハァ?

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 今は古典ですが、推理作家はトリックを成立させるためにはここまでするというお手本になった一冊ではないでしょうか。
 プロローグに「シュヴァルの宮殿」のエピソードがひかれていますが、本書においては、途方もないトリック構築にこもる作家の妄念が、そのエピソードの宮殿建設に重なりあっているようです。
 異様な完成品を前にして理解をこえて脱力するのか、それとも大きな衝撃を受けるのか、いずれにしても評価は極端に分かれそうな作品です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示