サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 共同通信社さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年6月)

共同通信社さんのレビュー一覧

投稿者:共同通信社

1 件中 1 件~ 1 件を表示

内容紹介、目次

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

1999年11月22日白昼、東京・文京区音羽にある幼稚園わきの女子トイレで、当時2歳の何の罪もない幼女が絞殺された。犯人は近くに住む顔見知りの主婦、山田みつ子で、幼女の母親と付き合いがあり、長男同士が同じ幼稚園の年長クラスだった。当初、マスコミで「お受験」や「心のぶつかり合い」が殺害の動機と騒がれた事件は、公判が進むにつれて、みつ子被告の一方的なこだわりが増幅した結果だったことが明らかになっていく。実はみつ子被告には、自分を殺して周囲に合わせる過剰反応、短大時代から10年間苦しんだ摂食障害、引きこもり、自殺未遂などの「人生の傷」があった。結婚してからは、夫との葛藤、孤立した育児の苦悩、わが子への虐待といった病理が次第に噴出していく。子ども同士の関係が、親の生活まで規定しかねない子育ての環境の中で、みつ子被告の心の中でいったい何が起きていたのか。本書は子育て真っ最中の平凡な母親に芽生えた殺意の軌跡を追い、突然幼い娘の命を奪われた家族のやり切れない思いを伝える。

≪目 次≫
【プロローグ】
【1章 人生の傷】
「…被告は出入りする大人たちが、自分の親にとっての敵か味方か考えざるを得ない家庭環境で自己形成をしていたので、対人関係には大変敏感で…」。被告の過剰適応はやがて摂食障害としてあらわれる。
幼稚園児の長男を虐待/犯罪者になったらどうする/自己主張できない母親たち/祖父母の言った悪口メモに/オール1の成績にショック/男子高校生に会うとパニック/幼児期から過剰適応の性格/やせていくのが楽しくて/大学病院をやめて引きこもり/いら立ちぶつける父親に暴力/自己決定迫られ摂食傷害に/過食嘔吐のアリ地獄/幸せな家庭夢見て上京

【2章 見えない殺意】
特別な感情がなかったという被告が、春奈ちゃんの母親に「疲れ」を感じるようになったのは長男が一歳半のころ。この「疲れ」が、最後には春奈ちゃんへの殺意に変わる過程をみていく。
寺の妻に理想のタイプ/不安定な夫の立場支える/強迫的なこだわり夫に転化/初対面で電話番号教えあう/子どもの接し方に違い/幼稚園のお迎えが新たな葛藤に/園長囲む会で泣き出す/春奈ちゃんの母親に自己投影/神戸の子どものようになるのでは/心に漠然とした殺意芽生える/夫に止めてほしい気持ちだった/医療援助を受けるべき状態/長男の小学校受験で口論/まさか人をあやめてしまうとは/素手で裏庭掘り遺体埋める/私と結婚してよかった?

【3章 奪われた未来】
メディアスクラム、事実ではない母親像の一人歩き…。増幅する被害者一家のマスコミ不信と報道による二次被害。母親の怒りは被告だけでなく「傷口に塩を塗られた」という事件報道にも向けられる。
踏みにじられた心/かすかな希望抱き待ち続ける/お百度参り/娘とバージンロードが夢/マスコミ不信/吊り広告の写真に怒り/「春奈を帰せ」と思わず叫ぶ/検事の横で追及したい/遺影にピンクのリボン/衝立の中の証言席/娘とともに歩んでいきたかった

資料 「あすの会について」(岡村 勲)
犯罪被害者の遺族となった弁護士が設立した「犯罪被害者の会」(あすの会)。被害者や家族がどんなに悲惨で不公平な取り扱いを受けているか。その設立のいきさつ、目的と活動など。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示