サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. TAIRAさんのレビュー一覧

TAIRAさんのレビュー一覧

投稿者:TAIRA

114 件中 1 件~ 15 件を表示

ブルーな時に…。

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 主人公であるユーリ・ジェニングスがとってもいい感じです。やはり物語りの善し悪しの決めては何といっても主人公のキャラでしょう。その点、この本は安心です。
 コンピュータマスターと呼ばれるほどのコンピュータの使い手であり、その天才的な頭脳でロケットの大事故を一人で防いだ銀河の英雄。しかし、己が道を爆進するが故に私情で絶対進入不可能だと言われていた政府のメインコンピュータを単独で破壊。そして、第一級テロリストとなった彼はそれでも「人生行きあたりばったり」をモットーに追手を何気ない顔で蹴散らしながら、現在も元気よく逃亡中。ボーっとしていて一見そんなすごい人物に見えないのに、実はキレ者で本気を出せば政府のメインコンピュータでさえブチ壊してしまうというところがツボです。
 ヘコンでいる時に読むことをおすすめします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

最遊記 9

2002/07/30 20:19

カミサマ編、終了。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 国士無双の4人のツワモノ、神を敵にす。
 一人として神に及ぶ者なし。
 されど、かの力合わすれば、神に勝れり。
 神滅びし時、神は神にあらず。
 神の戦い終われども、
 今だ西には遠く及ばず。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

最遊記 6 (GFC)

2002/07/30 17:56

とびっきりの茶番劇を・・・

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 負傷した三蔵を助けたくて、金鈷をはずしてまで紅孩児を倒そうとする悟空。
 動いたら毒が回り死ぬかもしれないのに、悟空を止めようと立ち上がる三蔵。
今さらながらに、この二人の絆ってすごいなと思ってしまった。

 でも紅孩児もかわいそうではある。母親のために戦いたくもない三蔵たちといつも戦わされてる上、今回は死にそうなめにあって、その後は你博士の玩具。・・・救われない。いつか、みんな幸せになれたらいいんだけどね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

最遊記 7 (GFC)

2002/07/30 17:31

迷コンビ・・・。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 カミサマ編、大突入。でも、まだまだ神様本人は出てきません。序章という感じでしょうか。神様に操られた金閣と銀閣がメイン。
 今回は、悟空と八戒の魂を吸い込んだ瓢箪を取り戻すため、金閣を追いかける三蔵と悟浄という世にも珍しいペアでの展開ですが、はっきり言って最悪です。三蔵と悟浄ペア・・・。意思の疎通皆無。今までにない組み合わせですが、何で今までなかったのかが分りました。
 それに比べ、悟浄と八戒のペアはかなりいい感じです。ほのぼのしてます。この巻唯一の救いですね。途中八戒の本来の姿に悟空が怯えておりますが、まあそれは置いておきましょう・・・。とりあえずこの話しは、金閣たちの問題が終わってもまだ続きそうです。
 余談ですが、終わりに入っている4人の10年前の話し、八戒は意外でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

かっこかわいい♪

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 弱冠12歳の無敵のテニスプレイヤー、越前リョーマ。歳の差や背の低さもなんのその、強敵をどんどん倒していくその姿はまさに王子様。超生意気で可愛い、お姉さま方に人気のありそうな彼が、この漫画の主人公。
 彼の他にも、こんなカッコイイ中坊いるかよ!と逆ギレしたくなるようなキャラがいっぱいのこの漫画。読みごたえはバッチリだが、本当に彼らは中学生なのだろうか・・・今だ疑問は残る。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

最遊記 3 (GFC)

2002/07/18 16:09

こんな色気のある坊主いやだな…

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 前巻の続き。三蔵のピンチに悟空がキレて大変なことになってます。4人の前世もチラッと登場。謎は深まるばかりです。上手いなー。こうやって読者を惹き付けるわけですね。さすが。
 ところで、この巻前半で三蔵は過去との邂逅を果たし、決着をつけるわけですが、次回のターゲットは八戒みたいです。3巻では、まだ本題には入っていませんが、間違いなく次の話は八戒が主役ですね。楽しみ楽しみ。余談ですが、私は最遊記の中で一番の無敵さんは、観世音菩薩だと思います(笑)。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

最遊記 2 (GFC)

2002/07/18 16:05

男前には、過去の暗い影がつきもの!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 やっぱり『最遊記』の1番の魅力は、主要人物のかっこよさ! 4人とも文句なく超男前。しかも、強い。でも、そんな彼等にもそれぞれ暗い過去が…。今回はその中の悟浄と三蔵の過去が、ちょこっとだけ垣間見れます。私的2巻の1番の見所は、三蔵の子供時代の見かけの可愛さと、性格の可愛くなさです(笑)。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

最遊記 1 (GFC)

2002/07/18 16:02

男前の集まり!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 今まで読んできた数々の漫画の中で『最遊記』は、間違いなく3本の指に入る素敵な漫画です。もう、めちゃ面白いです。絶対オススメ。もう終わってしまいましたが、テレビアニメにもなっていたので知っている方も多いかと思います。しかし、アニメは見たけど原作は読んでないんだよねー、という方がけっこういるんですよね。だめですよ。これは読まなきゃ。アニメにはアニメのよさがありますけど、やっぱり基本は原作でしょう。絵とか全然違うので、まだ読んでいない方は是非読んでみて下さい。読まなきゃ損ですよ。1巻はまだ絵が初期ですけど、それでも楽しめると思います。これから絵の方は、どんどん綺麗になっていきますしね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

男前の条件

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 もうかっこいいかっこいい。どうしようかと思うぐらいかっこいい。そして、どこまでも男前、久保ちゃん&時任。相変わらず二人の関係が、紙一重なのもGOOD。

 プロローグだった1巻にかわり、2巻はやっと本編スタート。眠り姫状態だった時任も復活。「W・A」の謎は深まるばかりだが、まあ、私的には二人が一緒にいるだけで幸せ。

 今回は「W・A」のせいで彼氏が死んでしまった可愛そうな子、沙織ちゃん登場。めずらしく(っていうか初めて?)女の子キャラが、でばってます(っていってもやっぱり二人が、主役だけど。)時任の記憶もまだ戻らないし、話としては全然進展なし。でも、久保ちゃんが時任を甘やかしてる様は、ファン必見(笑)。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ステップファザー・ステップ

2001/09/12 12:17

とにかく双子が可愛い!!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 プロの泥棒が落雷にあい落ちた所は、双子が二人きりで住んでいる奇妙な家だった。
 父親は会社の秘書と、母親は家を建てた工務店の社長とそれぞれ駆け落ちし、二人だけで暮らしている直と哲。それでも、図太く生きている彼らは、落ちてきた泥棒に自分達の父親になってくれるように頼む(というか脅迫する)。弱みを握られた泥棒は、しかたなく彼らの生活費を稼ぐべく隣の家に忍びこむのだが、そこは不気味な鏡だらけの家だった。おまけに屋根裏に人がいる気配がして…。

 とにかく双子が可愛くて無敵(笑)。最初は嫌がっていた泥棒も、どんどん双子のペースに巻き込まれていって、最後には「お父さん」と普通に呼ばれて返事している様子が、ほのぼのしていて可笑しい。

 親に置いていかれた子供達と泥棒という、一見シリアスな人物設定なのに、それを感じさせないどころか、逆手にとってコメディーにしてしまっているのが、さすが宮部みゆき。

 次々と巻き起こる7つの事件。このチグハグ親子(?)の未来やいかに? 

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ハサミ男

2001/04/24 22:43

罠に注意!!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 罪もない女子高性を殺害し、その死体にハサミを突き刺す通称「ハサミ男」。半年間の空白ののち再び現れたハサミを突き立てられた死体は、まぎれもなくハサミ男の眼前に突如出現した。「犯人」を探すべく行動を起こすハサミ男だが、FBI上がりの犯罪心理分析官がハサミ男を追っていて…。
 犯人の正体にも驚かされるが、ハサミ男自体にも驚くべき真実が隠されている。全ての文章にトリックが仕掛けられており、クライマックスに突入すると読者の大半が著者にしてやられたと思うに違いない。これからこの本を読む読者が著者の罠にはまらぬよう健闘を祈る。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

おまけマンガ必見!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 題名の通り超美形一家に生まれたにもかかわらず、一人だけ平凡顔の秋良の葛藤を描くほのぼのファミリー物語。他の美形家族が主人公の話しもそれぞれあります。私個人としてのオススメは、まわりの男どもをことごとく下僕志願者に変えてしまう恐ろしい長男春海です。しかし、当の本人はただ今友達募集中(笑)他の兄弟達もそれぞれ悩みを持っていて、それが解決されていく様が笑えます。最後に描かれている彼等のその後のオマケマンガと、カバー裏のウラ話も必見です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本彩 ヒカルの碁イラスト集

2002/07/19 23:24

絵めっちゃ綺麗!

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 とにかく絵が、すごく綺麗。色使いや構図もいろいろ工夫されていて、見ていて飽きることがない。「ヒカルの碁」初期のイラストも入っているので、ヒカルの成長も見れて二度おいしい。忘れている人多いと思うけど、ヒカルって最初は小学生だったんだよね…。かくいう私も忘れてて、『彩』を見てびっくりしてしまった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本妄想炸裂

2002/06/18 22:21

こんな友達がほしい…。

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 三浦しをんエッセイ集。作者の何でもない日常が語られているだけのはずなのだが、それが異常に面白い。そして、何でこんなこと知っているんだ! と思わず叫びたくなるようなマイナーな知識も詰め込まれている、あなどれない本。

 三味線を習い、盆栽を愛し、「楽しいと感じることは?」と聞かれて「漫画を読むこと」以外に思いつかない2○歳。こんな人めったにお目にかかれない。是非とも友達になりたい。こんな人が友達なら、さぞかし楽しい毎日をおくれることだろう。そんな確信を私に抱かせるほどにこの本は面白い。

 荒んだ毎日をおくり、世の中の冷たい風にさらされ、笑いが足りてない人にオススメ。こんな私でも大丈夫という根拠のない自信が生まれてくることだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本李欧

2001/12/11 00:31

五千本の桜

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 「李欧。いつか大陸へ連れ出してくれ。約束してくれ。」

 スパイ、ギャング、実業家、殺し屋。様々な顔を持つ李欧。彼に出会った時、吉田一彰の運命は大きく動き出した。政治と歴史に呑み込まれ、15年という時が二人を引き裂いてもなお、お互いの存在は絶対だった。

 そして、李欧は再び一彰の前に姿を現す。15年前の約束を果たすために…。

 『わが手に拳銃を』を下敷きに書き下ろされたものであるが、だいぶ感じが違う内容になっている。個人的には、『李欧』の方がお気に入り。『わが手に拳銃を』に比べると一彰の人生に対するやる気の無さと、李欧の色気が三割増し。一彰と李欧の妖しい会話が素敵なので見所の一つだと勝手に思っている。2冊を続けて読むのも又一興。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

114 件中 1 件~ 15 件を表示