サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 阿部誠一郎さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年1月)

阿部誠一郎さんのレビュー一覧

投稿者:阿部誠一郎

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本八月の博物館

2001/03/11 17:43

怪しい書評

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 正直、あまり面白くなかった。この作家も、もう限界か。
 文学賞狙いの作品のような気がしたが、この作家にはまだ、クーンツのような無節操な世界が似合う(これは、貴志祐介氏が「青の炎」(文学賞受賞作=家族、少年、人間性…の路線)で賞を狙いにいって大失敗したのと同じ)。
 ただ、ちょっと↑のY氏の書評は酷すぎると思う。
 けなすだけの書評に何の意味があるのだろうか。それで、潜在的読者が愚作を読む時間を節約できる、と考えているならば、それは書評家の大いなる思い上がりである。読者は楽しい時間を求めているのである。だから、金をもらって書評を書いているなら、読むだけで読者を不愉快にさせるような書評など書かず、読者を楽しませてくれる(と書評家が思う)作品をせめて紹介しなさい。
 ところで、↓の阿部聖一郎氏って、作家のS氏本人では? 文体が似すぎ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示