サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 鍼原神無〔はりはら・かんな〕さんのレビュー一覧

鍼原神無〔はりはら・かんな〕さんのレビュー一覧

投稿者:鍼原神無〔はりはら・かんな〕

19 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本歴史とは何か

2001/03/17 19:59

歴史についての言説の妥当性は、どのように考えられるか

8人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 イギリスの現代史家(専門は両対戦間の外交史やロシア革命史)の公演録。聴衆に向けて、「歴史とは何か」って歴史哲学の主題を平易に語り通した、あまりにも有名な本。古典的名著と言えましょう。

 「歴史哲学」と言うと、しちめんどくさい観念論ではないか、と懸念されるかもしれませんけれど。要するに「歴史とは何か(=歴史哲学)」とは、「歴史を巡る思考・言説の妥当性はどのように考えてゆけば成り立つか」と言った主題であるにすぎません。

 実はこの本の原著が刊行された1961年は、フランスでミッシェル・フーコーが、20世紀的な歴史書の大著『狂気の歴史』を刊行した年でもあります。
 一方、カーの『歴史とは何か』は19世紀の歴史学のスタンダードな考え方がその限界まで思考を巡らした内容、と言えると思います。
 フーコーがその20世紀的な歴史哲学(=歴史とは何か)の書『知の考古学』を刊行したのは1969年なのですけど。1961年って年に、新・旧の歴史学・歴史哲学の大著が刊行されたことは興味深いことと、思います。

 「『歴史とは何か』は19世紀的な歴史哲学の限界」と書きましたけど、これは古臭い、とかつまらないとかって意味ではありません。後、もう1歩踏み出せば、すでに構造主義的な20世紀思想の歴史世界に入らざるを得ないんだけど。その手前でギリギリ踏みとどまってる、とも採れる思考の筋道は緊張感があってスリリングです。
 一般向けの歴史書は、その結論もさることながら、専門の研究者が結論に至った思考の筋道こそを読取るべきもの、と言われます。そうした読み取りの為のとても貴重な内容が、『歴史とは何か』で語られている「歴史についての妥当な思考・言説」についての思考の内には、含まれています。

 カーの『歴史とは何か』は、今読んでもおもしろい本です。いいえ、「今・読んでも」ではなく、21世紀に入ったアタシたちが、「20世紀とはどのような歴史だったのか?」問い直すため「今・読んでこそ」、おもしろいのでしょう。
 だから「古典的名著」なのです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本思想としての全共闘世代

2006/12/20 16:54

全共闘な人からの、時を越えた自己紹介

5人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 著者は「わかりやすく言える範囲のことは、わかりやすく言う」って流儀で、文章を書く人。同時に「全共闘の化石」と自称=自嘲してもいる著者が「自分の個人的な経験を出発点としながら、なるべく自分の枠を超えて世代に共有できるもんだい取り出し」て伝えようと試みた本です。『思想としての全共闘世代』って書名は、誤解を招き易いと思う。著者の考えはわかるので、致し方ないけど。勝手に言いかえを試みれば「姿勢としての全共闘運動とその後」といったところでしょうか。過去のメディア報道や、政治的な大所高所からの整理から零れ落ち易い無数の出来事が、当事者視点による個人史的整理と、原理的展望とを軸にして、やや複雑な図柄だけど、歴史から零れ落ちた事柄の歴史、として編まれています。
 例えば、1972年の浅間山荘銃撃戦や内ゲバ殺人の頃から「過激派とい言葉が流布された」との示唆(p.130)。おそらく、当時のメディアに媒介れて流布されたのでしょうか(?)。著者の主張ではありませんけど、「架空の内戦」って妄想にからめ採られていった党派集団に対する当時の社会の方の対応が「過激派」という名指しだったように思えます。想定読者である後の世代にとってのもんだいは、例えば、数十年前に生まれた色眼鏡が、過去の出来事の実態をわかりづらくする作用を今でも及ぼしていること。仮に「あらゆるテロは悪だ」という立場にたつとしても、シーア派のヒズボラとスンナ派のアル・カイーダを「イスラム過激派」という括りで一括していては、遠くの出来事の実態を誤解するばかりですよね。全共闘が生まれ、自壊していった時代についての、似たような誤解を解きほぐしていく材料は、この本で無数に提供されています。
 著者が「はじめに」で「書く人が違えばまた違ったものになるだろうが、ぼくの書けるものを書くしかない」と断っていることは特記しておきます。この本の語り口は、とても紆余曲折があって、たんじゅんな割り切りではないのですが。当然ながら、それでもなお、掬いきれていない局面と言うのはある。著者もそれはわかってるはずで、例えば同著者が1997年に出した『ことばの行方・終末をめぐる思想』(芸文社)では、世代的には同年代の橋本治氏が、全共闘に蔓延していた無自覚な「正さ」にかつて抑圧感を感じていたという述懐について触れられているのですが。『思想としての全共闘世代』では、全共闘という場の周縁や外縁で生きていた同世代の人たちや、そうした人たちと全共闘の関係までは、整理が届いていないようです。それでも、「もういい加減書けるものを書いておかないと、結局は何も伝わらないままで終わることになる」という思いで書かれたとも「はじめに」に記されています。どうやら、この本でも掬いきれなかった過去の出来事について考えてゆくことは、読者に委ねられたことになる型のようです。もちろん、そんな責任を引き受けるのも、拒否するのも、読者それぞれの自由であることは言うまでもありませんけれど。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本プロレス少女伝説

2001/03/18 00:55

1980年代の日本をコラージュしたノンフィクション・ノヴェル

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 1983年、フリーライターの著者、井田真木子は、知人に誘われ女子プロレス会場にはじめて脚を運びました。当時は全日本女子プロレスで、クラッシュ・ギャルズのブームが、ちょうど盛り上がろうとしていた頃。

 ローティーンの女の子向け雑誌に、女子プロレスラーへの取材記事企画を持ちかけた著者は、会場に通いはじめます。

 「数ヵ月前、初めて会場に行ったとき、女子プロレスの観客はおおむね中年男性で占められていた。彼らは、裂きイカを口にくわえてビールをちびりちびりやり、ときどき、リングにのんびりした野次を飛ばす」
 「こういった会場の隅に、小学生らしい年代もまじえたローティーンの女の子たちの一群が出現しはじめたのは、いつの頃のことだろう」

 これは、K-1とか、パンクラスとか、格闘技が、マスコミを通じて世間に認知されるようになるより以前の話。北斗晶やアジャ・コングが、全日本女子のリングのうえで、ベビー・フェイスとヒールってプロレス的な約束事を無意味にしちゃう直前の話です。

 第22回大宅壮一ノンフィクション賞を受賞したこのノンフィクション。クラッシュ・ギャルズの活躍、そして解散・引退ってうねりを縦軸に、中国帰国子女のレスラー天田麗文、アメリカからニホンに来てレスラーになったデブラ・ミシェリー、そして柔道から女子プロレスに転向した頃の神取しのぶの3人に肉薄したドキュメント文学。

 この国の社会の内でまだ認知がされていなかった頃の女子プロレスの内で、さらに異分子であった3人の肉声が、1980年代の女子プロレスと日本とをコラージュしてゆきます。

 著者の井田真木子は、とても特異な才能に恵まれた人と思います。彼女の書くもの、アタシは、ありきたりのルポルタージュとは思わない。
 彼女はいつも、自分が「部外者」であることをわきまえながら、そのことを踏まえて、取材対象の肉声を聞き出してゆきます。
 ですから、大所高所からの裁断でまとめられたドキュメントとも違う。井田の書くものは、いつも基調が生活者の視点にあって、この国での生活のリアルが描き出されてゆきます。

 ヘタな小説よりよほど読みごたえのあるノンフィクション・ノヴェル、と呼んでも、決して、著者や、この本を誹謗したことにはならないでしょう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本はじめての構造主義

2001/03/17 22:21

20世紀的思想の平易でベーシックな入門ガイドブック

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 システム社会学の橋爪大三郎氏の若い頃の著作。平易な語り口が、ともかくわかり易いです。それから、数学の話にかなりページ数が割かれてるところがよいです。
 「構造主義とは、どんなものの考え方か」ベーシックなところが確実に理解できます。ソシュール言語学〜記号論のトレンドへの言及が薄いのが欠点と言えば欠点でしょうか。
 でも、文科系の人が、数学的な構造のトレンドを理解するにはよいし、理科系の人が、文化系的な構造概念の手掛かりを得るにも割とよいです。
 入門・概説書としてはハイ・クオリティー。ブックガイドも充実してます。

 「構造主義」とは19世紀までのものの考え方を、根本のところで変更した、または、無視できない疑問を提起した、20世紀の大きな動きのひとつなのですが、世間では、「構造主義はもう死んだ」みたいな意見も、聞くことはあります。
 構造主義が死んだならば死んだで、どの辺が理由になって、どのように乗り越えられたのか、乗り越えようとされているのか、考える事は大事でしょう。その辺に言及しない「構造主義は古い」的な言説はナンセンなものです。
 よく言われることですけれど、構造主義が否認される場合ですら、否認には構造主義が提起した問題構成が利用されること多いからです。

 読者がその辺のことを考えようとするには、うってつけの1冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

レッド・ドラゴン 上

2001/03/17 13:11

苦しみに満ちた他者理解の物語

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 『羊たちの沈黙』の作者、トマス・ハリスによる『羊たち〜』の前作にあたる作品。

 満月の週末ごとに、中流家庭に押し入り、家族全員を惨殺する犯行を繰り返す殺人犯。
 物語は、この凶行の犯人を追うFBI捜査班の責任者が、引退していた捜査官ウィル・グレアムを捜査にひき出そうと折衝しているところから始まります。
 大まかには追う側と追われる側、それぞれの視点からの物語が交互に進み、サスペンスを盛り上げます。

 ウィル・グレアムを捜査に引き出そうとするFBIのクロフォードは、『羊たちの沈黙』で、女主人公クラリス・スターリングの上官として登場していた人物。
 ウィル・グレアム本人は、やはり、『羊たち〜』に登場する、“人喰い”ハンニバル・レクター博士を逮捕した前歴の持ち主でもあります(作中、本人は「自分が逮捕したわけではない」と語るのですけど)。

 グレアムは、犯罪者プロファイリングの専門家なのですが、単に優れたプロファイル技術を見込まれて捜査に担ぎ出されるのみではありません。「驚くべき視覚的記憶」を持つ「直感像所有者」、「感情移入能力」と「投影能力」に優れているとされます。

 「ジャック・クロフォードは、声こそグレアムだが、その話し方がクロフォード自身の話し方とリズムと構文がそっくりなのにきづいた。〔中略〕はじめクロフォードは彼がわざとそうしているのだ……話のリズムを相手と同じように調整するのがてなのだと思っていた。
 が、あとあとになってクロフォードはグレアムが知らず知らずのうちにそうやっているのだ……ときどきそれをやめようとしながら、やはりやめられないのだとわかった。」

 最終的には人格分裂の危機に襲われる殺人犯の思考を、追跡者グレアムが嫌々ながら理解してゆく経緯・葛藤が、この物語のキモでしょうか。

 下巻、最終章の末尾は、次のように締めくくられます。

 「グレアムは自分の中にも殺人を犯すあらゆる要素があることを知りすぎるほど知っていた……おそらく慈悲の要素だってそうだ。
 しかし殺人という行為を不愉快ながらも充分理解していた。
 人類の偉大な肉体の中で……文明を志向する人間の心の中で、われわれが自分自身でコントロールしているよこしまな衝動や、そうした衝動の暗い本能的な知覚が、肉体が入らせまいと防衛するヴィールスのように機能するのだろうか。
 昔ながらのおそろしい衝動が、ワクチンを作るヴィールスなのだろうか。
 ——そうだ、おれはシャイローを誤解していた。シャイローは取り憑かれてなどいない……取り憑かれているのが人間なんだ……シャイローは何とも思っちゃいないのだ……」

 「シャイロー」とゆうのは、南北戦争の激戦地が史跡公園になっている土地の名です。
 グレアムはかつて、この公園を訪れたときに、かつての激戦を思い「シャイローは取り憑かれていて、その美しさも半旗のように不吉だと思った」のですが。
 しかし、小説の結末の時点で彼は、病院のベッドの上での曖昧に混濁した思考の内に「取り憑かれているのは人間であって、自然ではない」、つまり「殺人とは、極めてにんげん的なもんだいなんだ」との理解に到達しているわけです。

 そして、その理解に達する経緯は苦しみに満ちた物語です。
 また、小説を読んできた読者は、こうした理解に達したからといって、ウィル・グレアムの生活の苦しみが軽減されるわけでもないことを知っていることでしょう。

 サイコ・サスペンスとも呼ばれる、小説『レッド・ドラゴン』の作品主題は、復讐心と慈悲、悪意と哀れみとに引き裂かれた人物の悲劇を、別の人物がいかに理解するか・し得るか、そうした物語内容が、サスペンスを通して描出されている、と言えます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本オイディプス症候群

2002/07/12 20:53

矢吹駆連作に事件は起きたか!?

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 根強いファンを持つ長編推理連作、矢吹駆シリーズの最新作。
 
 著者は、ことに本格ミステリの場合、雑誌連載終了後、数年間の徹底的な推敲で作品を磨き上げてからでない単行本化しないことで知られます。
 ファンとして言わせてもらえば、今回は長かったです。足掛け5年待ったでしょうか?
 でも、腰帯に1600枚と記された分厚いハード・カヴァーを手にした途端、待った時間のことなど、どっかに行ってしまいました。装丁も渋いし☆
 
 最新作『オイディプス症候群』では、冬のエーゲ海に建つ古代ミュノアの神殿を模した館を背景に、孤島連続殺人事件が扱われます。
 フランス当局からはおそらく「望ましからぬ入国者」と目される(?)、法規と国家権力を無視した探偵役の矢吹駆。
 今回は、連作の語り手、パリ警視庁のモガール警部の娘、ナディアが招かれた孤島に変名にて紛れ込むのですが。
 嵐で孤立する孤島で起こる連続殺人事件。二重に装飾された幾つもの屍体に隠蔽された、事件の現象学的本質とは何か?
 
 ミステリ・ファンにとっては、メタ・ストーリーのようにして語られる、密室殺人と孤島殺人の哲学的な差違がお楽しみ。
 もちろん、この哲学議論は連作恒例の趣向通り、ミステリーを解くヒントとミス・ディレクションを兼ねたもの。いつもよりたくさん錯綜しています。
 
 さらに、『オイディプス症候群』では、連作がターニング・ポイントを迎えたか? と思わせる出来事が幾つか起きています。
 まず、連作の語り手ナディア・モガールが、第一作「ラルース家殺人事件」を書きまとめた物語内時間へと、物語がたどり着きました。
 
 これから連作に手を出そうという方は、この最新作か、1つ前の連作『哲学者の密室』から読みはじめてみるのも一興かもしれません。
 矢吹駆シリーズは、一作一作の完成度は高く、いずれも独立した作品として楽しめますので。
 本作にも、過去の連作に関する断片情報は記されてはいますが、先に本作を読んでしまっても、未読シリーズへの謎めいた誘いにこそなれ、文庫版で刊行中のシリーズに手を伸ばす読者の楽しみは損なわれはしないと思います。
  
 すでに連作を読んでいる方には、他にも幾つか興味深い出来事をお知らせすることができます。
 「自壊する教養小説」が構想されているかに思われる、矢吹駆シリーズ。今回の実行犯は、弁証法的権力機構に偽装潜伏し内部から自壊作用を及ぼす、と自称します。
 これは、著者のマスター・ピース『テロルの現象学』の戦術ではないですか(!)。
 人間を呪縛する観念の悪を突く矢吹駆は、この権力の自壊を目論むテロルの思想にどう対峙するでしょうか?
 
 矢吹の遍歴に関る思想対決の方では、「大量生の権力」を標的に、微細な権力の網の目を論じる思想と現象学的実存論との間で論戦が交わされます。
 さらに、宿敵ニコライ・イリイチの運命にもある特異な出来事が起きるようです。ますます謎めく矢吹、第三の啓示の行方は!?

 最後に、恋愛小説としての矢吹連作。
 『オイディプス症候群』では、なんと、矢吹駆が恋愛について語ります(!)。
 これは(少なくともナディアにとっては)大事件!!
 
 ナディアによる恋愛の深まり、前作『哲学者の密室』でも、物語に随分複雑な彩りをもたらしましたけど。
 語りが、物語内の実時間に追いついてきたからには、これからナディアの恋愛と矢吹の遍歴とがどんな二重奏を描いてゆくか期待されます。
 
 「だったらカケルは、自分のことをわたしの夢にすぎないと思っているの」
 〔中略〕青年が薄く微笑する。ゴーギャンの絵に描かれた、マオリ族の若者が口許に湛えているような官能的で憂鬱そうな微笑だった。
 小さく頷きながらカケルが頷く。「そうさ、僕はきみが見ている夢にすぎない……」
 
 ナディアうらやましーわよ、このー(笑)。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

社会人類学・文化類学を統合した視座

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 この本の原題は、“Sociocultural Theory in Anthropology”。 “Sociocultural”は、日本語版の内で「社会・文化的」と訳されています。原著者ガバリーノが独自に提出した視座でしょうか。

 ガバリーノは、日本語版が刊行された1987年当時イリノイ大学の人類学教授でした。 『文化人類学の歴史』は、アメリカの一般過程の大学生を読者に想定した本。内容は、専門課程の人類学の概要と学説史を紹介したもの。日本でも、大学生以上の読者の方に向いたベーシックな概説書として、今でも通用する内容と思います。
 
 特に、「社会・文化的人類学」の視座が提示されることで、英国流の社会人類学とアメリカ流の人類学(文化人類学と自然人類学)の相互影響が、わかり易く整理されてる点が優れています。また、フランス流社会学などへの言及も適確と思われます。

 日本では、戦前の大学制度の関係で、人類学(自然人類学)は理科系、民族学(文化人類学)は文化系って制度が主流で、今でも続いています。こうした事情から、実は、一般向けの人類学概説書の中にも、目立たない偏りを秘めた本、少なくありません。
 その点、『文化人類学の歴史』は、単なる学説史ではなく、「人類学的なものの考え方」が洗練されて来た経緯を比較的偏り少なく整理した良書になっています。

 専門研究者ではない読者が人類学的な考え方について読んでいくなら、是非お勧めしたいベーシックな1冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

笑えて、しかも、文学史のイメージが変わる評伝☆

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 『レ・ミゼラブル』(『嗚呼無常』)のユゴー。
 『岩窟王』のデュマ(大デュマ)。
 「人間喜劇」のバルザック。
 この三人は、みんな1800年を挟んで生まれ、多少の差はあるけど1830年前後にデヴューしました。 みんな幼少時にナポレオン戦争の高揚とナポレオンの敗退を目の当たりにしてる。 で、三人ともナポレオン・マニアだった・らしい。

 「彼らは、名声、金、女、といった世俗的欲望とは無縁だったどころか、むしろそうした欲望の権化だったといったほうがいい。〔中略〕
 すなわち彼らはこうした欲望『にもかかわらず』大傑作を残したのではなく、それがあったが『ゆえに』かくほどまでの偉業をなしとげたのであったと。」
 
 演劇と新聞小説でバンバン設けた金で、大邸宅を建てて、モンテ・クリスト城とか名づけた大デュマ(おろかだ:笑)。
 毎日宴会やって、十億円以上稼いだ(ホントはいくらくらい稼いだのかよくわからないらしー:笑)のに、ぜーんぶ使いきっちゃった(驚)。
 
 新聞小説の契約金前渡しで1億円くらい手に入れると、ヤタッ、って感じで2億円くらい使っちゃう(笑)バルザック。
 
 息子に先立たれて孫がオトナになってもオンナ道楽をやめなくって。しかもドンドン、セックス賛美の詩のネタにしちゃって、自選選集に入れちゃうユゴー。

 自分のセックス体験を詩作のネタにするとかゆーと、なんとなく日本の私小説作家みたいだけど、『パリの王様たち』に引用されてる詩は少なくとも、私小説的ではないですねー。
 
 “涙も流すが、まもなくほほえみ、いきつくところは恍惚境。
 言うことなんかありゃしない。”(『ユゴー詩集』辻昶,稲垣直樹、訳)
 
 いやはや・なんとも(笑)。
 
 『パリの王様たち』は、ようするに「我こそはペンのナポレオンたらん」って、誇大妄想の大家が三大文豪なのだ、って、そーゆー観点(笑)の評伝です。
 『パリの王様』ってデュマの評伝が有名なんだそうです。この本は三人の評伝だから『パリの王様たち』。
 
 ちなみに、さっきのデュマ父子の話は逸話だそうなんですけど。この本では、逸話の類も、ちゃんと「これは逸話」って断わったうえで、積極的に収録されてます。 同時代の人とかに、三大文豪がどんなイメージで観られてたか、の一端とかが想像できて、これはこれでよいです。
 
 ちょっと間違えると、とんでもなく悪趣味な内容になっちゃいそうなこの評伝。 読後感も爽快になってるのは、まず第一に三大文豪が揃いも揃って誇大妄想気味の大モノだから。
 
 そして、ただ「世俗的な欲望」のネタだけを掘り返してるわけでなく、1「文豪の欲望と創作の関連」、2「文豪の欲望と社会環境の関連」が考察されている。
 
 それやこれやで、笑える・けれど読みがいのある本になってます。
 
 この本で考察されているのは、高校とかでやる大学受験用の文学史のような「古典主義があって、ロマン主義が来て、写実主義になりました」とかの整理とは違います。ロマン主義と写実主義はお互いに意識しあって対抗しあいながら、どっちも“古典主義なんかクソクラエ”運動だったりしてたような。より・実態に近い姿を復元するような評伝です。
 
 例えば、アタシは義務教育過程では、バルザックって、「初期はロマン派だったけど、後期は写実的傾向を強めた」とか言われた記憶があったんですけど、この本読んだら、どーも疑わしいです(笑)。断言はしませんけど。少なくともアタシは、バルザック読み直す楽しみが増えました(笑)。
 
 笑えて、しかも、文学史のイメージが変わる評伝☆ オ・ス・ス・メ☆

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

群集の時代の幻視行とミステリー

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 一八四八年二月、パリ。ルイ=フィリップの復古王政に蜂起した群集と国民軍が対峙する内、一発の銃弾が、背後から取材記者を撃った。
 緊迫していた状況は、瞬時に軍の発砲から騒乱へと発展。そして騒乱は、国王追放、共和政府樹立へと動く。二月革命と呼ばれることになる事件だった。

 現場で唯一、「ブロンドの頬髭の男」が新聞記者を狙撃する瞬間を目撃した若き無名詩人シャルルは、共和政府内保守派が「軍を挑発した犯人」としてジャコバン派の老人を告発した事に憤る。シャルルはかつて阿片パーティーで出会った謎めいた紳士、名探偵として知られる勲爵士〔シュヴァリエ〕オーギュスト・デュパンを頼る。

 革命が反革命を呼び込む陰謀と、沸き立つような混沌が錯綜するパリを、若い詩人と、明晰な名探偵が事件を追いゆく。そして「最初の名探偵」オーギュスト・デュパン第四の事件は、連続殺人事件へと発展する。

 ポーの『群集の人』からの引用を、序章エピグラムに飾る『群集の悪魔』は、「探偵小説は形式化の小説」と語る笠井潔による、形式化の詩人・作家、エドガー・アラン・ポーへのオマージュとも言える本格推理。と、同時にこの小説は、「探偵小説のジャンル意識は、第1次大戦の大量死の体験を経て形成された」とも語る笠井が、「大量死」の前提になる「群集の時代」に、探偵小説の深源を探る幻視行とも言えます。
 連続殺人のトリックは、どれもたいへんレトロな味わいに押し包まれていますけれど。それも、また、幻視〔ヴィジョン〕の一環とし楽しめるでしょう。

 また、著者、笠井潔のファンにとっては、沸き立つような群集放棄に騒然とする都市の描写にハッとさせられるでしょう。

 一八四八年十二月、亡命地イギリスより帰国したルイ=ナポレオンは、大統領選挙に圧勝。次いでクーデターを起こしたルイは、国民投票で皇帝ナポレオン三世となった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

宗祖ゾロアスター

2001/03/16 23:43

めくるめく情熱と幻想の6千年紀

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 著者の「あとがき」によれば、「題名を『宗祖ソロアスター』としたのは出版社の意向」「どこまでもその『漂伝』を書いたつもり」とのこと。
 著者の言う「漂伝」とは何のことでしょうか。

 「実伝、あるいは正伝はいつか岡田明憲氏あたりがきっちりしたものを書かれるだろう」と言われていて。「実伝あるいは正伝」と対照されるのが「漂伝」なわけですが。誤解を恐れずに言うならば、大まかには、ここで言われる「漂伝」とは、「ゾロアスターを巡る幻想の系譜」といった内容と言えるでしょう。
 もちろん、東洋文庫で『ゾロアスター教論考』を編んだ著者のこと、たんじゅんな稗史の類ではありません。

 「西洋世界が最初に受けとったアジアの宗教者はゾロアスターであった」と語りおこされ、「しかし、ギリシア人はゾロアスターがいつの人であったのか、すでに知らなかった」と説かれるこの本が示すのは、様々な時代に語られたゾロアスターについての言説の背後に、あり得べき「善思」を求めた人々の精神の運動を視る、そうした「幻想の系譜」です。

 ロマンチックな内容の本ではあります。読者は、著者の豊富な教養が惜しげもなくばらまかれた、幻想の6千年紀にめくるめく思いを味わえるでしょう。
 しかし、この本の内容は決して願望充足型のふやけたロマンチシズムには堕していません。

 この本の末尾近くでは次のように語られています。
 「ゾロアスターは、ヨーロッパが意識した最初の異者の、アジアの思想であった」「母斑〔ゾロアスターの思想の比ゆ:筆者補記〕を自己の中の他者性ととらえ直し、ゾロアスターの思想をユマニスムの拡大の契機として据え直すのにどれほどの時間と迂路と燃えるような情熱が必要であったか、心急ぐ私たちは今いちど想いを巡らしてもよいのではないだろうか」

 「自己の中の他者性をとらえ直す」「燃えるような情熱」の持続。ヘロドトスからニーチェに至る、時間と迂路を経た、ロマンの一系譜。
 これが、この本に散りばめられた言説の痕跡から、著者が指し示そうとしているものでしょう。

 「あとがき」で著者が「ぜひあわせて読んでほしい」と読者に乞うている、同著者の編書『ゾロアスター教論考』(平凡社,東洋文庫,ISBN 4-480-0578-0)も併せ読まれるとよいでしょう。
 あるいは、岡田明憲、著『ゾロアスターの神秘思想』(講談社現代新書,ISBN 4-06-148888-0)の併読も、ハンディーでよいかもしれません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

もんだいの当事者ではない、節度と真摯さ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 1990年2月、同性愛者の自助グループ「働くゲイとレズビアンの会(アカー)」は、学習会などを目的とした合宿を、東京都教育委員会の管理する、府中青年の家で持ちました。施設を利用する各グループ間の会合にて、アカーもグループの趣旨を紹介したところ、翌日から他グループからの嫌がらせが頻発したと言います。

 アカーは青年の家に話会いの場を設けるよう求めましたが、施設側はこれを拒否。改善策の提示を求める要求書の受け取りも拒否され、二ヶ月後の合宿の為予め予約してあった予定も破棄されました。

 都は、「他団体との間に不要な摩擦を生じると運営に差し支える。同性愛者の存在は青少年の健全育成に悪影響を与える」などを理由に挙げたとの事です。

 1991年アカーは東京都を相手どった裁判を提訴、5月に初公判が開かれました。 このニュースをTVで観て、著者、井田真木子はアカーを知ったと言います。 井田の“取材”はTVのワイド・ショーなどで、よくみるそれとはカナリ違います。例えば、アカー・メンバーに同道してアメリカに行ったときのエピソード。
 「私が異性愛者であるという事実は、つねに小声で私から顔をそむけて語られた。/『すまない。彼女は実はストレートなんだ』/そう言われるたびに私は縮みあがった。自分が、何か、ひどくいかがわしいものに成り下がったような気持ちだった」(第二章「憂鬱のサンフランシスコ」より)。たいていの異性愛者だったら、ここで怒るか、投げ出すかするのではないか、と思います。

 井田の本にはどれも、もんだいの当事者ではないって位置から他者をわかってゆこうとする姿勢があります。節度と真摯さをもって、大所高所からのものでない、生身な感じのノンフィクションを紡いでゆくのだと思います。

 アカー・メンバーのHIVキャリアーは、井田にこう言っています「あの記事は悪い記事ではありませんでした」。「あの記事」とゆうのは、先に触れた第二章の元になった雑誌記事のこと。「あなたに記事を書かれることは、いいんじゃないかと思います。あなたに話をしてもいいと思います」(第六章「クリスマスからクリスマスへ」より)

 井田がそんなふうにアカーに伴走した、5年数ヵ月の収穫がこの本です。

 1996年、東京高等裁判所は、被告・東京都の過失を積極的に認め、アカーは勝訴しました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

異国の風景を視るような視線

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 子供の頃から孤立趣味で、二十前にニホンを去った男。アメリカで結婚した妻にも「個人主義の徹底が異常」と言われた男。
 交通事故で意識不明になった妻が死に、彼は戻ってきた。妻の事故は自分の責任だとの、拭えない自責の念を抱えて。

 国際調査・巽探偵事務所を継いだ、私立探偵飛鳥井のプロフィールです。
 アメリカの私立探偵って免許制度で、それで探偵小説、成り立ってる面もあります。日本では私立探偵の小説やドラマ、あまりリアルでないですよね。もちろんリアルでなきゃいけない、ってこともなく。浮世離れした名探偵も、カリカチュアされた私立探偵も、効果的に面白く描けてればよいんですけど。

 笠井潔の私立探偵飛鳥井は、ロスで探偵事務所に勤めてた関係で、引退する巽探偵の事務所を引き継ぎました。戦後駐留軍相手の仕事もしてた巽老人、ロスの事務所とコネをもっています。
 巽事務所は普段とてもヒマ。業務は主に失踪人探し。個人営業なので拘束時間が長くなる素行調査はできない。とても地味でリアルです。時折、ロスからの紹介で、外資系企業からビジネス関係の信用調査の依頼が入り、それでなんとか成り立ってます。

 この設定で保証されたリアリティを元に、地味な依頼の関係に、今のニホンの世情を絡めて描くのが「私立探偵飛鳥井の事件簿」の趣向です。
 二十数年ぶりに帰ってきた男には、今のニホンがまるでみ知らぬ国のように観えます。
 笠井は「ハード・ボイルド探偵とは社会を外部から観る視点」って趣旨の意見を述べてて。アタシにはこの意見、魅力的に思えます。この小説には、笠井が自分のハード・ボイルド観を実作で試みてみた面があるのではないかな。
 もちろん、HIV感染症でもあった意識不明状態の妻に対する主人公の関わりとか、いかにも笠井らしい切り口もみえます。

 『道 ジェルソミーナ』は「私立探偵飛鳥井の事件簿」2冊目で中編集。「小説の醍醐味は長編」と公言し、短編集も1冊だけの笠井にしては珍しい中編連作4作が収められています。そこのとこも注目の1冊。

 そう言えば、飛鳥井ってアメリカ国籍なのかな? 結婚や就業もしてたしアメリカ国籍取得してても不思議でないけど。今度1冊目の長編も読み直してみましょう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

西欧式「世界史」の起源探求

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 「世界史」は、古代ギリシアを前史としローマ時代に誕生した、と著者は説きます。
 著者の言う「世界史の誕生」って出来事は、「諸民族の歴史が、ある統一的な観点から構成された歴史が書かれたこと」と換言できるでしょう。
 いわゆる古典古代から近代西欧に至る時代の画期ごとに、どんな読者が想定された「世界史」が、どんな世界像と時間観念を伴って叙述されたか。このポイントを押さえて「西欧式世界史の形成史」を素描した本が、『世界史とヨーロッパ』です。
 “素描”と書きましたけど、論の運びは丁寧なで、時として一般向け概説書で見られるハショりすぎも少ない。要所を押さえた大きな歴史のアウトラインが信頼感の持てる筆致で“素描”されています。

 アタシは、本書を読んで1970年に刊行された、中公新書『西洋と日本』(増田四郎、編)に収録されている、西欧中世史の故・堀米庸三さんによる『ヨーロッパとは何か』を思い出しました。実は十数年ぶりに再読もしたんです。
 こちらの小論で、堀米氏は「ギリシア・ローマの古典古代史はなぜヨーロッパ史の第一章をなすか」との問いをたて、次のように考えを進めています。
 アタシなりの要約になりますけれど。中世西欧社会の自己形成は、地中海世界の歴史を、古典古代として自らの前史にせざるを得ない必然性を持っていた。と、堀米氏は説いています。

 「すべての歴史は現代史である」とはよく言われることです。
 この歴史の基底問題を、西欧史について考えてゆくための戦略図を描いたような小論が、堀米氏の『ヨーロッパとは何か』なのですけれど。
 岡崎勝世氏は、講談社現代新書での同著者前著『聖書vs.世界史』で整理された、西欧式世界史というコンセプトの起源が、より広いパースペクティヴの内で探求されています。
 アタシたちが、知らずに前提に置きがちな、西欧式世界史というコンセプトの特性を起源に溯って点検する。そんな基底的問題の具体的素描が、アタシのように専門研究者でない読者にも咀嚼可能な型で提供されているのです。

 著者の後書きによれば「戦後日本における世界史を加えてはじめて、本書のテーマに関する作業は完結する」とのこと。
 西欧史を、アタシたち日本人にとっての現代史として読む、そのように歴史を考えるためのさらなる探求が期待されます。

 もっと言えば、専門研究者でない読者が、「イスラムの世界史」や「中国の歴史」について自分なりに考えようとするときにも、有力な補助になる歴史的思考を期待できます。
 この本や『聖書vs.世界史』同様、一般向け概説書版での完結編公刊を待望しています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本熾天使の夏

2001/04/22 22:48

遍歴の始まり

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 『熾天使の夏』は、著者自身によって「矢吹駆連作の第0作」って位置付けが示されてます。「小説作品にあとがきの類を書く趣味はない」と明言する笠井潔が、特に本作成立の事情を語る「あとがき」で「第0作」と呼んでいるんです。
 ナディア・モガールが「本はどんな読み方でもできる」って言ってたことありましたけど。著者本人による「第0作」(第1作ではなく)って位置付けは、なかなか魅力的。

 矢吹駆連作は、どれも独立して読める丁寧な仕上がりの小説です。特に『熾天使の夏』は、連作としての連続性よりも、断続性を優先して読まれた方が悦しみの多い作品になっています。
 まず、独立した作品として読まれることをお勧めします。

 この小説の主人公は、革命の可能性を現実的シニシズムの陰謀から奪回しようと無差別爆破テロに手を染めました。その振る舞いは「灯かりに惹かれてランプの火に身を焼かれる蛾」に喩えられる熾天使を思わせます。

 同士結社員たちの死を経た主人公は、官憲に捕まることを望まず「完璧な自殺」を試みます。衝動的な自殺、激情に駆られての自殺ではなく、徹底的な精神集中により唯一の必然性を正面から引き受ける自殺行為です。
 観念の呪縛を徹底的につきつめることで、世界を回復しようとする試みは、しかし、微妙な回心を主人公の裏にもたらしたようです。
 「完全な自殺」の成功と供に予期されていた「すべてよし」の言葉を口にした主人公を訪れた幻視〔ヴィジョン〕は、彼が本来の世界とみなす、荒涼とした空虚とは異質な様相も観せたのでした。

 竹田青嗣は、『熾天使の夏』(講談社文庫版)解説を「『完全な自殺』は成就せず、彼〔主人公〕の思想的世界遍歴はいまも終わらない」と結んでいます。

 確かに主人公の「完全な自殺」は成就しませんでした。読者は、「完全な自殺」の試みと「すべてよし」の幻視との予期されなかったズレから、主人公の以降の遍歴のベクトル生成を探ることができます。
 『熾天使の夏』のできごとを経て、主人公は連作で知られる矢吹駆になったのです。

 連作のファンにとっては、矢吹駆が主人公の変名であること、ニコライ・イリイチと思われる人物との最初の邂逅、そして、「矢吹が自殺の是非」を瞑想の主題にしている意味、などを読みとる悦しみが用意されています。
 何より、『熾天使の夏』は、主人公の思想と連作での矢吹の思想の断続と屈曲線を読み解き思い描く悦しみが折り込まれた小説でもあります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

社会や国家を相対化する西欧史

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 西欧ルネッサンスの歴史像を大胆かつ確実に刷新してきた樺山紘一さん編著の放送大学教材。
 放送大学教材ですので社会人一般が対象に想定されています。

 一般に歴史とは「過去の事実を扱う学問」とイメージされがちですが、これは間違いではないにしても大雑把なイメージです。歴史学が扱う対象は過去の痕跡であり、いわゆる過去の事実は歴史学の結論として導き出されるものですから。従って、歴史の内容は、新しい痕跡が発見されても、研究者の思想が深化しても書き換えられます。書き換えられない歴史は、死んだ歴史とも言えましょう。
 『ヨーロッパの歴史 =基層と革新=』は、社会人一般に向けて、我が国の西欧史研究の近年の考え方が、きちんと反映された一般向け西欧史の本、と言えます。

 内容構成は、最初がケルト人など。ローマ帝国史ははぶかれて、次はゲルマン人諸国家の成立へ(関連記事の内で古代ローマとの関わりは最小限だけ説明されてます)。最終的には、近世のヨーロッパ・フランス革命前夜、イギリスの産業革命、ってあたりまで15章で要領よくまとめられてます。
 ヨーロッパらしい社会の在り方が、どんな歴史的メカニズムで形成されてきたかが、考え易く整理された一冊です。

 この本の構成の背景にあるのは、例えば、「古典古代の地中海世界は、ヨローッパとは別種の社会」って考え方です。
 また「西欧近代の市民社会成立と前後して逆戻りできないまでに進んだグローバルヒストリーは世界の西欧化ではない」って考え方も背景にあるでしょう。

 「歴史は書きかえられる」と言っても、社会の功利や国家の理念などによって書き換えられるべきではありません。社会や国家を正当に相対化してゆくのも歴史の役割のひとつだからです。
 「古典古代の地中海世界は、ヨローッパとは別種の社会」や「グローバルヒストリーは世界の西欧化ではない」も、「社会や国家を正当に相対化してゆく西欧史」の正当な筋道なのです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

19 件中 1 件~ 15 件を表示