サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 鍼原神無〔じゃりはら・かんな〕さんのレビュー一覧

鍼原神無〔じゃりはら・かんな〕さんのレビュー一覧

投稿者:鍼原神無〔じゃりはら・かんな〕

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本羊たちの沈黙

2001/03/18 15:45

観てても読める☆

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 『羊たちの沈黙』、小説はまだお読みでなくとも、映画やヴィデオをご覧になってる方も多いでしょう。

 タイトルの『羊たちの沈黙』、“THE SILENCE OF THE LAMBS”は、映画であまりに有名になった、人喰いの精神科医にして天才的犯罪者のキャラクター、ハンニバル博士(人喰いハンニバル)が、物語の主人公である、FBIの女性訓練生、クラリス・スターリングに加える精神分析、または尋問・精神的拷問のようなやりとりと関わっています。

 精神カウンセラーの免許を持っているため、訓練生であるにも関わらず、快楽殺人者の手によると思われる連続殺人事件捜査のアシスタントに起用された女主人公。彼女は、捜査の一環として、殺人者にして、精神科医である人喰いハンニバルから、連続殺人事件に対する所見を聞き出す任務を命じられます。
 そして博士は、捜査に協力することの交換条件に、彼による心理分析にクラリスが応じるよう要求します。

 「羊たちの沈黙」は、レクター博士による心理分析で明らかにされる、女主人公の「子供時代の最悪の記憶」、夜間勤務警察官だった彼女の父親の死にまつわる記憶=物語のキーワードです。

 さて、小説版と、映画版の『羊たちの沈黙』、ストーリーはほぼ同じでも、物語内容は割と違う、そうした関係にあります。
 小説と映画では、表現手法や全体の構成、細部の表現技法やプロットもかなり違います。だから、ストーリーはほぼ同じでも、そこから読みとれる物語内容は異なって当然です。
 アタシが思うには、映画版は、小説と比較した場合、女主人公の関わる物語内容がメロウな感じに流れてしまっている面が残念と思います。
 一般に映画は、小説と比較した場合、ストーリー分量が少なくなる傾向はあるので、ある程度やむを得ない面があるでしょうが。

 でも、女訓練生のクラリス・スターリングが、父親についての子供時代の記憶=物語を捉え直そうとする精神的挌闘、についての物語内容が、映画版では通り一遍なものになってしまった印象、拭えません。その為に、彼女の関わる物語内容は、緊張感が緩んでしまっています。その点を指してメロウな感じと評したのですが。

 その代わり、映画版では「怪物」と語られるハンニバル博士の人物像が、表現主義的な演出で、効果的に描出されてます。これは映画版の方のポイントのひとつでしょう。
 残念なことに、映画版ではレクター博士の怪物性ばかりが突出して、物語内容を構成する他の要素から浮きだってしまっている。物語内容の構成としてはアンバランスになっちゃっている観があります。

 例えば、FBIが捜査する連続殺人犯の人物像も、小説版の方が映画版と比べて暗示が豊富で読み応えがあります。これも、映画版ではレクター博士の怪物性だけが突出しすぎているので、対比がうまくいかず、相対的に矮小な人物像になってしまっているのでしょう。小説版の方では、異常者としての対話の通じない恐ろしさまでが描出されています。

 小説『羊たちの沈黙』は、映画やヴィデオで映像版を観た方こそ読まれると、おもしろく・興味深い読書体験になるのではないかと思います。ストーリーもおもしろいのですが、物語内容が興味深く読めるのではないでしょうか。

 小説版の最終章で、レクター博士は女主人公に問い掛けます、
 「どうだね、クラリス、子羊の悲鳴は止んだかね?
 子羊たちの悲鳴は今のところは止むだろう。〔中略〕
 きみはそのありがたい沈黙を何度も何度も自分の努力でかちとらねばならない。きみは人の苦しみを見てその苦しみに駆り立てられているが、世の苦しみは永久に耐えることがないからだ。」〔後略〕

 こうした語り口から、読者がどんな物語内容を読み解いてゆくかが、小説版の読みどころと思われます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示