サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. こてつさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年8月)

こてつさんのレビュー一覧

投稿者:こてつ

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本ハンニバル 上巻

2001/03/23 19:41

勧善懲悪

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 ジョディ・フォスターがあまりに醜悪なストーリーに出演依頼を断った、などとまことしやかに噂されたりした本作。映画のコマーシャルでもスリル、恐怖、怪演が表に出されている気がするけれども、私はむしろこの作品の一番の見所は何より確かな構成力によってテンポよく物語を読者に「見せる」ストーリー展開であると思う。
 私の中ではスターリングはジョディフォスターの顔をして、冒頭の銃撃戦、それをきっかけとして追い込まれる窮地、レクターの足跡を辿り、ヴァージャー邸へと乗り込む、そして衝撃的なラストシーン、その一つ一つの真剣な表情が心地よいテンポでくるくると目の前を交錯する。
 この物語は勧善懲悪である。そう感じた。レクターの幾多の殺人、それらは贖われることがなかったのに。おそらくそれは、彼の行為が「悪」と呼びえるものを超越しているからなのかもしれない。だから私には、それ以外の彼の行為とは比較にならないせこくて小さな悪、それらに対して感じていた嫌悪感が全て解消されたとき、勧善懲悪が達成されたと感じたのかもしれない。
 「悪」を超越した行為。それに対しては物語を読み終えたあとにも、違和感が残る。それはレクターという人物のイメージとともに心の中に奇妙な感覚を呼び起こす。テンポのよいストーリー展開と小気味よい勧善懲悪、そしてその上でなお残る違和感。そのようなアンビバレントな読後感を残す本書は、近頃まれに見る傑作だと思うのである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示