サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. naoaibaさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年9月)

投稿数順ランキング
先月(2017年9月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    中野 ジェームズ修一 (講師),日本放送協会 (編集),NHK出版 (編集)

    5つ星のうち 4.0 レビュー詳細を見る

naoaibaさんのレビュー一覧

投稿者:naoaiba

4 件中 1 件~ 4 件を表示

彼氏彼女の事情 11

2001/10/08 20:35

超美少女と、純真無垢な少年の物語。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

朝目覚めると、死ヌほど可愛い妹が、自分の布団の中でスヤスヤと寝息を立てている…としたら?最初の1ページをめくると、そんな場面からの11巻。いやもう、芝姫つばさの愛らしさは、文章では表現できない!(書評放棄?)。ぜひ一度、コミックスを見てくれ、といった感じです。
 ということで、今回の話はつばさと一馬、行合兄弟の物語。つばさちゃんの愛らしさ全開で、お送りされております。重ね重ね、つばさは可愛い。彼女は、時には木に登り、やたらとお菓子を食べまくり、理解不能な行動をすること数あまた。暗くて狭い所がよく眠れ(ハムスター化)、一馬が寝ていると布団に潜り込み、裸を見ても平然と、好きな人にはいつもべっったり。女の子であろうと男の子であろうと、腕に背中に抱きつきまくり。さらに、とんでもない人見知りで、自分が好きになった人ではないと一言もしゃべらない。逆をいえば、好きになった人にはとことん一途で、それ以外は省みず、強烈なまでの愛情を欲しながらも、いつもどこかで怯えているから、ひたすらにけなげ。別れること、見捨てられることが怖くて仕方ない、寂しがり屋の美少女なのです。
 現実でも、女性はやはり、美人だと得をすることが多いみたい。男は目で恋をして、女は耳で恋をする…と、誰かがいっていたけれど、その通りかも。つばさのあの熱烈なまでの愛情表現は、類い希に見る容姿とセットになって始めて、天下無敵の効力を発揮するのでしょうね。はぁ、羨ましい。
 ページをめくるたびに、くらくらせずにはいられない美しさ。カレカノ独特の、奥深さ。文字が詰め込めない分、設定の深度的には小説より不利なはずなのに、あっさり超えちゃってます。絵が、ストーリーが、彼女たちの表情が、そして要に必ず配置される、決定的な決め文句。すべてが一体となって、なんかもう凄まじいの一言。一枚の絵は数千の文字よりも物語る、はっきしいって。これでは小説家危うし!?
 ぜひ、男の子にも読んでもらいたい少女マンガです。ほんとに可愛いから、つばさちゃん。女性作家なのに、男がくらくらするツボを、よく押さえてらっしゃる!少女マンガを、リアル書店で買うのはちょっと恥ずかしいけれど、ネット書店なら大丈夫かも?とにかくぜひ、読んでみてください!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

サブキャラだって止まらない、ノンストップ・ハイスクールコメディ!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 と、いうわけで、待ちに待った待望の第3巻。今回は、榊さんが表紙なのね。
 相も変わらず、むっちゃハイテンションな主要パーティのメンツだけれども、今回は、名脇役たちも大活躍! 榊さんのライバル・噛みネコ、音速を超える!? ちよちゃんのパパ、通称ちよパパは、実はサンタクロースで、マッハで空を飛び、プレゼント代は国から出ている!? しかも宇宙人…(あ、これは頷けそう)。天下無敵の女子高生フェチ・木村先生に、かおりんもはや大ピンチ! その木村の超美人奥様は、とんでもない時代を生きた人のようで…。
 などなど、大爆笑の四コママンガが大結集。いよいよ高校三年生となって、なのに相も変わらずの7人+αのコミカルな生活を、どうぞご覧下さいませ。…というか、このコたちが卒業しちゃったら、この連載終わっちゃうのかなぁ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

小さなコマに、無限に広がる世界描写!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 鉄しか食べない…なんてむちゃくちゃなヒーローなんだろう?コミックスのタイトル通り、とにかく食う。しかも鉄。食べまくる。食べる男の冒険物語。
 重火器を始め、ロボット、戦車、ビルディング、壁にナイフに銃弾までも前歯でキャッチ! んでもって食う。あそこまでムシャムシャ食われると、もはや気分爽快といった感じです。しかも、その食べたものは、彼の胃袋の中で再生され、手から出てくる!? どんな体の構造なんだろう…。しかし読み進めていくと、なんだか鉄がおいしそうに思えてくる…。aibaの胃袋も、あれだけ強ければ…。
 彼──ボルトの職業は、冒険屋。世界中を旅し手回り、あらゆるトラブルを解決していく、そんな職業です。男の子なら一度は憧れるだろう職業じゃないかしら。そしてボルトはなんといっても、世界一の冒険屋。全世界・無数に存在する冒険屋のなかで、彼はトップに君臨するのです。まぁ、鉄食べられるからねぇ。
 さらに、なんといってもこのマンガは、背景描写がすばらしい!作者の世界観が、これでもか! というほど詰め込まれた、異世界の奥深き世界描写。様々な都市、荒涼とした大地、不思議な森の中の村…もはや芸術的です。色つけて拡大して、額に入れて部屋に飾ってもいいくらい。
  そしてそして、ボルトはそれはもう、むちゃくちゃかっこいい!普段はサングラスをかけて、きわめて無表情。クール。チラリと見えるその双眸は恐ろしいほど鋭利・冷徹! でも時折、すごく愛情満ちた瞳になる…。そりゃ、数話読み切りなので毎回変わっていくヒロインたちは、ころんと惚れるでしょうねぇ…。
 というわけで、そんな、食べる男の冒険奇譚でした!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

犬夜叉 22

2001/08/10 14:51

ちょっと、雰囲気の違うバトル

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 さて。
 前巻で出てきた顔なしの妖怪、『無双』。この巻では、その正体が明らかに。表紙を見たとき、桔梗が出ていたので、桔梗がらみの話なのでは!? と期待したのですが、ちょっと残念! 今回は、桔梗の出番はありませんでした。まぁ、桔梗がらみではあるけれど、回想シーンに出てきた程度。
 というわけで、aibaはとても、桔梗びいきです(^^)。

 後半からは、百鬼蝙蝠編が収録されてます。新鮮だったのは、何よりも背景描写! 今までバトルの舞台になってたのは、村とか森とか荒野とか、そんな場所が多かったけれど、今回の戦いは、海岸、夜の戦い。巨大コウモリ、大獄丸が、夜の砂浜で、大きな満月を背に、犬夜叉と戦うシーンなんか、幻想的な雰囲気を醸し出してます。ずいぶん遠出をしたようだから、臨む風景も旅行チック!?

 ということで、犬夜叉。にっくき仇、奈落が強くなるのなら、犬夜叉だって強くなるんだ!でもアレだね。犬夜叉って赤ずくめ?(笑)。マンガだといい色出しているけれど、アニメだとどうなるんだろう?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

4 件中 1 件~ 4 件を表示