サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. dubcatさんのレビュー一覧

dubcatさんのレビュー一覧

投稿者:dubcat

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本宇宙よ

2001/03/21 03:39

ただの日本人初の宇宙飛行士の体験記ではく、21世紀宇宙時代への提言である。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 日本人初の宇宙飛行士、そして世界初のジャーナリスト宇宙飛行士の秋山豊寛への、この宇宙飛行にテレビ番組の制作など、非常に深く関わっていた立花隆さんのインタビューという形式で話は進む。
 宇宙飛行が行われた当時、選抜から訓練と一連の過程がテレビで放映されていたが、そこに入りきらなかったり、カットされてしまった情報や、裏側がのぞけて非常に興味深い。
 また、ロシアの宇宙産業、経済状況、宇宙飛行士の選抜、訓練、実際の宇宙飛行について、ジャーナリストとして感じたこと、考えたことが、非常に率直に書かれている。これは、この飛行がロシアにとって商業的なものであり、秋山さんがお客であったためで、本職の宇宙飛行士では絶対にはなせないような所まで話が及ぶ。さらに、多くの本職の宇宙飛行士にもインタビューをされている立花さんが加わることで、(『宇宙からの帰還』)比較もでき、優等生的対談では決して終わっていない。
 宇宙をビジネスとしてどうとらえるか、日常的なものにどうしていくか、というヒントがこの本には詰まっている。より宇宙が身近になる21世紀にとって、あらためて大きな意味を持つと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示