サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 名無しさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年5月)

名無しさんのレビュー一覧

投稿者:名無し

1 件中 1 件~ 1 件を表示

四十回のまばたき

2001/03/22 03:57

あたたかく、やさしく、どこかいやされる。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 売れない翻訳家である主人公の心が、冬になると“冬眠”する義妹との生活や、彼が翻訳をてがけた乱暴であるが温かいアメリカ人との出会いによって解き放たれていく、という話である。
 心の奥の方の、うまくいえない、こう何か足りないような、小説の中では“穴ぼこ”といわれる、きっと誰でも感じたことがある、欠落感のようなものと、向き合うことができる本である。この本が、直接埋めてくれる、という感じではない。だから、すこししんどくもなったりもする。しかし、読めば、どこかいやされた気がする。べたべたした優しさは全くなく、ただそばにいてくれるような、素っ気ない、静かな、それでいてとっても誠実な優しさにあふれている。あたたかい、霧のような雨の中を、傘も差さずにゆっくりと歩いていく、そんな感じがした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示