サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. ブービンさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年9月)

投稿数順ランキング
先月(2017年9月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    中野 ジェームズ修一 (講師),日本放送協会 (編集),NHK出版 (編集)

    5つ星のうち 4.0 レビュー詳細を見る

ブービンさんのレビュー一覧

投稿者:ブービン

9 件中 1 件~ 9 件を表示

紙の本やっぱりおおかみ

2002/01/15 01:27

傑作とはこの絵本のことを言う。

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 子供向きじゃないのかもしれない。と、今読むと思う。

 でも子供のころの私のベスト1だったことは確かで、この絵本ほど、後々まで印象に残っている作品はない。だって、だらしない性格の私が、20数年たった今でも大切に持っている唯一の絵本だから、きっとこの絵本はすごいんだ。

 この絵本には、子供に大人が決して与えようとしない気持ちがある。どこに行ったって一人ぼちで、周りはみんな仲良しばかり。オオカミは「オレに似た子」を探すんだけど、「似せよう」とは決してしない。だもんだから、仲良くしてる奴らに「けっ」とか言っちゃう。

 こういう絵本を与えられる親になりたいし、与えてくれた親に感謝したい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

負けるための写真集

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

生きていること、
それ自体の力強さに斎門富士男は敗北してしまう。
決して恵まれたとはいえない偏狭の大地で、レンズを見つめる彼ら、それは農民や炭鉱夫。彼らの目の内に見える自信のようなものに、僕は焦りに似た気持ちを感じた。

豊かな日本にいる僕にはあって、彼らにはないものなんて腐るほどあるだろう。なのに彼らにはあって僕にはないそれは、決定的に大切なものに思う。この敗北には意味がある。そう思わせる。

この写真集は強い。傑作である。若さが風化してしまう前に見ておく必要がある。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

なんだかさびしくて悲しくて泣いちゃうぞ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 子供のころ、この本で泣いた。なんだか悲しくて悲しくて、ふとんにくるまって泣いたのだ。

 あおむしくんは、今いる僕の世界、父さんや母さんや弟までみんな飲みこんで、どんどん大きくなっていく。当時の僕は子供ながら『自分』というものを強く考えなければならなくなった。たぶん何もなくってしまえば、僕もいなくなっていまうことに気がついたのかもしれない。
 その晩僕は、母さんにしがみついて空っぽになりそうな自分を押さえ込んで眠った。大人になってもずっと心に残る作品だと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本世界の〈宗教と戦争〉講座

2004/05/19 03:13

ヤツら知るために

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 日本人にとって宗教は遠い存在だ。お祭りやら初詣、お盆だクリスマスだとしっかり宗教行事をこなしてるくせに、「俺は無宗教」なんてことを平気で言う。そんなヤツは外国で軽蔑されたまえ。

 ヤツらを知るためには、まずヤツらの宗教を知れと元彦は言う。しかも、例によって無知な我々に響く言葉で伝えてくれるのだ。頭のいい馬鹿は難しい言葉でしか難しいことしか語れないので、宗教系の入門本は簡単だけどつまんない、簡単だけど書いてる奴が宗教にどっぷりと浸かっている場合が多い。あなたが宗教に何か救いを求めているのなら、この本は手に取るべきではないのかもしれない。しかし、もしあなたが世界の人たちをもっと理解したいと思うなら、まずはこういう本から始めてみてはいかがだろうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

祭りのあと

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

大きな大戦ももうずいぶん前のことになって、
バブルもはじけて、それといっしょに豊かさもいっしょにはじけてしまった。

廃墟に眠る記憶の破片。
祭りの次の朝、誰もいない神社にぽっかりと記憶の穴があくように、廃墟の中の見えない記憶を拾い集める。

新世紀はとっくに迎えたのに、気持ちはまだまだ廃墟に引っ張られていく。90年代後半この写真集が発売されたことは必然といえるかもしれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本交通事故鑑定人S氏の事件簿

2002/01/15 02:30

名探偵はやっぱりカッコイイ!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 現実のドラマチックは、非現実のドラマなんて一掃する。

 交通事故鑑定人S氏のところに依頼される事件は、もう結果があるような事件である。そんな事件をS氏は、職人的執着と科学的な視点でひっくり返す。それはもう痛快である。なんせ世界一質が高いとされる日本の警察を、たった一人のオッサンがやっつけてしまうのだ。もちろんそこには警察の検証システムに問題があるからだけれども。

 名探偵が現実の世界にいるのだから、もう憧れないわけにはいかないのだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本12万円で世界を歩く

2002/01/15 02:11

その旅は、どこから読んでもよい。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 旅をしたくなる。冒険心はくすぐられる。トイレなんかでこの本を読んで、「旅に出てぇ〜」とか言ってしまう。

 アジア、アメリカ、メキシコ、キューバ、北極圏まで筆者は12万円で挑戦する。読んでる方が心配になるほど、普通に貧乏旅行をしている。「貧しい旅でなければ見えないものもある」と、筆者は語るが、そんなことよりなにより、旅にかりたてるぞこの本は。

 自分が若いと思うなら、こういう本はバイブルになって、年寄りだと思うなら、ノスタルジーやら「もうひと花」な気分が訪れることうけあいである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ヤクザの世界

2002/01/15 01:51

その世界の文化人類学

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 ヤクザといってもいろいろいる。そういう世界を筆者はとてもいい距離感で書く。

 やっぱり僕らは単純にその世界を否定して、見ないようにする。でもその世界は現実にある。そして少しだけ僕らにも関わっている。その世界の人たちとちゃんと関わらないためにも、こういう本は意味があるし、そしてちょっとだけ「知ったかぶり」できる。
 そしてそしてもっと簡単に、読み物として面白い。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本天才アラーキー写真ノ方法

2002/01/15 03:00

アラーキーを知る本である

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 ためにはなる。しかし、アラーキーってとっても普通で人間的。「天才」に思わぬ期待をかけてしまって、ギラギラしていると肩透かしをくらいそうだ。

 アラーキーという稀有な物体と、イコールで結びつく写真というものの存在を解きほぐすには格好だし、写真を撮る人やそれを目指す人よりも、そうではない人たちがアラーキーを理解するにはおすすめである。
 それにしてもアラーキーって奴は不思議に気になる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

9 件中 1 件~ 9 件を表示