サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. そふぃさんのレビュー一覧

そふぃさんのレビュー一覧

投稿者:そふぃ

1 件中 1 件~ 1 件を表示

はじめて出版物を作る人の入門書

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 自治体や会社で広報紙や社内報などを作るのは大抵は素人だ。出版社に入社した訳でもないのにイキナリ広報出版物を作れ、などと言われたら最初は誰だって戸惑うだろう。それでも昔は、学校で作る「○○だより」のようなものの延長でなんとか作れたのかもしれない。でも最近はDTPやらインターネットやらなにやら得体の知れないものがたくさんあって、そういう広報出版物を作るのも大変そうだ。そんな人たちの強い味方になるのがこの本。

 まず編集に入る前の心構えや準備などから始まって、企画の立て方、取材やインタビューの仕方などが事細かに書いてある。それから、やっと原稿の作成の仕方になり、見出しの付け方があって、レイアウトの仕方、最後に校正の説明がある。これ一冊で、出版物の作り方の大まかな流れが分かってしまうのだ。これは広報出版物に限らず、普通に出版の仕事をしたいと思っている人にも入門書としてはいいのではないだろうか。

 そして、これはホームページ作りにも役立つ本なのだ。今はホームページが広報紙の役割を果たすことも多いから、企画の立て方や読者アンケートの取り方、構成の仕方などは参考になる。取材の仕方やインタビューの方法などはなかなか素人ではわからないのだけど、それがわかりやすく書いてある。こういう本はあるようでなかなかない。とっても役立つ一冊だ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示