サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 幸さんのレビュー一覧

幸さんのレビュー一覧

投稿者:幸

2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本イミテーション・ウェディング

2002/07/30 18:59

乙女とオヤジ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

妾腹の椛は、男の子なら本妻の子として引き取られるのを阻止するため、女の子として育てられます。ここまでならありがちな設定ですが、なんとこの子は戸籍まで女!(もしやこれって法律違反?ってことは罪に・・?)しかも同じ高校の先輩・春日と婚姻しちゃいます。
体育の時間はどうしていたのか?プールは?身体検査は?などというツッコミはおいておいて(笑)。
主人公・椛ちゃんは、中身も乙女です。可愛らしく髪を結い上げたり(もちろん好きな春日のために)、ピンクのリップを塗り、あまつさえマニキュアまで・・もう、女の子が主人公と思って読んでしまいました。お相手の春日君は三味線の若師匠だけあって、言動が少々オヤジくさいかも。ほんとに高校3年生か?と首を捻りたくなります。普段着は着物が多いようなのですが、「遊び人の金さん」を彷彿とさせます。着流しに下駄つっかけて、色街で姐さんたちと戯れてそう。
女装モノはぜんぜんオッケーよ!というかた、ご一読あれ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本はいまーとろーぜ 1 流刑編

2002/07/30 21:55

ファンタジー・ラブロマンス

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

【はいまーとろーぜ】・・・ドイツ語で「故郷のバラ」という意味をもつ。

流刑島に送られたチュールが復讐を心に誓うシーンから始まるのが印象的。
ボーイズものにありがちな破綻したファンタジーでなく、作者の「こんな物語が書きたい!」という思いが伝わってくる。あとがきによると、ロシア方面に旅行されたとのこと、だから舞台がシベリアちっくなのですね。納得。
挿絵の夢花さんの雰囲気もお話にとても良くあっている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示