サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. しげるさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年8月)

しげるさんのレビュー一覧

投稿者:しげる

19 件中 1 件~ 15 件を表示

年齢問わずお勧め

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

東京大学教養学部立花ゼミに集う学生による共同作品。
有名無名問わず様々な人の二十歳の頃の話。
これから大人になろうと言う若い人には、色々な意味で参考になると思う。
二十歳を過ぎてしまった人でも、自分の二十歳の頃を思い返してみたり、
今の自分と比較してみたり、色々考えさせられたりします。
様々な人々の人生の一端を垣間見る事の出来る本です。普通に生活しているとそんな機会に恵まれる事は先ず無いですよね。そう言う意味でも貴重な2冊です。
立花ゼミ秘伝・取材の極意だけでも読んでみる価値あるかも。

第二巻には“モーニング娘。”安部なつみ・飯田佳織も収録。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

古き良き東京

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 東京は北区赤羽岩淵に現存する唯一の造り酒屋、小山酒造の長女として生まれ育った、小山織さんによる素敵な文章と挿絵からなる本です。四季折々の祭事や酒造りの話、杜氏さん達の暮らし振り等、酒蔵に育った著者ならでは切り口で読ませてくれます。
 読み終わった後、なんだかふわっとほろ酔い気分になれる一冊です。日本酒が好きな人も苦手な人も読んで損は無い一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本書物愛蔵書票の世界

2002/03/18 06:39

ますます本が好きになる一冊

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 ますます本が好きになる一冊です。
 私と蔵書票との出会いは、2000年夏の新潟旅行の際でした。蔵書票とは日本では蔵書印がその役目を果たしているのですが、蔵書票と蔵書印の決定的な違いは、蔵書票の場合、その構成に版画絵が入ると言うことです。その果たす役割は同じですが、あなたならどちらを選ぶでしょうか? あなたもご自分の大好きな本、大切な一冊に蔵書票を貼ってみては如何でしょうか? ますます愛着が涌く事請け合いです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本日本酒百味百題

2002/03/06 23:49

日本酒に興味を持ったら

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 日本酒が好きになり、日本酒の事をもっと知りたいと思ったらこの本を読んでみましょう。この本には日本酒の歴史と文化、原料と製造技術、種類と味について、100の話が収録されています。1つの題目について見開き2ページであっさりと解説してあり、ライトタッチで気楽に読める本です。
 お酒の味を覚えるのも良いですが、せっかく興味を持った日本酒なら、お酒を通して文化的、知識的に豊かになるのも良い物です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

とっても便利

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 各県別に分類されていて、更に掲載蔵のデータ、代表される銘柄のデータが事細かに載っています。特に銘柄別のデータについては、アルコール度、日本酒度、酸度、アミノ酸度、原料米、精米歩合、使用酵母、小売価格に至るまで、集められる全てのデータが掲載されています。また掲載銘柄全て(1635銘柄)松崎氏自らテイスティングを行い、その結果が掲載されています。
 巻末には銘柄索引、会社索引も付いているので、どの様な使い方でも出来ます。例えば、旅先、出張先で買いたいお酒を吟味したり、今日飲んだお酒がどんなお酒か調べたり、使い方は色々です。
 また、自分で飲んだお酒の感想と松崎氏のテイスティング記録を見比べる事で、自分好みのお酒を探す近道に成る事でしょう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ゲルマニウムの夜

2001/12/12 21:40

神はいますか?

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 修道院兼教護院を舞台に繰り広げられる花村ワールド。バイオレンスと過激な性描写、エンターテイメントと捕らえると重過ぎる内容だが、れっきとしたエンターテイメントである。タイトルの芥川賞受賞作「ゲルマニウムの夜」と続2編+小川国夫氏との解説対談もあり。この一冊は読者に考える事を強要する。小川国夫氏との対談だけでも読む価値有り。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

アプローチが面白い

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

私の個人的な話から始めますが、私工業高校卒の電気メーカー勤務の者です。
プログラムなんて高校の授業で習って以来十数年振りですが、最近必要に迫られて
勉強し始めたプログラミング初心者です(しかも、アセンブラ)。
この本のどこが良いって、一重にその目指している所が良いですね。
他人に教えられる様になる。これって、簡単な様で難しい事です。

何かを他人に教えようとする時、自分が中途半端な状態だと直ぐに専門用語を
使ったりしてしまう。相手が何故理解できないのかが解らない。
こんな事って職場でも良く出くわす場面です。
又、人に教えようと準備を始めると今まで、自分が理解できていなかった事に
気づいたり、中途半端なままやり過ごしてきた部分をキチンと理解しようとしたり
人に教える積りが、かえって自分の勉強になったり…。
そう言う意味で、本書の目指す所の他人に解り易く教える、説明出来るようになる
と言うアプローチが気に入りました。

今は未だプログラミング初心者の私ですが、もう少し勉強してから読み返してみたい
一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本コンセント

2002/04/02 00:09

キワモノ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 田口ランディさんの小説デビュー作だそうです。田口ランディ…始めて読みました。オカルトと言うかなんと言うか表現しにくいです。
 途中、エロ小説かと思うほどの性表現があったり、想像するのも厭なくらいの死体描写など、私個人的にはかなりの筆力と思います。文末は? と感じてしまう部分もありますが、藤本由香里さんの解説によると、「アンテナ」「モザイク」を読むと理解できる部分も有るらしいので私は続けて読んでみようと思います。
 表現方法はかなりエログロなんですが、ちゃんと読めばこの本かなり深いですよ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

さけのさかな

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 日本酒と魚が大好きで、料理もする(したい、しても良い)と言う方に超お勧め!
 この本基本的にはレシピ集です。魚別につまみのレシピと造り方が紹介されています。また、其れに合わせる日本酒も一緒に紹介されています。魚の裁き方や包丁の選び方なんかも載っているので、初心者でも安心です。
 アジの焼きサンガ、いわしのナメロウ、サバの七味揚げ、マグロの串かつ、アサリ酒蒸し等など。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ギルガメシュ叙事詩

2002/04/17 23:09

世界最古の神話物語

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

楔形文字により粘土板に記された、シュメールに実在した王をモデルとした神話物語を邦訳したものです。
ただし、原テキストで失われてしまった部分も多く、またシュメール語の解読も完全ではないし、訳者も原テキストに忠実に訳している為読み物としては完全ではない。
しかし、学術的な面から見ると訳者である矢島文夫氏の研究の成果が現れた、素晴らしい一冊です。
個人的には、訳文その物よりも解説や付録の方が興味深く読む事が出来ました。
興味深い点はノアの箱舟に通じる、洪水物語が叙事詩中に発見されている事です。どうもこの様な洪水物語は世界各地で語られているらしい事を他の本で読んだ事がありますが、この人種や国を超えた人類共通の記憶とも言える様な類似点の研究が進む事を期待します。
構成はギルガメッシュ叙事詩の邦訳及びその解説、+イシュタルの冥界下りの邦訳とその解説、+付録です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

突破口

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

私が読んだものは初版第1刷の物だが、読み物としては酷い出来です。
誤字脱字の嵐です。
内容的には技術書ではないので、この手の物に興味の無い方でも十分に読みこなせる物だと思います。
ソフトウェア業界におけるオープンソース運動推進者達の人となりに触れる良い機会です。
この本の一番良い所は、オープンソース云々と言った事よりも、ソフトウェア業界においてオープンソースと言う1つのムーブメントを生み出した彼らの一流のセンスに触れる事が出来ると言う事です。
行き詰まりを感じるあなたの突破口を開くヒントの1つも見つかるかもしれませんよ?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ジェヴォーダンの獣

2002/05/09 23:51

フィクションです

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

紹介文にはフランス史上最大の謎が今解き明かされる! 等と大袈裟な事を書いていますが、この本はフィクションです。
今から、250年程前に実際にあったジェヴォーダン事件をモチーフにして書かれたフィクションです。
それも、ムービーノベライズです。私は映画は見てないし、ムービーノベライズと気が付かずに読んでいたので一寸眉をひそめるシーンが多かったかな。謎の惨殺事件物語りの筈がいつのまにか陳腐なラブストーリーにすり返られているあたりは、いかにも最近の映画らしく、タイタニックを思い出させる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

飲んでみたくなる一冊

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 ベストコレクションなので紹介銘柄は205と少ないが、美麗な写真付きで飲んで見たくなる一冊である。
 S.S.I(日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会)方式の香りと味の特性で日本酒を4つのタイプに分類し、掲載各銘柄についてタイプ別を紹介している。また、美麗な写真付きでつまみの紹介がされており見ているとついつい飲みたくなってしまう。
 巻末には日本酒の基礎知識(製造方法など)も収録されており、美味しい日本酒が飲みたいけど、何を飲めば良いか解らないと言った初心者にお勧めの本である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

暗闇から、いらっしゃい

2002/04/01 23:50

小説では有りません

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 この本小説では有りません。お間違えの無い様に。そうです。私は間違えました。ちゃんと書いてあるのに。私は所謂霊的な現象に遭ったことは無いので良く解りませんが、この本の語り役である竹河聖さんはかなりそう言った体験が有る様です。私は竹河先生の小説のファンなので読みましたが、小説と違って、こちらはあまり面白くありませんでした。あまりお勧めできません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本新編日本酒事典 厳選美酒名酒

2002/03/07 00:41

圧倒的データ量

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 ものすごいデータ量である。新聞よりも細かい文字でビッシリ詰めて書いてあるので、一寸読みづらい。正直言って目が受け付けないと言う人も有るだろうと思う。それ程圧倒的なデータ量である。

 第1部日本の名酒として、掲載醸造元による銘柄別の開示データの羅列が約300頁続く。この内容は原料米、酵母、アルコール度、日本酒度などの一般的データに加え、醸造元による特徴の説明が加えられている。

 第2部名酒の飲める本物の店として地域別に飲食店が紹介されている。住所、電話番号、営業時間や推定予算、特徴として店の雰囲気や飲める銘柄、つまみについて触れている。
 しかし、この飲める店紹介一寸疑問である。先ず、タイトルにわざわざ“本物の店”なんて書いて店に対するヨイショなのか何なのか??? 疑問である。
 また、特徴の欄に生ビールがいいなどと書いてある店も有る。この本は日本酒の本でしょ。後半の世界の名酒が飲める〜のコーナーに有るなら解るが本編でこれは一体何?

 第三部は買える店なのですが、これについては店名と住所、電話番号しか書いてありません。行って見ないと解らないと言った感じですね。只、私の知ってる店も一軒あったので全く使えないと言う事は無いでしょう。

 この本、書名は辞典となっていますが、辞典では有りません。データブックとして活用するなら、このデータ量は使えると思います。使い辛いかもしれませんが。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

19 件中 1 件~ 15 件を表示