サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. ゴンス君さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年3月)

投稿数順ランキング
先月(2017年3月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

    3月のライオン(1)

    3月のライオン(1)

    羽海野 チカ(著),先崎 学 (将棋監修)

    5つ星のうち 4.5 レビュー詳細を見る

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    はらぺこあおむし 改訂

    はらぺこあおむし 改訂

    エリック=カール (さく),もり ひさし (やく)

    5つ星のうち 4.5 レビュー詳細を見る

ゴンス君さんのレビュー一覧

投稿者:ゴンス君

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本クラウディ

2001/04/10 02:49

都市を彷徨うハイエナ。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 この作品を書いていた頃の辻仁成は、いつも何かに苛立っていた。ラディカルに都市を彷徨し、行き場を見失えばカタルシスのように一気に魂を吐き出す。それはまるで都市を彷徨う得体の知れないハイエナのように、苛立ちながら必死に出口を模索していた。そう、「都市」と「焦燥感」、この頃の彼のテーマはまさしくそれだった。
 この作品には、それがもっとも顕著に示されている。前作『ピアニシモ』(処女作)で〈成長〉したと思った辻ワールドはまたもや『クラウディ』で苛立つ。結局それは芥川賞受賞作の『海峡の光』まで続くのだが、都市に向かって苛立つその姿勢は今の10代にも有効だろう。
 さて、肝心の内容だが、この作品は小説というよりも「長編詩」に近いものがる。最後には前述した「苛立ち」を「都市」に向けて一気に爆発させるのだが、その部分の詩的表現がテンポの良いスピード感を感じさせ、読者をしばし陶酔させる。そんな作品である。
 今の辻仁成には何ら魅力を感じないが、この頃の彼はヴァイタリティーに満ち溢れていた。作家なんて言葉はとてもじゃないけど似合わない、文学的な作品だとも思わない、けれども、おそらく本人もある程度は自覚はしているのだろうけど、それを堂々と果敢にも示して見せたからこそ、この頃の辻仁成は輝いていたんだと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示