サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. トテさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年2月)

トテさんのレビュー一覧

投稿者:トテ

2 件中 1 件~ 2 件を表示

レモンとサクランボ

2001/05/26 01:14

滅びないテーマの普遍性と社会性

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 まず第一に感じた事は学園マンガの嚆矢となった作品であるにもかかわらず、すでに完成されたスタイルとして定型化されているという事実に、あらためて西谷祥子という作家の力量のすごさをみて感嘆しております。
 発表当時ハシリだった青春TVドラマの影響が認められるとしても、「友情」「嫉妬」「慕情」「恋心」「いじめ」「喧嘩」「病気」「レイプ」「差別」「団結」「家族」「成長」といったエレメンツをきっちりまとめ上げる天才的技量にたっぷり酔わせていただきました。
 それから、今時のマンガとの決定的に異なる点は描かれているエピソードやテーマの普遍性と社会性でしょう。昨今隆盛を極めるボーイズラブ系マンガのどこにそれらが見られるのでしょうか? 嘆息を禁じ得ません。 

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

纏向の大地からの視点

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 考古学マニアの役者としてすっかり有名になった著者が世に問う本格的研究書。2C末(弥生)〜4C初頭(古墳)にわたる、いわゆる邪馬台国時代をその宮都とされる纏向遺跡の発掘調査研究をもとに推論した良書。素人の邪馬台国関係書にありがちな伝承や文献の牽強付会が全くない点だけでも好感が持てる。
 一度ならず当該遺跡の発掘に加わり、現場を掘り出した者の視点は無視できない部分がある。中央政権と各地方政権との関係に詰めの甘さが見えるが、「やまと」の語源論の新解釈には新味があった。
 続論を期待しておこう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示