サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. まんまみーあさんのレビュー一覧

まんまみーあさんのレビュー一覧

投稿者:まんまみーあ

6 件中 1 件~ 6 件を表示

紙の本株式会社法 第2版

2008/06/22 17:14

細かい論点まで網羅されています

7人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

今や法律でも、横書きが多くなっているなか、縦書きの本なので、最初は読みにくいなと思いました。
これまで会社法の教科書を何冊か購入しましたが、最終的にこの本を買ってよかったと思います。
最初からこの本だったら、理解できたかどうかわかりませんが、これを知りたい!というものがきっと載っていると思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本蟬しぐれ

2004/01/01 17:37

気持ちの暖かくなる作品

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

テレビでドラマ化された影響もあってか、読みながら登場人物が本当に頭の中に浮かんできた。若者たちの様子が生き生きと伝わり、若者たちが成長し、それぞれの人生を歩む。その中でも、お互いを思いやる気持ちが上手く表現されていて、読み終わったあとには、切なくなった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

人間を救う愛情

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

心を閉ざしたシーラが先生の愛情によって心を開く。問題行動を起こすシーラではあるが、育った環境の中で生き抜くために、一生懸命自分を守っている。そして、先生の愛情がシーラを変えてゆく。こんなに小さな子供が、こんなにいろいろな思いをしながら、一生懸命に生きている姿が痛々しい。そして、そういった子供を見守る先生の愛情に頭が下がる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本嫌われ松子の一生

2004/01/01 17:34

一生懸命生きた松子

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

真面目で親孝行だった松子がひとつの出来事がきっかけにばたばたと人生がまったく違う方向に転がっていくことになる。
読んでいると、こんなにもいろいろなことが重なるものかと反論したくなる気持ちもあるが、その反面、人間だから、こういうこともあるのかもしれない、ありえないことではないのかなとも思ったりする。
松子は、何人かの男性と出会い、いつでもその男性を必死で想うばかりに、松子の人生は、男性に引きずられていく。
長い物語ではあったが、松子本人の視点と、甥の笙の視点から物語が進められていて、飽きることなくすぐに読んでしまった。面白かった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本最新株式会社法 第3版

2006/05/14 17:28

初心者には難しい

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

とても読みやすい本ですが、完全な初心者にとってはこの1冊だけでは理解できないと思います。専門用語の解説などはないので、もう1冊用語の意味がわかるような補充本が必要ではないでしょうか。また、論点がどこなのかがわかりにくいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本世界の中心で、愛をさけぶ

2004/01/01 17:42

気持ちはよくわかったが。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

これだけの大ヒットで、どれだけいい作品なのかと思っていたせいもあるのか、少し期待はずれだった。主人公の気持ちはよくわかるのだが、中学生の頃からの二人の出会いという設定が、なんだかなじめなかった。中学生がこんな会話をするのだろうか、こんな話し方をするのだろうか、と思うと、不自然な気がしてきた。どうして、こんなに若い二人が主人公として設定されているのだろうか。もう少し主人公の年齢が上だったら、感想もまた違ったかもしれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

6 件中 1 件~ 6 件を表示