サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. ジュリさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年4月)

ジュリさんのレビュー一覧

投稿者:ジュリ

1 件中 1 件~ 1 件を表示

のだめカンタービレ 10

2004/09/14 14:34

ユーモア・クラッシック音楽作品

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

とうとうフランスへやってきた千秋とのだめ。
はじめての指揮者コンクール、順調に駒をすすめる千秋と、フランスに留学したのに、フランス語がさっぱりの、のだめ。
やはりフランスの地でも、千秋が飼育するしかないのか?

ということで、今回も爆笑と、シリアスがうまく融合したとっても楽しい巻になっていました。次が早く読みたい! とおもうこと間違いなしです。
千秋にはコンクールでライバルが登場。のだめは…とりあえず海外のアニメオタク兼同じ寮生の男の子と仲良くなりました(笑)

こんな風に書くと、リアリティがないように感じられるかもしれませんが、そんなことはありません。いわゆる普通の少女マンガとは比べ物にならないほどリアルです。コンクールの様相は、現地の音楽関係者の方に取材しただけあって、とっても臨場感に溢れています。まるで自分がコンクール観客席にいるような気分を味わえました。最近増えつつある、想像だけでつくられた都合の良すぎる、非現実的な作品とは別物です。
もちろん、マンガですから多少現実とは違うところがあるでしょうが、それがマンガの醍醐味であり、ユーモアでしょう。

千秋のコンクールでの充実した日々と苦悩、そしてのだめのフランス語習得方法と、千秋に飼育される日々を、ぜひぜひ堪能していただきたいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示