サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. ゆそかさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年2月)

ゆそかさんのレビュー一覧

投稿者:ゆそか

4 件中 1 件~ 4 件を表示

ぼくはここにいる

2004/02/13 20:53

こういう愛のかたちもあり

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

コバルトノベル大賞佳作と読者大賞のW受賞作。
いい、いい、という噂は聞いていたのですが、本当によかったです。
言葉では現せない基晴と惠の関係。
基晴にとっての惠がいつでも傍らで笑っていてくれる存在ということも、惠にとっての基晴がお守り石のような存在であるということも、すべてが切なくて、きれい過ぎて切なくなります。
こういう愛のかたちもありだな、と思いました。
惠から基晴への手紙の一文「今日も、明日も、これからもずっと、君に逢えるのが楽しみです。」で、不覚にも涙しました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本リムレスの空

2004/02/13 20:39

これからもどこかで

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

本当によい話でした。
もう終わってしまうのかと思うと寂寥感が…。
恐怖から逃げない、傷ついても自分独りで恐怖と向き合うことを止めない。好きな人たちと離れることでその存在を失うかもしれない、それを怖れている自分に気づき、そんな弱いとすら思える自分を見つめることを止めない。それは彼の強さでした。
どんなに傷つくことがあっても折れることなく、むしろ強くしなやかに伸びていく彼から目を話すことができませんでした。
これからもどこかで、そうやって存在しているような気がします。
彼がそうやって生きていく限り、彼の友人は彼を愛しつづけるでしょう。

このシリーズから教えられたことがたくさんありました。このシリーズを通して、人間同士ほんとうに分かり合えることは少なくて、でもだからこそその繋がりを断つべきではないのだと感じました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本波のうえの魔術師

2004/02/13 21:10

青春ものには違いない

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2年位前にドラマ化された作品の原作です。
私はドラマが始まる前から面白そうだな、と思っていて、観始めたら原作が石田氏だってことがわかって、ますます夢中になって欠かさずにチェックしていました。
主人公は長瀬くん、老投資家小塚役は植木等さんでした。
で、文庫化されるのを待って、即購入。

読んで驚きました。
ドラマとはかなり印象が違います。ドラマでは実在する銀行名は出てこなかった(と思う)のですが、原作には山一とか長銀とかがんがん出てきます。もちろん破綻したことも。さらに、ドラマとはラストが120度くらい違います。
ドラマを観終わったとき以上に、お金が怖くなりました。
ディーラーがクリックひとつで大金を動かす世界は、異世界でもなんでもなく、私の生活の同一直線状にあるわけで…。
株とか市場とか融資とか、さすが経済学部出身ってくらい、連出しますけど、そこは石田氏。
青春ものには違いないのです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本迷宮百年の睡魔

2004/02/13 21:03

次を期待しちゃってもいいんですか?

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

「女王の百年密室」から3年。
出版社が変わりましたが、続編です。
この本の帯に、「女王ふたたび すべてを彼女は知っている。すべてを彼女が操っている……。」とあるのですが…。
小さな島で、睡眠を繰り返しながら、人間の生の新しい形を生み出し、見守っている彼女。人間という存在を愛しているがゆえなのかな、と感じました。興味がある、っていうよりは、やっぱり愛なんだと思います。

ところで、ミチルとウォーカロンのロイディの会話、前作よりかなりすてきになってます。
作品のなかで、ロイディが、「ミチルは私の意見を誉めてくれる。これは情報として、非常に価値がある。またミチルの曖昧さを許容するために多くのメモリを使う。この作られたニューラルネット情報は重要な資産だ。私が変わっているのは、ミチルが他のユーザに比べて変わっているからだ」というようなことを言うのですが、そのくだりはとてもおもしろい。ロイディがかわいいし。
ミチルのロイディへの接し方って、子どもに接するときと似ています。
子どもは、他者に向けられる言動を見るよりも、自分に向けられる言動によって成長するのだろうと、私は考えているので。

そんなロイディを見て、女王は興味を示し、自分のウォーカロンのパトリシアに、ミチルに着いていくよう言う。そして、3人で島を出ることになるのです。
これって、次を期待しちゃってもいいんですか?>森先生
ミチルの謎もまだ中途半端ですし…。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

4 件中 1 件~ 4 件を表示