サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. kiwasakiさんのレビュー一覧

kiwasakiさんのレビュー一覧

投稿者:kiwasaki

2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本ルー=ガルー 忌避すべき狼

2001/07/17 10:57

ルー=ガルー

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 京極氏が、なぜこの近未来小説を書こうとしたのか、その動機に興味がある。

 小説そのものとしては、前半の展開がダルイので、京極というビッグネームがなければ、途中で放り出してしまう可能性大。最終の1/3に入ると、戦闘シーンとなり、俄然面白くなってくる。

 なぜ、前半がダルイかといえば、もちろん人物紹介やこの時代の仕組みの設定に説明がとられているからんですが、このリアルな人間的接触を失い、端末とモニターからの情報がすべての世界、すべてが数値化され、記録された世界というのは、人間が IT を便利さだけの為に追求してゆけば、まさしくこうなってしまうだろうと感じさせる。これは随分退屈な世界だと思うよ。いますでにリアルな人間接触がうっとおしい。バーチャルなネットのコンタクトがリアルに置き換わって居る人ってのも結構いるんではないか? と思われる。

 ラストもあまり希望があるとは思えない。彼女達の反乱が、この近未来の退屈な世界をうち破るような展開は出来なかったものか。このラストは、あまりに現実的でありすぎはしないか?

 私は、こういう世界が到来する頃にはすでに生きてはいないだろうからいいんでしょうけど、こういう世界に自分の子供達を置きたくは無いですな。

 エンターテインメント小説というよりは、近未来予言小説といった方がいいのかな。面白さだけを追求するなら、京極氏ほどの作家であれば、いかようにでも面白くできただろうにと思うのですが…。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本黄金の島

2001/06/09 21:46

黄金の島

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 久々の真保さんの長編ですが、イマイチというのが正直な感想。

 ベトナム人の人物設定、描写は優れているものの、日本人主人公の設定があまりに安易。その恋人の女性も。こんなヤクザの設定を安易にもってこられても困る!! この男の設定がいいかげんであるために、最大の山場である台風のシーンもイマイチ盛り上がらない。

 ストーリテリングとしては、退屈しないんで、読んでる限りは楽しめますけど、もう一度読みたいと思う本ではありません。

 真保さん、ごめんなさい。正直な感想でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示