サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. fixxさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年1月)

fixxさんのレビュー一覧

投稿者:fixx

4 件中 1 件~ 4 件を表示

桑港(サンフランシスコ)をはじめとするカリフォルニア移民の一断面

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

明治、あるいは新世界を求め、あるいは徴兵を逃れ、一番近いアメリカ本土へと太平洋航路で渡った日本人たち。とくに士族に多く見られたキリスト教帰依は、アメリカにおいても日本人教会の設立という形で続けられる。一方で中国人排斥による日本人移民歓迎のムードは早々に終わり、困難な時代を迎える移民たち。その時代を日本人キリスト教社会と長老教会ストージをサンプルに紹介する研究書。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

片山潜 歩いてきた道

2006/03/25 14:22

スクールボーイ・片山潜の自伝

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

家庭の下働きをしながら学校へ通う留学生・スクールボーイ、別名:下女書生の代表にして日本労働運動の重鎮・片山潜の自伝。
資料としては正確性を欠く部分もあると思われるが、本人の口からいま語られるような明治の青年のたどってきた道のりは興味津々。学校の近代史で居眠りした私のお勧めです(笑)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

明治を身近に読み解く

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

明治における労働組合と生協の先駆者であった高野房太郎。
短い生涯ながら、その後の日本のあり方に大きな影響を残した人物の初めての評伝。
本作は、著者が30年余りの歳月をかけ、WEB上で連載してきた労作の「ペーパー版」であり、WEBとは違ったアプローチで房太郎と片山潜、そして明治という歴史そのものの一端を極めて鮮やかに感じさせてくれる。
単行本のみでなく、WEB著作との連携という点でも注目すべき書。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

最暗黒の東京

2004/12/11 20:24

東京の深淵を覗く

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

1980年の発行でいまだに在庫が存在しているということ自体、ちょっとした感動。(さすがにコンディションの面で日焼などがあるようですが、気にしちゃいけません)
明治維新と(日本橋周辺の)文明開化による歪みがどんな東京を生み出していたのかについて知る資料としては第一級のもの。
読物としても、明治に興味がある方にはお勧めです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

4 件中 1 件~ 4 件を表示