サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 上林さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年9月)

投稿数順ランキング
先月(2017年9月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    中野 ジェームズ修一 (講師),日本放送協会 (編集),NHK出版 (編集)

    5つ星のうち 4.0 レビュー詳細を見る

上林さんのレビュー一覧

投稿者:上林

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本ICO 霧の城

2004/06/26 23:07

イコはぼくらだ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

この本の原作となっているゲームは、プレイしたほとんど全ての人に「感動」を与えた「名作」と呼べるものである。
その賞賛の源は圧倒的なグラフィックで描かれた霧の城の美しい風景と、何といっても「謎の少女」ヨルダの存在であったろう。
この本では、謎であったヨルダの過去や思いが語られている。
なぜ、あのような所に囚われていたのか?
そもそも彼女は「何者」なのか?
それらの謎が著者流の解釈を得て明らかになっていくのだが、そのさまは一種の「ヨルダ冒険譚」(!)の趣を呈している。
そして、それらの過去の出来事を知ったあとでは、ヨルダの事が一層悲しくそして愛しく感じてくる。
そして強く思うのだ。そう、イコと同じように「助けてあげたい」と。

ゲーム本編ではほとんど語られる事なく謎のままだった「世界」や「城」、「生贄」そして「ヨルダ」。
しかし、だからこそ人それぞれの解釈を可能にし、「名作」となった。
それゆえ心配している方もいるだろうから言っておこう。
この本は原作のイメージを壊すようなことは一切ない。
行間から感じるのは原作への愛とそのスタッフへのリスペクトだ。
当然といえば当然だろう。著者はその筋では有名なゲーマーでもあるのだから。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示