サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 憂国丸さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年6月)

憂国丸さんのレビュー一覧

投稿者:憂国丸

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本電波利権

2006/08/10 03:59

電波利権

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

テレビ番組の愚劣化はなぜ止らないか!
民法がバラエティとお笑い番組だけに終始しているのを放置していてよいのだろうか!
日本には優れた芸術家が綺羅星のように多く存在する
文学、演劇、音楽、各種芸能、そして識見のある評論を初めとする言論家の名士達も多く存在する!
にもかかわらずこれらの人々がテレビに登場する機会はほとんど無くなり、たまに見ればバラエティに飾り物のようにほんの一言三言の解説だけのために引っ張り出されている。
一方で、過日大阪の毎日テレビを偶然見る機会があったが
ワイドショーに出演している吉本興業のお笑い芸人がレポート先でコーヒーを煎れてくれたレポート先の女子社員に「熱いやないかっー、どアホッー」と大声で罵倒する場面が映し出されていた。
又、その後同じワイドショー番組で、小泉首相がクールビズを促進するためにアッピールとして沖縄のかりゆしを着用して登場したときはレギュラー出演している桂ざこばが「そんなことよりもっと他にすることあるやろっ、バカヤロー」と首相の映っているモニターに向かって怒鳴りあげる放送も見た。
日本は主権在民というが権利感覚が強すぎて然るべき立場の人たちにさえ敬意を払わなくなった、というよりそんなマナーさえ心得ない人達ばかりを好んで出演させるようになっている。
その原因は、ジャーナリズムが衰退しテレビが営利だけを目的に番組編成を行うようになったことに起因する。
そしてこの状況は政治家とテレビ局の関係を表す、
テレビが普及し始めた時、その電波の配分を新聞社系列企業にのみ認可を与え、他分野の参加を押さえ込んだ金権宰相田中角栄元郵政大臣に言及する。
毎日グループが首相候補者に絶えず田中真紀子を登場させ、旧田中派議員たちとテレビ局が殊更靖国問題で小泉首相を一方的に誹謗している遠因が文外に読み取れていく。
今後クローズアップさせテレビの健全化を計るために一読を薦めたい。
一読をお勧めしたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示