サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. バイシクル延髄さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年9月)

投稿数順ランキング
先月(2017年9月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    中野 ジェームズ修一 (講師),日本放送協会 (編集),NHK出版 (編集)

    5つ星のうち 4.0 レビュー詳細を見る

バイシクル延髄さんのレビュー一覧

投稿者:バイシクル延髄

2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本木島日記

2001/05/19 04:09

オカルトてんこもり

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 この小説は著者のあとがきに自身の小説は文学でもミステリーでもSFでもホラーでもなくまんがを原型とするキャラクター小説であるとしているようにある意味「まんが」として楽しめる、楽しむべき作品である。
 民俗学者折口信夫の名で書かれた日記。日記に残されていたのは時代を「仕分け」する仮面の男木島平八郎とその周りで起こった「あってはならない」事件。その日記を折口を狂言回しとして筆者が書き下していく形で物語は展開される。
 生体実験、ロンギヌスの槍、ナチスドイツとユダヤ人、熊沢天皇などとオカルト、SFファンにはタマラナイエピソードが詰め込まれている。この小説自体単体として十分に楽しめるものであるがしかしあくまでいうようにこの作品はコミックのノベライズであるので同タイトルのまんがもあわせて読むことでさらに楽しみを深められることはいうまでもない。まんがで飽き足らない人にお勧めである。
 あと、オカルト、SFに余りなじみのない人にはこの小説についてはまずはじめに「あとがき」を読むことをおすすめする。作者の虚構像に振り回されないように。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

読むファミレス

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 毎度おなじみ野中英次のナンセンスユーモア満載です。この人の漫画全般に言えることですが、読んでいる時にああ!暇つぶしと感じられることがすばらしい(誉め言葉です)。内容はといいますとなんといっても長いネームの屁理屈とオチ。ファミレス的暇人の会話の展開から突発的なオチ。ひっぱってひっぱって落とすというギャグの王道がツボの人にはおすすめです。いかにもお約束的なものもあれば「えっ、これで終わり?」と思わせるシュールなものもあり。その点で爆笑してしまうネタもあればまったく笑えないネタもあるといえましょう。なにはともあれ読んでみればわかります。読めばあなたの部屋はけだるい深夜のファミレスの空間に!。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示