サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 華 さんのレビュー一覧

華 さんのレビュー一覧

投稿者:華 

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本私が彼を殺した

2001/11/28 21:52

作者の意図

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 同著の名探偵の掟で、作者が度々言っている読者が推理をしないという問題を真っ向から扱っていて、読者が自力で推理しないと犯人がわからない作品。作者の言いたいことも理解できるが、私としては小説を楽しみたかったという気分。東野作品はいつも面白く読ませてもらっているが、作者のわなにはまらない様に気をつけて読んでいるうちに、この小説を小説として100%楽しめないのでは? と疑問になりました。
 とても興味深い試みだとは思いますが、作者が言っているように、読者はミステリーを読んで推理したいと思っていないと思う。読者はやはり、小説を読みたいのでは?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示