サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. パルテナさんのレビュー一覧

パルテナさんのレビュー一覧

投稿者:パルテナ

2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本ソドム百二十日

2002/02/28 00:24

サディズムの文学

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 サディズムの語源となったサドの代表作。人里はなれた陸の孤島の城館で、120日間に及ぶ乱交饗宴を、淡々と綴っている。人間の中にある、ドロドロとした闇の部分を暴き出すような作品で、時として、あまりの強烈さに震えすらおこってしまった。この文庫版は「ソドムの120日」から、序章の部分を訳してある。また、同時収録されている「悲惨物語」は、近親相姦による家族の悲劇を、物語りの中心としていて、反母権を唱えている作品だと思った。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本美徳の不幸

2002/02/28 00:29

勧善懲悪

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 サドの代表作のひとつ。ジュリエットとジュスティーヌの姉妹が主人公になっている。ジュリエットは、悪徳に生き、そして栄華を極めていく。ジュスティーヌは、美徳に生き、そして転落の人生を歩む。正義を貫けば貫くほど、酷い仕打ちと残虐な行為をされてしまうジュスティーヌは、最後まで報われないという事から、勧善懲悪の正反対を綴っている作品だと思った。ちなみに、この物語は、三度に渡って書き直されていて、これは、一番、始めのものとなっている。具体的には、「美徳の不幸」「ジュスティーヌ」「新ジュスティーヌ」となっている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示