サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. トロネイさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年9月)

投稿数順ランキング
先月(2017年9月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    中野 ジェームズ修一 (講師),日本放送協会 (編集),NHK出版 (編集)

    5つ星のうち 4.0 レビュー詳細を見る

トロネイさんのレビュー一覧

投稿者:トロネイ

4 件中 1 件~ 4 件を表示

きれいになりましたね

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 普通、芸能界離れていたわけですから、華がなくなったり、陰が出来ていたりするもんですが、きれいになっているのにビックリ。

 いや歌手としても実力ついてきていますし、本当にいい女になりつつある姿を見させて頂きますか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

再評価への道

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 それまでのドラゴンクエストシリーズのメインテーマであったロトの伝説という物語がIIIで完結し、天空伝説という事実上の新シリーズとなった、このドラゴンクエストIVは世間的にも必要以上に過小評価されている傾向がある。
 しかしこの作品へのそういった評価は決して正しいものとはいえない。この作品への評価のなかにあるロト伝説でなかったらドラクエではないというものがあるが、それは単純にオールドファンの感傷であったというのは、V以降のシリーズの人気が明らかにしている。
 そしてファミコンというハードスペックの限界があったAI機能の評判の悪さが、このゲームのその他の要素も吹き飛ばしている印象もある。それを考えていれば、間違いなく改善されているAI機能を持つPS版DQ4、本当にこの作品が真の評価を得られる日が来たのかもしれない、その世界に触れられる小説版ドラゴンクエスト4を楽しんでみてください。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

及第点以上の仕事

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 及第点以上の仕事は出来ている。いやこれはもちろんほめています。なぜならこの攻略本は、ゲーム発売と同時期に発売されるガイドブック本、それにしてこの情報量ならば充分。

 発売後、充分な分析が終わってからの完全攻略本の出来が、本当に想像できる。素晴らしい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

この世代の持つ特有のいやらしさ

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

この人に限らず、昭和三十年代生まれぐらいの人には受験エリート的なものへの幻想というか信仰があるんだなということを、大なり小なり感じるところがあるんですよね、この世代の人たちは自分たちの世代へのが自信あり、その根拠が受験エリート的な意識を支えにして、自分たちの世代の自信の根拠になっているような気が、凄く感じるんですよね、「厳しい受験生活を克服した人には、実社会での苦労なんて屁でもない」的なことをいうのも、この世代に多いような気がしています。これが正直、僕らの世代(昭和50年代)には理解できないものだと思う、この世代の特有の意識だと思う(いやそりゃたまにはいるけどね、我々の世代にもそういう奴は)。この疑問は多分私が低学歴であることからのひがみ意識だけの感想ではないと思うんですよね……多分(^_^;)。

フジテレビのニュース解説の木村太郎さんなんかは、『いまのゆとり教育を批判している主な世代は、自分たちのアイデンティである受験システムを壊されるのが怖いからだ』みたいな趣旨のことを、言っていたのですが(笑)。

いや本当に「お受験エリートの行き着く先がオウム」みたいなことがいわれてからまだ久しい時期に、それをなんの総括もせずに、オウム主要幹部と同世代の人が、「お受験エリート主義」的なものに対して、臆面もなく肯定するのは、まずくないかいとか思ってしまうんですよね。

自分たちの受験システムに対する信仰みたいなものが透けて見えるから、この人達の例えば「ゆとり教育批判」が痛い印象になるんでしょうかね。

そんな痛い印象しか得られない、著者によるエリート信仰書という印象。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

4 件中 1 件~ 4 件を表示