サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. lalalaさんのレビュー一覧

lalalaさんのレビュー一覧

投稿者:lalala

2 件中 1 件~ 2 件を表示

表紙にだまされないように。お子様むけではありません!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

とてもかわいいハムスターの絵にだまされて、ハムスター好きの子どもに、とっとこハム太郎かなにかのつもりで与えてはいけません。
わたしも「ハムスターかわいい!」と思って買ったのですが、内容はかなりセクシー。
ハムスターのえびちゅが、美人のご主人様と、その恋人のかいしょなし(どっちも名前がない)のお世話をする、というけなげなお話なのですが、このカップルとえびちゅのかけあいがおもしろい!
あとになるほど、セクシーさと過激さは増してきます。
が、いやらしい感じがしないのは、あっけらかんとしているからでしょう。
おとなのかたにはおすすめの爆笑コミックです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本殺意の集う夜

2002/07/27 11:25

かなりのくせ玉

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

嵐の山荘にとじこめられた、見知らぬ人々。
偶然とはいえ、次々に彼らを殺すはめになってしまった主人公だが、自分の相棒だけは殺していない。
この相棒を殺した犯人に、ほかの殺人をすべてなすりつけて、「わたしは正当防衛で犯人を殺しました」と言えば、のがれられる、と思った主人公は、さて、相棒を殺した犯人はだれだろうか、と推理を始める。
まさしく、殺人者が探偵、という魅力的な設定のミステリーだ。
しかし、後半にはいると、だんだん「ネタをつめこみすぎなのでは?」という感じになってきて、現実味が薄れてきてしまう。
うらがえせば、徹底的にミステリーというものを遊んだ作品で、ミステリー小説のなかでしかありえない設定を存分に味わう、という目的は達せられている。
好き嫌いはかなりはっきりわかれるだろう。
最後のかなり気持ちの悪いしかけには驚いた。エンタテイメントとしては、なかなかおもしろい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示