サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. mikoさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年6月)

mikoさんのレビュー一覧

投稿者:miko

2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本呪禁官

2001/11/21 11:32

ジャンルを超えたファンタジー

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 テレビゲームではおなじみの空間、科学よりも魔法、呪術のほうが力を持つ、という世界で展開する物語。そして、小説ではあまり見なかったと思うが、ありとあらゆる宗教の呪術をすべて同じランクに考えて、魔法を取り締まる呪禁官は、キリスト教から道教、密教にいたるまでの呪文を使いこなす。この、制約にとらわれない自由な発想が斬新でおもしろい。主人公の少年たちは、一人前の呪禁官をめざして修行にはげみ、この物語中で成長していく。しかし、まだまだ可能性がでてきたばかりのところで、話は終わっている。今後、どのように成長していくのかが、楽しみなシリーズだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

なまなましいルポ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 著者自身がもと刑務官で、新米の彼女が刑務所の中で、先輩にいびられたり、ベテラン(?)受刑者たちにいじめられたり、はげまされたりしながら、奮闘する日々を描いたルポ。刑務所の中で、受刑者がどんな生活をしているかを克明に描写するばかりでなく、刑務官がどんな仕事をしているか、また、どんな悩みを持っているかを、なまなましく伝えてくれるのは、著者がみずからの恥部までさらけだして書いているからだろう。一読の価値あり。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示