サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. こんぺーさんのレビュー一覧

こんぺーさんのレビュー一覧

投稿者:こんぺー

1 件中 1 件~ 1 件を表示

漫画の時間

2001/05/23 21:49

面白く「よめる」マンガ評論

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 この本を読み終えた時の気持をどう表現しようか。ありきたりの表現、簡便な言葉ではこの面白さは伝わらない。

 なぜなら、この本には「愛」がある。マンガへの愛、それも尋常ならざる愛。その「愛」が行間からありありと感じ取れるのだ。

 普通、「プロ」になると愛情とかが薄れるものだ。「いつも仕事で苦しめられているのに、この上、プライベートまでマンガなんて読んでらっれっかい」。これが漫画家の本音であろう。
 しかし、いしかわじゅんにはそんな気持は持ち得ない。漫画家としての着眼点で、絵の細部やペンのタッチから、作家個人に思いを巡らせる。そこには、マンガの表現力に対する絶対的な確信がある。
 読者はその確信から、いしかわじゅんの途方もない「愛」を感じ取るのである。それは信仰とも言えるかもしれない。

 私がこの本の面白さを伝えるには、文章力もさることながら、「愛」の絶対値、これがあまりに足りなすぎる。

 絶対面白い、それは保証しよう。あなたの貴重なお金は無駄にはなるまい。「磯野家の謎」の類しか読んだことのない人には是非とも買うことを薦める。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示