サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. あど@書斎の住人さんのレビュー一覧

あど@書斎の住人さんのレビュー一覧

投稿者:あど@書斎の住人

3 件中 1 件~ 3 件を表示

忘却の功罪。生命の意味。

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

忘れることの残酷。生きることの皮肉。ただ、純粋であることだけがほんの少しの希望。つらいばかりだった1巻よりは、いくらか前向きなのが救いか……。(presented by 書斎の住人)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

刑事ドラマ好きは必見。もちろんそれ以外の人も必見。

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 ベテラン刑事の赤山がボケて、新人の黒川もボケる。つっこむのは読者の役目だ。序盤は作者らしい脱力系コメディ。しかし中盤からは物語として指向性を持ち、感動のクライマックスへと読者を誘う。本格風刑事漫画の傑作だ!(書斎の住人 presents)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ヘウレーカ

2002/12/21 22:16

奇想天外、岩明節

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 紀元前3世紀のシチリア島を舞台とした一大叙事詩は、見事なアンチ英雄譚でもある。戦争という時代に翻弄されたある青年の数奇な人生、そのほんの1ページを一気に駆け抜けて見せる。鬼才の職人芸が堪能できる充実の一冊だ。(書斎の住人 presents)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示