サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 川島芳子さんのレビュー一覧

川島芳子さんのレビュー一覧

投稿者:川島芳子

1 件中 1 件~ 1 件を表示

インターネットの最新動向が一冊で把握できる

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

  2年前に発売された前作『インターネット「超」活用法』も購入して、刺激的に読ませてもらった記憶がある。「ドッグイヤー」といわれるネットの世界だけに続編が早く出ないものかと心待ちにしていた。
 本書は、前作同様に2部構成からなる。前半部は、最新動向を盛り込んだインターネット論、後半部は、一部には、もはや「ミシュラン的存在」として知られるホームページガイドだ。この手の本はたくさんあるが、ひとりの専門家が明確な基準を持って選定したものは、類書をみない。
 たしかに言ってしまえば、野口氏の独断と偏見によるホームページガイドだ。しかし、ネットのかなりの使い手である野口氏が自らの700にもおよぶ「秘蔵ブックマーク」を公開し、ひとつひとつにコメントを加え、星印でその有用度を評価する趣向は、非常に面白い。
 読むだけでも、「へぇ〜こんな便利なサイトができたのか」など、ネット界の最新事情が手にとるようにわかる。ちなみに「bk1」は、3つ星。4つ星評価が最高だが、4つ星サイトがほとんどない日本語サイトの中にあっては、かなり評価が高い。また、これも本シリーズの恒例だが、巻末袋とじのパスワードを野口氏の公式サイトに入力すると、紹介サイトに面倒なURLの入力なしでアクセスできるのもいい。
 前半部のインターネット論も、「似非IT信奉者」の痛いところをつく刺激的な内容だ。「ITで日本を再生させる」という具体性を欠いた論調。「IT」が何の代償もなしに夢のような未来を連れてくるという幻想。これらに対して、野口氏は「IT」が「革命」であることを忘れてはいまいかと鋭く指摘する。
 ひと粒で、二度も三度もおいしい一冊。ビギナーから、ヘビーユーザーまで自在に読みこなせる作りは、さすがである。願わくば、「年鑑」のような形で毎年発売して欲しい。その年のネット界の動向は、この一冊を読めばわかる、そんな本になってもらいたい。

公式ホームページ『野口悠紀雄Online』
http://www.noguchi.co.jp/


このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示