サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. SnakeHoleさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年6月)

SnakeHoleさんのレビュー一覧

投稿者:SnakeHole

224 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本鼻/外套/査察官

2008/07/20 08:43

落語調で訳されてないゴーゴリなんてこの先絶対に読む気にならないぞ

13人中、13人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 いまどきなんでゴーゴリをと訝しく思われる方もいらっしゃるでしょうが,これがその,光文社が今度始めた「古典新訳文庫」ってやつの一冊でしてね。キャッチフレーズが「いま,息をしている言葉で,もういちど古典を」てんですが,このゴーゴリの巻は東大の浦雅春ってロシア語の先生がなんと「落語調」で翻訳してるんでさ。ゴーゴリなんて「鼻」ってのをずぅっと昔,かれこれ三畳紀の終わり頃に「ちくま文学の森」中の1冊で読んだことがあるだけだよってテイタラクのアタシもそれなら面白く読めるかもしれん……ってオレまで落語調になるこたないんだが,とにかくそういうことなんである。

 いや実際,「ちくま文学の森」の「変身ものがたり」に収録された「鼻」(平井肇訳)から受けた印象とは全然違う。もちろんストーリーは同じもので(違ったら大変),ペテルブルグのある下級官吏が鼻を失くし,その鼻が床屋のパンのなかから出現,後難を恐れて捨てられると次は制服を着て街を闊歩するという話で,平井先生の訳ではシュールレアリズムというかアヴァンギャルドというか,なんだか人生の深淵に潜む真実を暗示しているかも知れないと言われればそうかと納得してしまいそうなそんな印象を受けるわけだが,これが落語調だといきなり「つまりは『あたまやま』なんぢゃねぇか」と合点が行くんだな。

 あのドストエフスキイが「我々はみなゴーゴリの『外套』から生まれた」とか言ったとかで長らく「ロシア写実文学の金字塔」あつかいされてきた「外套」も,なんだか似た話が落語にあったような(「品川心中」……あ,あれは生きてるのか)気がしてくるし,腐敗したロシア官憲の実情を告発したとして名高い戯曲「査察官」(従来採られていた「検察官」という題名はすんげぇ誤訳なので改めた由)も,まるで落語の速記本だ。そう言えばロシア人の名前って寿限無が地でいけそうなほど長ったらしいし(そんなことはありません)……。というわけで大層面白かったのだが,気がつくと結構問題である。何がって? だってもう,落語調で訳されてないゴーゴリなんてこの先絶対に読む気にならないぞ,これ読んだら。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本失踪日記 1

2005/08/04 08:55

世界がひっくり返っても絶対に宿無しにはならないだろうヒトも必読

13人中、13人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 いやどうにもこうにもこれはものすごいマンガである。数年前の「刑務所の中」(花輪和一著)もすごかったがこれもすごい。89年11月,マンガ家吾妻ひでおは月刊誌の仕事をほっぽり出していきなり失踪してしまう。そして……巻末にあるとり・みきとの対談によれば西武線の奥の方らしいんだが,とにかく団地のそばの雑木林の中でいわゆるホームレス暮らしを始めるのだ。
 なんつうかなぁ,オレなど昔から町で宿無し(上で「ホームレス」ちう言葉に「いわゆる」をつけたようにオレは基本的にこの横文字言葉が嫌いである。「宿無し」つう立派な日本語があるぢゃないか)の人を見かけるたび,明日は我が身というか,彼我の間に横たわる距離の短さ,壁の薄さを切実に感じてたクチなので,気持ちわかるなぁ。仕事キツいとき駅とかで電車待ってるとふと「逃げちゃおうか」とココロに浮かぶんだよな,やりませんけど。
 不審者として警察に引っ張られ,身元がバレてファンだという警官に子供宛の色紙を描かされるくだりが傑作。このへんは実話だけが持つおかしさだよな。全国の宿無しのヒト,潜在的宿無し候補のヒト,そして世界がひっくり返っても絶対に宿無しにはならないだろうヒトも必読。続編も楽しみである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

天下の講談社から「少年マガジン」への執筆を依頼されるあたりでは読んでるほうもコブシに力が入っちゃうもんね

13人中、12人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

著者の武良布枝って誰だ? と思った人は書名をよく見るべし。その本名は知らずともこの世に「ゲゲゲの女房」と言ったら一人しかいるまい。あの漫画家・水木しげるセンセイの奥様である。昭和36年1月30日(これはオレが生まれる2日前である),見合い後5日で当時貸本マンガ家だった武良茂(水木しげるはペンネーム)と結婚。新婚旅行もヘチマもなく上京し,調布の水木宅で極貧の新婚生活を始める。

センセイの代わりに原稿料3万円を貰いに出版社に行き,「水木さんのは売れないから」と1万5千円に値切られて食い下がり,往復の電車賃だけ上乗せして貰って帰るくだりや,「こんな収入で生活して行けるはずがない」と申告所得を疑う税務署員にセンセイが質屋の赤札の束を突きつけて「われわれの生活がキサマらにわかるか!」と怒鳴りつけるシーンなど,涙なくては読めません。

「ガロ」(懐かしいなぁ)に掲載した「勲章」や「不老不死の術」(両方とも「ねずみ男の冒険」所収)が注目され,ついに天下の講談社から「少年マガジン」への執筆を依頼されるあたりでは読んでるほうもコブシに力が入っちゃうもんね。水木ファン必読の一冊。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

二重スリット実験の映像に感動した。そして,あなたもそうだといいなと思ってる。

11人中、11人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 ケネス・W. フォードの「不思議な量子」に「電子は原子内の3次元空間に波として広がっている」という話が出てくる。「ああそうですか」と納得しちゃうヒトには簡単なのだが,これが以下のような実験をして導き出されたと聞けばどうだろう。
 電子銃から一度に一個の電子を放出する。その行く先には放出された電子を受け止める検出システムがあるのだが,両者の間には壁が一枚設けられており,その壁には二つ,縦長のスリットが開いている……。たとえばこれをピッチャーとキャッチャー,それにマウンドとホームベースの中間に置かれた壁とすれば,キャッチャーが受け止めたボールは必ずどちらかのスリットをくぐり抜けて来たことになる。常識ですよね?
 ところがこれが電子では常識ではなくなる。この実験器具を実際に作り一個ずつ電子を何個も検出システムにぶつけてみると,そこには典型的な干渉波のパタンが現れるのだ。意味解りませんか? つまり一個の電子は二つのスリットの両方を同時に通り抜けるのだ。そして互いに干渉し,また一個の電子として検出システムに到達する。おお,大リーグボール4号ですな,あれ5号かな?
 本書は,この実験(二重スリット実験という)をはじめとして,科学雑誌「フィジックス・ワールド」の読者が選んだ「美しい科学実験トップ10」を解説したものだ。エラトステネスによる地球外周の計算や,ガリレオが行ったというピサの斜塔から重さの違う球を落とす実験,ニュートンの太陽光分解,地球の自転を証明するフーコーの振り子……。
 果たして科学実験を「美しい」と呼べるのか,という哲学的な疑問に逐次答えつつ,著者は「科学する」ことの楽しさを余すところなく伝えている。もし時間がおありなら是非,
「Electron Waves Unveil The Microcosmos」にあるムービーをご覧あれ。これは日立製作所基礎研究所の外村彰さんがロンドンの王立研究所で1994年にやった講演のフィルムで,二重スリット実験で電子が干渉波を描くさまをその目で見ることができる。オレはこれを美しいと思った,正直言って感動した。そして,あなたもそうだといいなと思ってる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

「なぜ空って青いんだろ」と思ったこと,ありませんか?

10人中、10人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

一所懸命に思い出そうとしてみたのだが,どうしても思い出せなかった。いやね,ワタクシもご幼少のみぎり,「なんで空は青いのか」と疑問に思ったことがあり,周囲の大人に訊いてまわったことがあり,なんらかの(おそらくは間違ってたはず)回答をもらってそれなりに得心していたはずなのであるが,その幼いワタシが納得した「空が青いわけ」っていうのが果たしてどんなイカサマ的説明だったのか,その中身がさっぱり思い出せないのである。

で,気がつけば,だ。ヨワイ40を超えるオッサンになり,実のところ「なんで空は青いのか」というコドモの時の疑問の正しい答えを知らないのだ。他にもある。潮の満ち引きが月の引力に関係していることはオボロゲに知ってても,月は一日に地球のまわりを一周するだけなのになんで朝夕は二回あるのか,と訊かれたら答えられない。さらに追い打ち,なぜ朝夕,地平線や水平線の近くにあるときの太陽が大きく見えるのかも正確には説明できない。

この本を読めばそれができるようになる。子供にも威張れる。

その上,世に溢れるトンデモ知識をただせるようにもなる。赤道の北と南では流れる水が作る渦の向きが逆になるって大嘘(信じてるヒト,これウソだからね)や,アポロは実は月に行ってないというカプリコンー1的アメリカ陰謀話,UFO(未確認飛行物体)が宇宙人のはずがない理由,そしてハッブル望遠鏡に対する数々の誤解まで。

いやボクはワタシは文系だから,とか気にするこたぁない(そもそも著者の住むアメリカには「理系」とか「文系」という区別はない)。平明な文章とわかりやすい例示,中学生程度の理科的知識があれば理解できる話がほとんどだ。本書で著者も言及しているが,あのカール・セーガンが著した「人はなぜエセ科学に騙されるのか」の後継にして,あれほどシャクシジョーギでない読み物として,「なぜなに少年,どうして少女」を持つ親御さんたちに強くお勧めしたい良書である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本武士道の逆襲

2005/06/15 11:42

「ラストサムライ」を観て新渡戸武士道にカブレたニワカ国家主義者の方々必読の書

11人中、10人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

オビにもあるように「武士道は大和魂ではない!」という本である。
もともと武士という存在は平安期,律令制度の間隙に生じた荘園という私有地の拡大に伴って現れたいわば私兵・傭兵であり,有り体に言えば,人殺しの専門職,今風に言えばプロのテロリストである。その望みは国家の安寧でも正義の確立でもなく,ただひたすらに自分の生を全うすること……。
天下のご意見番として講談などでも有名な大久保彦左衛門が著わした「三河物語」,武士道といえば必ず引用される山本常朝の「葉隠」,武田家の名将高坂弾正の手になると言われる(異論あり)「甲陽軍艦」などを手がかりに,武士として生きた男たちの死生観,哲学を分析した快著と言えよう。
特に新渡戸稲造らが唱えた「明治武士道」と,実際の武士たちの「武士道」との違いを追求した後半は圧巻。そも「武士」を否定して成立した近代国家ニッホンが,なぜ明治も半ばを過ぎてからかつて忌み嫌った「武士道」なる言葉を引っ張り出して埃を払うばかりか,あまつさえ「Soul of Japan」(新渡戸の「BUSHIDO」の副題)とまで祭り上げなければならなかったのか,というあたり,「ラストサムライ」を観て新渡戸武士道にカブレたニワカ国家主義者の方々必読である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

中絶を容認しその水子を供養する日本人の心根をアメリカ人が読み解く

9人中、9人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 ご存知の通りキリスト教では妊娠中絶を(それどころか公式には避妊さえも)認めておらず,中絶問題に対する態度はアメリカ大統領選挙の結構大きな争点の一つ,ネットでも「Gun Control」や「Mac vs Windows」と比肩する「聖戦ネタ」の一つである。そんな倫理観を持つ欧米人にとって,殺生を禁じる仏教がその行為を容認し,宗派によっては堕胎した子供を「水子」と呼んで供養するという日本の状況はとってもフシギなものらしい。著者ラフルーアはペンシルヴァニア大学教授で日本思想を専攻。本書は彼が,日本人のこの生命倫理観の源流を追い求めて1992年にまとめた,実に刺激的な日本文化論「LIQUID LIFE:Abortion and Buddhism in Japan」の全訳である。

 オレは別に水子研究者(そんなのいるのか?)でもないし,仏教徒ではあるけどウチの宗派(浄土真宗)は所謂水子供養をやらないことで有名である。にも関わらず,当初「外国人のセンセが日本の文化について外国のヒトに説明するために書いたホンね。どこまで日本人の心が分かっているのやら」と斜に構えて読みはじめた。だってそうでしょ? レイプされて出来ちゃった子供でも中絶はいかん,何故って聖書に「産めよ,増えよ」と書いてあるからってな具合にあっさりした頭ぢゃ日本人が水子を供養する気持ちなんか分からんよ,と思うでしょ?

 しかしまぁ予想されたことながら,頭の中があっさりしてる事ではオレもあんまり負けてなかったわけで(笑),読み進むにつれて目からウロコの落ちまくり,ああオレはこんなにも日本人のことを知らなかったのか,と反省することしきりであった。そのいちいちをここで開陳するわけにはいかないが,例えばあの「木枯し紋次郎」で有名な「間引き」という言葉。気づかなかったのはオレの迂闊だがあれはまさしく農業用語,苗の中から弱そうなものを抜いてその分の養分を強いものに回すことである。そりゃもちろん農民が人間の子供を間引くのは貧困の故だったろうが,そこに「その犠牲によって外の者が救われる」という含意があるとは蒙を啓かれた。

 まだある。上にみたキリスト教に代表される多殖主義(フィカンディズム)は世界に共通する原始的宗教意識の現れである。神道によくある男根女陰の生殖器官を表象したご神体もその一つであり,つまりそれは「部族間闘争において優位に立つためには頭数を増やすことが大事だった」という「陣取り合戦的人類史」の名残なのだ。そして歴史上唯一,こうした原始的宗教意識のくびきを脱却したのが仏教なのであり,堕胎を容認し水子を供養する日本人の生命倫理観は,その仏教哲学の日本的バリエーションの中に生まれた。

 難しい? 下世話な言い方をすれば,世界中に数多ある宗教の中で「多産を善」という教義を持たないのは仏教だけなのだ。だからこそ江戸時代,荻生徂徠などの御用学者は「仏像など無駄だから鋳つぶして貨幣にしたほうがいい」とまで仏教を攻撃したし,明治初期,富国強兵を推進した明治政府は廃仏毀釈を断行したのである。歴史上為政者が多産を奨励したのは例外なく税収が増えるからであり,増えた国民が幸せになるからではない。これはどこの国もおんなじなんだけど,どこの国でも馬鹿な国民はそんなこたぁないと思ってんだよね。

 上にも書いたようにこの本の原著は1992年の出版なので,現在のニッポンには当てはまらない記述もある。曰く「学校中退率は日本ではわずか6%であるのに対して,合衆国では30%になる。日本の薬物中毒やレイプ犯罪は統計的に僅少である。日本の都市の子供が生命の危険を感じないで暮しているのは大人も子供も殺傷力のある武器を所持しないからである」……。いやぁ,我々のクニはこの15年の間もやっぱり「アメリカに追いつけ追い越せ」と必死で努力してきたんですなぁ,と涙が出ますね(笑)。とにかく,中絶問題のみならず,宗教や文化人類学に興味がある人にもオススメできる労作,労訳であります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本銀河ヒッチハイク・ガイド

2006/01/02 10:29

そうか,「スラーティバートファースト」は「ちょうちん屋ぶら右衛門」みたいな名前だったのか

9人中、9人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 映画の公開(2005年9月)に合わせて新訳が出てることを知って衝動買いした。オレは昔の新潮文庫版(風見潤訳)も持っているのだが,なるほど「訳は世につれ世は訳につれ」と巷間言う通り(言わない)である。銀河系大統領のファーストネームはザフォドからゼイフォードと,おそらくはより発音に忠実な表記に替わり,宇宙最強のカクテルの名前も汎銀河ウガイ薬バクダンから汎銀河ガラガラドッカンという,どっか麻布あたりのこじゃれたバーでメニューに載っていてもおかしくない(おかしいか)今風なものに変わっている。
 なによりオレが感動したのは,巻末の解説なんだけど,惑星制作請け負い業者の老人の名前に関して言及のあったこと。本文ではこの老人が自分の名前,スラーティバートファーストを地球人アーサーに明かすのを躊躇し,聞き出したアーサーが「スラーティバートファースト?」と聞き返すだけ(つまりなんで老人が名前を言いたがらなかったのか全然わかんない)なんだが,訳者の安浦さんはこれのどこが笑えるのかをネイティブに訊いてみたんだそうな。その答えは「なんとなく語感が滑稽だ」。
 ……なぁるほど,つまりこれは日本で言えば「ちょうちん屋ぶら右衛門」とか「治武田治武右衛門」(どっちも落語の登場人物)とかつう感じの名前なのか,そうかそうかと深く納得。ところでこれまた解説で知ったのだが,本家英国ではこれ,TVシリーズも作られていたんだね。映画化を当て込んで日本でも発売された。世にもチープな造りらしいが「銀河ヒッチハイク・ガイド/TVシリーズ全6話」かぁ。うう,買ってしまいそうである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

「もしもあの時」を考えた結論が「生まれたところからやり直せれば」になってしまう世の中は悲しかろう

9人中、8人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 いやはやなんとも,レビューするのに「ずく」の要る本である(「ずく」ってのは信州の方言で「気力・体力」てな意味である)。……アサッテの方から話を始めよう。手塚治虫の「ザ・クレーター」というSF短編のシリーズの一編に「大あたりの季節」というのがある。ものすごくかいつまんでいうと,主人公の中学生オクチンが偶然時を逆流する河を見つけ,これを利用して憧れの少女クミちゃんのハートを射止めるという話なんだが。……これぢゃかいつまみ過ぎで話が終わっちまうか。まずオクチンはクミちゃんに花を贈る。彼女の答えは「あたし黄色いセーターのヒト嫌いなの」(ま,彼女も中学生ですからね)。言われたオクチンは時を遡り,青いセーターに着替えてやり直す。次は言葉遣いが嫌われてやり直し,渡し方がぶっきらぼうでやり直し,最後に風呂に入ってやり直し……と繰り返して,遂にクミちゃんはオクチンに首ったけ,テストはいつも満点で……とまぁ「大あたりの季節」なわけなんだけどね。

 この漫画を読めば,いやこうしてアラスジを知っただけで誰もが思うだろう。そう,誰の人生にも「もしもあの時ああしてたなら……」と思い返さずにいられない「あの時」というものがある。あそこで間違えなければこんな人生にはならなかった,と思うような,ね。でもなかには「どこでどうすれば良かったのかも分らない,後悔もできないような人生」があって,しかもそういう人生を送る,送らざるを得なくなっているヒトが増えている,というのがこの本の内容なのである。

 たとえば第2章で紹介されているヨウコさん。いわゆる派遣のウェブデザイナー……そう聞くとかっこいいと思う高校生とかもいるかも知れないが実態は悲惨の極み。が,ここで注目して欲しいのは彼女の来歴。就職氷河期と言われた2001年,大卒の就職率57.3%の補数側(つまり42.7%側ということだ)に入ってしまった彼女は「手に職をつけよう」とアルバイトをしながら勉強し,派遣会社に登録してウェブデザイナーとして働き出す。現在30歳,派遣社員のまま時給は上がらず将来への不安が拭えない。……ここまでで「もしもあの時に」があるとしたらどこ? 就職できてたらちがった? でもできない率42.7%だぞ。これは彼女のせいとは言えまい。

 あるいは第5章に出てくるハルミさん,高校を卒業後,看護学校に行きたいと言ったが両親に反対され(両親は「さっさと嫁に行け」と言った),花屋でアルバイトをしながら独学でホームヘルパー二級の資格を取る。……ところが引く手数多に見えるこのホームヘルパーという仕事,実はキツくてヤスいので離職率が高く,だからこそ求人が絶えないというトンデモ仕事なのだ。契約世帯を回って介護が必要な老人などの食事の世話や買い物などをサポートするわけだが,信じ難いことに1つの訪問先から次の訪問先に移動する時間は時給にカウントされず,その交通費も自分持ち。実質12時間拘束されて給料が支払われるのは4時間半。やがて彼女は精神を病み,20キロも痩せて仕事を辞める。彼女の「もしもあの時」は? あったとしたらいつだと思う?

 「探せば仕事はある。贅沢を言わないで働け」とエライ人たちは言う。30歳の派遣社員に舌打ちしながら仕事の指示を出す20代半ばの正社員は,自分たちが彼らよりエライと思ってる。本書に出てくるマスコミ関係者は「そもそも年収200万や300万で働いてるほうがバカなんだ」と言い放つ。なんかこの国では「正社員」と「派遣」という新たな階級分化が進行中のようである。「大あたりの季節」で,敵役である井戸井はオクチンからクミちゃんを奪おうとして流れを遡り過ぎ,遂に「最初からいなかった」ことになってしまう。「もしもあの時」を考えた結論が「生まれたところからやり直せれば」になってしまう世の中は悲しかろう。誰だって「爺が総理大臣で親父が大富豪の家に生まれてたらな」とは思うとしても(笑)。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本銀齢の果て

2006/07/17 06:33

文字通り「筒井文学の新たな代表作」である

8人中、8人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 ベストセラーともなり映画化もされた高見広春著「バトル・ロワイヤル」の設定を,増え続ける(そして御大自らその一員であらせられる)高齢者に置き換え,しかも「そのへんの町内」で殺し合いが行なわれるという,これがスラップスティックにならなくてなにがスラップスティックになるかという舞台立て。なんつうか,軒を借りて母屋を乗っ取ったばかりかその母屋を超高層ビルに建て替えた上でゴジラに壊させたみたいなシロモノ。なにを書いているやら自分でもよくわからないが,いやはやなんともこれはスゴイ。
 増え過ぎた老人対策の決め手として厚生労働省が打ち出した「老人相互処刑制度」。早い話が70歳以上の年寄りを減らすため,ブロックごとに殺し合いをしていただき,生き残ったお一人だけにその地区で永らえる権利を与えましょうというわけ。バトル期間は一か月。殺し合いの邪魔をするものは対象者でなくても殺して構わない。宮脇町5丁目で老舗の和菓子屋を営む宇谷九一郎(77歳)は,他の地区でバトルを生き残った経験のある友人猿谷を助っ人に頼む。元自衛官に元プロレスラー,白髪鬼と呼ばれる大学教授に捕鯨船の銛撃ちまで,町内にひしめく58人の強敵(?)を相手に果たして彼は生き残れるのか……。
 と,いうのが大筋なんだが,この「老人に殺し合いをさせる」という発想がスゴいのだ。単に高見作品の中学生をジジババにしただけではないか,と思うあなたはガキである。いくら殺し合いという極限状況に投じられたと言っても,所詮は10数年しか生きていない少年少女,やることも考えることもガキではないか。彼らの死に様を通して,オトナの読者に人生の悲哀や命あることの喜び,愛の矛盾や相克を感じさせることができると思いますか? それが老人ならできるのである。彼らは一人一人,多種多様な過去を背負っており,それぞれの人生観を持っている。
 かつて「バトル・ロワイヤル」に関して,ビデオ・ゲームのように人殺しを描いているとかいう批判を目にしたことがあるが,この「銀齢の果て」はスラップスティックの形を借りて,血も骨もある生身の生をビデオ・ゲームのキャラクターのように扱って恥じないこの「社会」を照射しているのである。面白うてやがて悲しき,オビにそうある通り「筒井文学の新たな代表作」と言えよう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

一読すれば明日からマンガを読む目が変わりますよ

7人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

こんな本が1998年に出版されてたんだ,ちいとも知らなかった。

作品の根底にながれる歴史観がどうだとか,近代的自我がすべったころんだ痛かっただとか,文芸評論と何が違うんだか分らないマンガ評論が多いなか(つうかそんなのばっかりだけどさ),自身作家でもあるこのヒトのキチンと「マンガ表現」に,もっとはっきり言えば「マンガにしかない表現」に支点を置いた評論はとっても貴重なものだ。

1960年代始めに生まれたワタシにとっての「先史時代」,手塚マンガのどこが革命的だったのか。……よく映画的構図の導入だとか半可通的に言われるが,そんなものよりも人物の感情表現,喜怒哀楽を示す記号的表現の創造こそが重要だと夏目センセイは喝破する。

怒りを表現するこめかみの血管や,不安を表す汗,焦ったときにはその汗がアタマのうえに放射状に散らばり,叫ぶとフキダシも破裂する。これら実際にはありえない(あんたは頭の上に汗散らして焦ったことがありますか?)漫画的記号を数多く生み出し,生み出しただけではなく読むものに意味がわかる「記号」として定着させてしまったことこそが手塚マンガの革命なのだ,と。

そんなたいしたことかって? 決まってるでしょ? 登場人物の細かな感情の機微が読者に伝わるからこそ複雑な物語を表現できるのである。納得が行かないヒトは例えば源氏物語絵巻にでてくるあの下膨れ顔の人たちがあの顔のままで「ベルサイユのバラ」の台詞をフキダシ使って言いあってるマンガを想像してみなさい。いみじうおどろおどろしとこそおもひけれ(別に意味はないので古語辞典とかで調べないように)。

しかしその革命を成し遂げた手塚自身が徐々にその自らの「成果」に追われる立場になる……。この本の真のヨミどころはこっちで,白土三平,水木しげる,つげ義春,大友克洋などのマンガ表現を手塚を源泉とするある種の表現技法史のように読み解いていく過程は圧巻。一読すれば明日からマンガを読む目が変わりますよ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本こまった人

2009/03/04 09:16

落語の若旦那が夢想するような仕事がない理由は社会に必要ではないからである

7人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

やっぱり養老先生は面白いなぁ。このヒトの著作を読むたびに,僭越ながら「ああ,オレのように考えるヒトがここにもいる」と嬉しくなる(まぁ年齢から言えばオレの方が「養老先生のように考える」のだけど)。

イラクへの派兵問題について「なんで掘ればたんと石油が出るような国を日本が『経済援助』しなくちゃならんのかわからん」と言い,「靖国に参拝するコイズミの心情は信頼するが(そのころの連載をまとめたものなのね),『親米』と『親ブッシュ』をごっちゃにしてんぢゃないのか」と苦言を呈する。「都会人の問題は,意識的活動こそがまともな活動だと思い込んでいることである」と喝破し,返す刀で若者が「自分にあった仕事」を探し続ける愚を嗤う。

特にこの,「それが社会に必要だからこそ仕事が存在し,社会にとって必要だからこそ,人々は仕事をするのである」との言はオレも最近つくづく思うようになったところだ。オレはなにも目指したわけではなくなりゆきでプログラマーになったし「30歳定年制と言いますよね」とか言われながら48歳になる今までそれを続けている。

次から次へと出てくる新しい技術についていくのは大変ぢゃないですか,と聞かれることもあるが,「こういうこと,できませんか」と仕事の話がくればそれなりに勉強だってしてしまう。養老先生のおっしゃる「社会」ってのはそんなに広いもんぢゃない。誰かに必要とされて仕事をこなし,それに見合った報酬が受け取れればそれはありがたいことではないか。

オレ自身が夢想する「自分にあった仕事」ってのは落語の「湯屋番」に出てくる若旦那と同じ。「ちょっとしゃれた洋服を着て,札束をかばんにつめて,赤坂新橋のキレイドコロを連れて日本各地の温泉を回ってくるという……」てなもんだが,そんな仕事はもちろんないのであり,そういう仕事がない理由は社会に必要ではないからである。

ここまでは先生も書いておられないが,ケータイに1日誰からもメールが来ないと不安になるほどの「社会的存在」でありながら,同じ若者がこと仕事になると「自分にあった」だの「自分のキャリアになる」だの傷のついたレコード(古いな)みたいに「自分,自分,自分……」というのはどんなもんか……てなことを思いつつ,オレも先生のように「67歳になったら」好きなこと(先生の場合は虫取り)をやれるようになるだろうかと考えると,残念ながらそれは少々心もとないが。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

あなたこの本はS・キングよりH・P・ラヴクラフトより楳図かずおより怖いっすよ

12人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

オビにあの養老孟司先生の言葉として「S・キングよりも怖かった」とある。同感である。あなたこの本はS・キングよりH・P・ラヴクラフトより楳図かずおより怖いっすよ。

……どっから話を始めていいやら迷ってしまうが,まずはこの本の成り立ちからご説明しよう。これは著者・岩村さんが室長を務めるマーケティング会社アサツー・ディ・ケイの200Xファミリーデザイン室が1999年〜2000年,2004年〜2005年の二度に渡って総計223世帯を対象に行った「フツウの家族の実態調査(クリスマス・お正月編)」の結果報告である。

この調査は,より真実に近い姿を把握するため「調査者の経験に基づく想定」を超えられない選択肢方式ではなく,全面的に記述式を採用している。簡単に言えば「あなたはAですかBですか」と訊くと,ホントはCやDの人もAかBのどっちかを選んでしまう,これはまずいので自由に文章で書いてもらった,ということだ。もちろんその分集計作業は困難を極めるわけだが,だからこそこの恐ろしい現実を浮かび上がらせることができた,と言える。何がどう恐ろしいかって? それを上手くかいつまんでお伝えできるだろうか……。

たとえばクリスマスである。あなた,いくつまでサンタクロースを信じてました(まだ信じてたらごめんなさい)? オレの個人的な感覚では,中学生になったガキが「今年はサンタさんに☆☆をお願いするんだ」と言ってたらちょっとそれはどんなもんか,と思う。ところがある母親(41歳)は言うのだ。「中高生ぐらいになると現実感が出てきて信じなくなっちゃう子も多いみたいですけど,サンタクロースを信じてるうちはウチの子大丈夫だって,私は思ってるんです」……。「現実感」って言葉の使い方間違ってるけど,問題は「中高生」つうとこですな。中高生の「高」ってあんた,高校生でっせ? そいつの将来大丈夫か?

お次は正月である。20歳と18歳の娘を持つ母親(48歳)は言う。「私は自宅で御節(おせち)なんて今まで一度も用意したことないんです。だってお正月はいつも両方の実家を掛け持ちで回りますから」。……まぁここまではいい(よくないか)。こういう人はとても多いのだが,その大部分がその行った先で上げ膳下げ膳,何一つ準備を手伝わないのだ。いや百歩譲ってそれもよかろう(よくないか)。いよいよS・キングっぽくなるのは,その片方の実家で例えば老母が怪我をしたとかでお正月の準備ができないとき,彼女たちは「怪我でたいへんなのに迷惑かけちゃ申し訳ない」とかでもう片方の実家にだけ行くのである。自分が行ってそのたいへんさを軽減してあげようという発想は全くない。こういう人もいる。「夫の実家では食べたあとでたくさんの食器を義姉とかみんなで手洗いするんですよ。今の時代は使い捨ての紙皿もあるし,洗うなら私たちお客様がいなくなってからすればいいのに,私にも手伝わせるんです。すごく強制的だと思いませんか」。……全然そうは思いませんが,オレ,変なのかなぁ。

こんな風なので実家に行かない家庭でも御節を作るというウチはとっても少ない(これはウチも作らないからヒトのことは言えないが)。ところがここでまた驚くのは,お正月の朝の食事をトーストと牛乳で済ませながら,その同じヒトが「日本の風習をきちんと子供たちに伝えて残していきたい」と言い(書き),この行動と意欲が本人の中では全く,全然,これっぽっちも,スズメの涙,アリの小便ほども矛盾していないらしいことなのである。

ながながと書いたが全然書き足りない。こんだけ読んだだけでは「そんなの特殊なバカ母の例ぢゃん」と切り捨てたり,あるいは「女にだけ料理や後片づけをしろっていうの!」といきり立つヒトもいるだろう。でも「私は日本の伝統を大切にしたいので御節は全部手作りしてます」といいつつ,食卓には蒲鉾,伊達巻などの市販品があるだけのヒトが「煮物は作れないのでなくなっちゃいました」とあっけらかんと言う姿は,総論で「無駄遣いをやめ財政再建を」と言いつつ個別の案件になると「それは削れないあれは大切」と言い出す政治家や官僚にオーバーラップするものがある。「日本」が壊れていくというか,2ちゃんねる風に言えば「日本オワタ」つうとこですかな。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

物理学つうのは「現実にモノサシをあてる」学問ではなく「現実にあてられるモノサシを探す」学問なのだなぁ

9人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

読むのタイヘンだったがその甲斐は充分あった。我々が学校で習った(でしょ?)ニュートン物理学を起点に,まるで底か抜けるように発展してきた物理学の歩みを一切数式を使わずに解説,相対性理論,量子力学から素粒子物理学,超ひも理論と進み,最終的には現在彼女が取り組んでいる余剰次元宇宙論まで突き進む意欲作。

いやこれを読んでくださっているあなたがこの分野にどのくらい造詣が深いのか不明なのでナンなんだが,オレなど「タテ,ヨコ,タカサ以外の次元が目に見えないのはその次元が小さく巻き込まれているからかも知れない」あたりで3枚,量子を縛りつけるブレーンという概念が出てきたところで30枚と目からウロコが落ちまくり。物理学つうのは「現実にモノサシをあてる」学問ではなく「現実にあてられるモノサシを探す」学問なのだなぁと感じ入った。

監訳にあたられた東京大学ビッグバン宇宙国際研究センター教授の向山先生があとがきで述べておられる通り「翻訳は熱力学の第二法則に従い,エントロピーを増大させる」ものではあるが(一昨日までの仕事でそれは痛感してますが),その増大が最小限に抑えられている(ような気がする……原書を読んだわけぢゃないので確言はできないが)翻訳も見事。各章の冒頭に引用されているロックの歌詞(曲名が書いてないのでわかんないのも多いけど,フリートウッド・マックのは「RUMOURS」所収の「GO YOUR OWN WAY」ですな)や寓話もセンスがいい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

空飛ぶスパゲッティ・モンスターこそが天地創造を行ったのだ(笑)

7人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 「インテリジェント・デザイン(以下ID)」という言葉をご存知だろうか。簡単に言えば,「生物の複雑さは進化論などでは説明がつかないほど精妙なものだから,なんらかの知的存在がデザインしたに違いない」という説で,早い話が「神による天地創造説」を「なんらかの知的存在」に置き換えてアメリカ・キリスト教右派がひねくりだした詭弁である。

 で,彼らはそれを「神の仕業」としたら宗教だけど「なんらかの知的存在」だったら「科学」であると主張,進化論を学校で教えるのならこのIDも一つの学説として学校で教えるべきだと言うんですな。「なんらかの知的存在」ではどうもないらしいジョージ・ブッシュもこの説を取り上げ,公立の学校でこれを進化論と共に教えることに賛意を示している。

 この詭弁を逆手にとり,「空飛ぶスパゲッティ・モンスターこそが地球を創造した」という学説を展開,進化論,IDと一緒に公立高校で教えるべきだ,と主張したのが本書である。著者ボビー・ヘンダーソンは数々の実証的な証拠によって空飛ぶスパゲッティ・モンスターこそが天地創造を行った「なんらかの知的存在」であることを論証。ウェブサイト(http://www.venganza.org)で布教活動を進め,全世界に1000万人(主催者発表)の信者を集めているという。

 いや,ぶっちゃけ冗談なんだけどね(言うまでもないか)。この冗談が実に念の入ったもんなのである。いわく「重力というのはスパモン(空飛ぶスパゲッティ・モンスターの略)がその見えざる触手で我々を引っ張っている力である。人口が増えるにつれて人類の体格が向上したのは一人当たりにかかる触手の数が減るからだ」とか「エジプトの神聖文字の中にスパモンを描いたとしか思えないものがある」とかいうわけだ。

 なかでも傑作は旧約聖書を模した「ヌードル聖書」。1日目「光あれ」と言って光を作ったスパモンは,光と闇を分け,光を昼と,闇を夜または「ゴールデンタイム」と名付ける。2日めにはビールを吹き出す火山を着くって酔っ払い,3日めに昨日「陸」と名付けたばかりの場所を「地」とも名付けてしまう。紆余曲折あって彼は小人と女を作り,彼らに食い物を全部食べられてしまって自分でパスタを茹でる。スパモンがその茹で汁を流すと地上では洪水が起きて「ノアの水上動物園」を作ってる最中だったノアの一家だけが助かる……と言った具合。

 要はこれを読んで馬鹿馬鹿しいと思うヒトはID説だって馬鹿馬鹿しいと思えるように書かれた「福音書」なんだけど,逆に言えばIDを信じちゃうヒトはこれを信じて馬鹿にされなさいということでもある。ひとつだけ気になることと言えば,本書の随所に「パスタをよぉく煮込む」みたいな記述があり,どうもボビー・ヘンダーソンが美味だというスパゲッティはアル・デンテではないらしいことくらいか。いや,アメリカ人ですからね(笑)。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

224 件中 1 件~ 15 件を表示