サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. Junさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年3月)

投稿数順ランキング
先月(2017年3月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

    3月のライオン(1)

    3月のライオン(1)

    羽海野 チカ(著),先崎 学 (将棋監修)

    5つ星のうち 4.5 レビュー詳細を見る

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    はらぺこあおむし 改訂

    はらぺこあおむし 改訂

    エリック=カール (さく),もり ひさし (やく)

    5つ星のうち 4.5 レビュー詳細を見る

Junさんのレビュー一覧

投稿者:Jun

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本ほぼ日刊イトイ新聞の本

2001/06/03 04:34

飛んで火に入るイトイさん(^_^;)

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 糸井重里氏、はじめて見たのはNHKのテレビの司会であった。最初の印象は、鼻の穴の大きなおじさんだなあ、であった。そんなにテレビウケする様な顔でもないし、それ程しゃべりが上手い様にも見受けられなかった。コピーライターという職業らしいが、何故この人が、番組の司会をやっているか全く分らなかった。それが彼の最初の印象であった。

 が、その後、週刊文春の「萬流コピー塾」とゆーコーナーで彼がコピーライトの塾長をやっていたのだが、そこではじめて彼の、優秀さ、鋭さを見せつけられたのだった。う〜、そーゆー見方があるのかあ!と、毎回毎回発見の連続だった。それ以来、チェックしている人、それが糸井重里氏である。

 つまり、外見ではなく、100%中身で認められている人なわけである。

 さて「ほぼ日刊イトイ新聞の本」である。

 この本は「ほぼ日刊イトイ新聞」のあれやこれやを通して、糸井さんの人となり、糸井式生き方、糸井さんなりの発見が、発見できる本だ。それがこの本の本質だと思う。

 この本の中で、糸井さんは「ああ!そーゆーことだったのか!」とゆー自分なりの発見を多く書かれている。糸井さんの発見と同時に、読者も同じ?発見を追体験することになる。これがこの本のお得なところだろうか。クリエイティブな人であれば、その発見、新しい知見に基づいて、さらに新たな発見をするかもしれない。

 クリエイティブなものに最も価値を置く人間は、読む事をオススメする。クリエイティブなものに価値を置く糸井さんは、その価値基準故に、自らウィルスを受け入れ、自ら闘病している様にも読める、大変面白い本だ(^_^;)
 クリエイティブ至上主義を実践すると、どーなるかを先頭きって体験してくれている。

 価格が1700円と高価なので、本当は書店で立ち読みで済まそうと思っていたのだが、読み進むうちにハマッてしまって、結局買ってしまった(^_^;)
 最初の方にある「流行っていたイトイ、流行らなくなったイトイ」の部分を読んでハマッてしまったのだ。

 自分の事を「流行らなくなったイトイ」などと表現している部分を読んで、この本、真剣に、マジで書いてるなと思い、吸い込まれ買ってしまったのだった。

 とゆーことで、糸井ファン、クリエイティブ至上主義者は、是非、読もう〜。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示