サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. uharaさんのレビュー一覧

uharaさんのレビュー一覧

投稿者:uhara

2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本われらの時代 改版

2002/03/28 01:52

圧倒的なリアリティに満ちた青春小説

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 40年前の作品とは思えない、素晴らしい青春小説。自殺だけが唯一の純粋な行動であり、にもかかわらずそれを決行できずに生きていくほかない、それがおれたちの時代だ、と40年前の主人公は言う。確かに描かれる時代状況は60年代のそれだが、この精神状況はいまも十分当てはまるのではないか。異様な湿気に満ちた吐き気を催すような性描写や、爆死するバンドマンといったショッキングな筋立てもリアル。昨今の小説にはない、圧倒的な衝撃力を持った作品だ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

阪神間研究のための画期的な一冊

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 かつて独特の文化とライフスタイルを開花させた阪神間の街。それは我が国の近代都市形成史の過程でも独特の位置を持っている。戦後、急速な「東京化」と震災による打撃によって、往時の文化の面影や記憶が失われつつあるいま、本書の持つ意義は大きい。個々の論文も興味深いが、何よりも面白いのは豊富に収録された当時の写真や地図、パンフレットなどで、往時の息吹が伝わってくるようだ。本書をきっかけに、今後、阪神間モダニズムについての研究が進展することを期待したい。阪神間モダニズムの全体像を概観する格好の入門書である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示