サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. さいとうきょうこさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年1月)

さいとうきょうこさんのレビュー一覧

投稿者:さいとうきょうこ

1 件中 1 件~ 1 件を表示

リプリー 新装新版

2003/02/15 20:04

「リプリー」と「太陽がいっぱい」〜映画と比較してみて〜

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

やはりハイスミスの本は読みやすいし、何度読んでもおもしろいです。
とくにこの「リプリー」はイタリアやギリシア、フランスの描写がとても素敵で、読んでてうきうきしてしまいます。主人公は犯罪をおかした悪者なのに、なぜか味方したくなっちゃうのですよね〜〜。

先日はテレビで映画「リプリー」を観ました。これって映画「太陽がいっぱい」のリメイクなのですよね。「太陽がいっぱい」も観たし、その原作本も読んだことありますけど…。この「リプリー」はまた全然ちがったものに仕上がっていますね。
主人公のトム・リプリーが別人のようです。
このトムはとても卑屈だし、気がちいさいし、あまりかっちょよくない(爆)。
映画「太陽がいっぱい」のトム(アラン・ドロン)はそりゃ〜美しいものでした。わたしは、この映画を観てアラン・ドロンを好きになったのです。
こちらのトムはもうちょっとしたたか。それに原作のトムはもっともっとしたたかです。わたしは原作のトムが一番好きですね。このトム・リプリーシリーズの本はたしか5冊くらい出てるはずです(全部読みました)。

映画「リプリー」のディッキー役、ジュード・ロウはうつくしかった!
この役者さんは初めて見たんですけど、なかなかこの役がはまり役でした。
「太陽がいっぱい」のディッキー役、えっとー、モーリス・ロネだっけ?はあんましかっちょよくなかった。アメリカ人とゆう設定なのにイタリア人みたいな人だった。
原作「リプリー」のディッキーは…それほど「美しい」とゆう感じではないですな。

とにかくこの「リプリー」はハイスミスの緻密な描写がすばらしい傑作なのであります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示