サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. あきらさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年6月)

あきらさんのレビュー一覧

投稿者:あきら

2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本チーズはどこへ消えた?

2001/06/15 17:46

簡単でやさしい言葉が心にひびくのだろうか?

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 いろいろなハウツー本が出ていますが、ここまで簡単に書かれているものはないと思います。それが売れている原因なんでしょうか?難しく書かれていると、ただでさえ「そんなことしたくない。今のままで十分じゃないか!」と思っている人には読めないですよね。
 私はねずみの「スニッフ」なので、あまり感じる事はありませんでしたが、「ホー」と「ヘム」の小人さん達には、面白い本ではないでしょうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本夜来香

2001/06/27 18:10

ホントに初期の作品!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 久能先生の作品は「カイ&三四郎」シリーズから入ったので、この作品は「あれっ違う!」と感じました。あとがきにあったんですが、初期の作品を直したそうです。
 確かにいきおいはあります。でも、話のつながりがよくわかりませんでした。前半、木蓮の描写が生々しくて耽美っぽかったです。後半、主人公達がすごく苦悩しているので、これが今の原形にあたるのかな? と思いました(「カイ&三四郎」シリーズでも主人公達が苦悩しているので)。久能ファンの方ならば、一読してみるといいのではないでしょうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示