サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. あおさんのレビュー一覧

あおさんのレビュー一覧

投稿者:あお

2 件中 1 件~ 2 件を表示

ちょっとした感動すら覚えました。

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

アンディ・ウォーホルはポップ・アートの巨匠であり、マリリン・モンローの絵を描いた人、ということは比較的有名です。
でも、名前よりも彼の作品の方がむしろ広く知れ渡っていることも事実です。アメリカで有名なものを作品に取り入れて、アメリカの象徴にのし上げてしまったのだから、日本人の持つアメリカの「イメージ」に近い。2ドル札、キャンベル・スープ、コカ・コーラ、エルビス・プレスリー、ミッキーマウス。
でも、多くの人は「どうしてこれが芸術なの?」という疑問を持つ筈。
この本はもちろん、アンディ・ウォーホルの生涯を描いたものですが、同時にその当時のニューヨークシーンと、美術界の動向、それらに関わった人物たちの記録でもあります。
分厚くて文字の量が少し多いですが、気にすることなく、小説のような感覚で読み進められます。それくらい、ウォーホルの生涯は劇的でした。
著者の調査は詳細に渡り、美術への造詣も深いようで、ポップ・アートの見方、ひいては現代芸術の理解へのヒントが、至る所に散らばっています。
少しでも「芸術ってなんだろう?」という疑問を持った人に、是非読んで頂きたい一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ぼくの哲学

2002/11/11 15:27

かれの哲学

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

アンディ・ウォーホルの脳みその中身をのぞいているような感覚。
彼は毎日、何を見て、何を考えて、何をして過ごしていたのか。
アンディの日常の一部を覗くことのできる本です。
この本を読み終えて、改めて彼の作品を見てみたとき、また別の見方が生まれたような気がしました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示