サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 木村太子さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年2月)

木村太子さんのレビュー一覧

投稿者:木村太子

2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本荻原兄弟のフクザツな事情

2001/10/29 14:57

デカイ子犬弟受と突き抜け兄攻

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 わんこで、年下な攻が大好きなんです。そして気が強くて美人で、でも男っぽい受が好き。これマイ王道。このパターンで行くと好みからはまさしく正反対なはずなのに、はまってしまいました、萩原家の兄X弟。
 もうね、にいちゃんアホなんですよ。アホっていうか、そう言いたくなるぐらいブラコン。ここまで突き抜けてたら、応援したくなる(笑)。そしてツボなのは、弟が充分それに毒されていてながら、なおかつカワイイ性格のまま育ってるっていうことです。
 近親相姦でおまけに無理強いで、兄X小さい弟だったりしたら、フィクションとわかっていても、すぐ腹たっちゃうんですけど、本人同士がよければ全て良し。しかもこの話、兄ちゃんより力強い弟が受だしな。受である弟のほうが体もでかいんですよ(笑)。
『ちょっと良い話』風のエピソードがちらほら入ってて、そしてホームドラマなところが古き良き花丸の匂いがして、なんだか懐かしくなりました。
 月村さんのwishとか、桜木さんの札休とかが刊行されていた、あの頃の花丸ってどの話でも作家でも、ホームドラマがすごく多かった。恋愛の話だとしても、なんか『家族』を作る話だったなーと。恋人になると同時に、家族みたいな存在になるっていうかね。クロモズですらホームドラマといって構わないと思うし。
 そういう、和やかで懐かしい、ちょっと優しいような匂いをこの本から感じました。こっちの場合、恋人になっちゃったけど、家族の立場も失われないという反対のパターンではあるんですけど。 一線を越えたら家族じゃなくなる、みたいな二者択一じゃないところが私は気に入りました。その分痛さはなくなってるけれど、暖かい雰囲気を残してます。
 ただし。完全センシティブ系は期待しないでお読みください。あくまでも、デカイ子犬弟受と突き抜け兄攻のキャラ萌えで読むのが一番楽しかろうと思います。星はストーリーよりもキャラ萌えに5つ星。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本マイフェア・ブライド

2001/09/05 16:02

専門職ホモ一段を進呈。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 って、私にもらったところで火崎先生もどうもしないでしょうが。
 ブライダルコーディネイターの話だったんですけど、火崎先生どーしたんすか、ちゅーぐらい、専門職記述が上手い〜。登場人物が作中でする、色々な仕事上のアプローチに、納得して感心しちゃいました。私はブライダルコーディネイタ—ではないので、実際の仕事内容の具体的なところは知らないのですが、これくらい一般読者を煙に巻けるだけのバーチャルな職場を、ボーイズラブ小説の中で構築できたらそれで充分じゃないかと思います。
 しかし読者ってほんま我侭やね(笑)。これで私が満足したかというと、違うんです、途中ですごい膝くだけちゃった〜〜。ぐすん。
 専門職記述が上手過ぎて、読んでてそれにのめり込んだせいで、後半に仕事のことが話の主軸から立ち消え、恋愛方向だけに話がシフトしたちゃった事に、しょんぼりしました…。
 がしかし、上に書いてあることは、単なる個人の趣味で、専門職キャラにさほど執着のない方には、この本は恋愛と仕事がかなりいい配分、実がある感じで楽しめる本になっていると思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示