サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. さなのママさんのレビュー一覧

さなのママさんのレビュー一覧

投稿者:さなのママ

7 件中 1 件~ 7 件を表示

だれだろ、だあれ?

2001/07/10 17:50

娘のお気に入り

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 もうすぐ1歳になる娘の、大のお気に入り。
 小さな子の手にも、なじむサイズで、もちろんママのバックにだって入れても気にならないサイズの絵本……。おかげで、ちょっと遠出のお出かけには、持ち歩いています。
 内容は、単純で、ひたすら、いないいないばぁっ、が、最後まで続くものですか、NHKのおなじみのキャラクターが大スキな娘には、何度開いても飽きないようです。自分で、めくりながら、『ばぁっ!』っとやってることもしばしば。
 小さなお子さんには、特にお勧めです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本西の魔女が死んだ

2001/10/11 17:15

味方になってくれる、大人の大切さ。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

学校に、行きたくない。そんな子供は、今は、たくさん居ると思う。きっかけは、いろいろと異なるだろうけれど、人と人の関係に疲れてしまうのは、大人とかわらない。
感受性が強い子供の頃は、大人のようにうまく立ち回れないことも多いだろうと思う。
そんな時、味方になって、軌道修正をしてくれる大人の存在はとても大切だと思う。そんな、おばあちゃんとの、押し付けではない気持ちのやり取りが、ゆっくり心を癒したのではないだろうか?

いつか、娘が大きくなったら、ぜひ読ませたい本の一冊に加えておこうと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ぼくおかあさんのこと…

2001/09/25 00:46

ちょっと耳がいたい、カナ?

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 かわいいウサギの男の子。お母さんが、キライ。キライな理由をどんどんあげてくれる。わが身を振り返ると、耳が痛い。私も、だらだらと生活しながら、娘の世話をしている…子供って、親のこと、よく見ている。
 でも、お母さんがキライな一番の理由が、かわいい。お母さんと結婚できないから、って。大好きだから、嫌い。最後の最後に、母親としては、救われる。ちょっと、男の子の母親にもなってみたくなる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本スカーレット・ウィザード 5

2001/06/19 02:29

最後まで一気読み!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 スピード感あふれる内容で、最後まで、一気に読ませてくれました。もう、途中で止められない面白さ。どんでん返しが何度もあって、最後の刊で、ここまでするか!! と思いながら、読み終えてしまいました。
 これで、最後なのが、残念なシリーズでした。番外編でも出ないかな、と、未練がましく思っています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

待ってました!!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 初期からのオーラバスターファンは、待ってました!! な、一冊。
 コバルト文庫のオーラバスターより、年上の読者を意識し多様な感じで書かれています。いつもより、より洗練されたような文体。
 新しい若木未生を見つけたような気持ちです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

若木さん初!宇宙もの♪

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 徳間書店から発行する本は、コバルトよりも、大人向きなのかと思って読み始めたら…主人公二人は、まんま最近の若木さん口調。独特のテンポで会話が進んでいきます。でも。宇宙もの! 楽しく読みました。
 そうか〜、若木さんが宇宙を書くとこうなるのか〜。とね。
 ナンバーがふってあるので、続き物は覚悟してましたが、この間は、人物紹介と、世界観の設定説明のプロローグといった感じです。この先、どんどん面白くなってくれると嬉しいな〜。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

懐かしい、思い出のえほん

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 子供のころ、本屋さんで買ってもらった小さな絵本。どこの本屋さんにも、たいていおいてあって、バスを待ってる合間の時間とか、お買い物のついでに立ち寄ったときなんかに、1冊づつ買って貰った覚えがある。
 ほんとに小さくて、子供用の小さなかばんにも入る大きさだったから、お出かけの時には、よく持ち歩いた。いつの間にか、本屋から、姿を消してしまっていたけれど、復刻版が出ていたので、思わず手に入れてしまった。
 昔よりも、ずいぶんお値段が上がってしまったような気がするけれど、やはり手に入れてしまった。もう少し、娘が大きくなったら、毎日読み聞かせようと思っている。でも、それまでは。私の思い出に浸る、宝物にしておこう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

7 件中 1 件~ 7 件を表示