サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 田中晴夫(担当編集者)さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年8月)

田中晴夫(担当編集者)さんのレビュー一覧

投稿者:田中晴夫(担当編集者)

1 件中 1 件~ 1 件を表示

【編集者コメント】「なんとなーく避けられてしまう人」の悲しきナゾを解明?

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 職場で、家庭で、同僚や家族からなんとなーく「敬遠」されているっぽい人っていますよね……「昼食にも飲み会にもカラオケにも誘われない〜」「家族の土日の予定が、自分のいないところで勝手に決められている〜」など、あらゆる場面で、身近な人間関係の輪に入れてもらえないタイプの人。
 彼ら・彼女らの多くは会社でも家でも、好きで孤独を選んでいるのではなく、むしろまわりの人々と仲良くしたいー! 好かれたいー! という思いが人一倍強いみたいです。ではなぜ、今日もみんなに避けられるのか? 
 まわりの人に聞いてみると、「だってあの人は○○だから……」という答えが返ってくるでしょう。その「○○」は、たとえば「すぐ怒る」「いやーな事ばかり言う」「いつも自分の話に持っていく」「絶対に謝らない」「他人をコントロールしたがる」……。問題は、そうした他人から避けられる原因となる要素に、自分でぜんぜん気づいていない人が多いことです。
 人間関係、とくに夫婦関係専門のセラピーを長年行ってきた著者ヘルマリングによれば、実際こうした人には、自分や他者に対する「気づき」の力=「SA」(センス・アビリティ)と呼ばれる感受性の能力がひじょーに乏しいそうです。
 何でもないことでバクハツ的に怒ったり、強い嫉妬や猜疑心や恨みを抱いたり、あるいは簡単にうつ状態になったり、SAのない人は、自分の心の状態に気づき、コントロールする力が未熟なせいで、「気づかない」うちに他人の心を傷つけ、相手との関係を自分から壊してしまいがち。
 本書ではそんな、「気づき度が限りなくゼロに近い人たち」の日々の生態にメスを入れ、まわりから敬遠され続ける淋しい毎日から早く脱出するための、感情(とくに怒りや猜疑心)と言葉と行動の自己観察&コントロール法、ソフトで肯定的な自己表現のヒントを多数紹介しています。ベテラン心理療法家による、慢性的な「避けられ症候群」を治すための対人関係改善ガイド。

詳細は、日本教文社内容紹介ページをごらんください。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示