サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. きょんさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年6月)

きょんさんのレビュー一覧

投稿者:きょん

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本五感喪失

2001/06/24 07:22

過度な刺激を求める現代とは

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 かつて人間は己の五感を研ぎ澄ましながらしか生きられなかったのに違いない。あらゆる外敵から身を守るため、あるいは目の前の食物が毒を持っていないか見分けるため、そして疲れた心と体を癒すため…。翻って、何もかもが便利になり、私たちは五感を研ぎ澄ます必要を失いつつある。

 過度な刺激を求めて性器にピアスをする人々、昼間は普通の社会人として仕事をしながら、夜になると怪しげなショーで異常なまでの刺激を受けて自分のバランスをとる人々。彼らはみな、退屈なまでの日常に耐えられなくなり、一気に過激な刺激を求めて突っ走るのだと筆者はとらえている。そしてそのような人ほど、子ども時代感覚が人一倍敏感だったのではと推測する。

 職人芸と呼ばれる人たちはが、自分の体で覚えた感覚をたよりに仕事をしているともいえる。彼らはその五感を使うことに満ち足りているから、このような過度な刺激を求める必要がないのだと。職人芸に限らず、仕事をしていく上で常に創造力を働かせより良い物をめざすには五感を働かせることなくはあり得ない。

 昨今の異常なまでの香りや消臭ブーム、「くさい」ことへの過剰反応をする若者たち…その根本的な解決策を示唆してくれる貴重な一冊に思えた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示