サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. みーにゃんさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年4月)

みーにゃんさんのレビュー一覧

投稿者:みーにゃん

1 件中 1 件~ 1 件を表示

エリアを限定し詳細に…しかし旧著「スイスアルプス・ハイキング案内」も捨てがたい!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 スイス・アルプスの写真を始めとする写真作家,小川清美氏が,スイス全土を対象とした「スイスアルプス・ハイキング案内」(以降「旧著」と称する)を刊行したのが平成3年9月。以来,旧著の改定,増補を首を長くして待っていたのは僕だけではないだろう。
 それに対して山と渓谷社は,新たに「ヨーロッパアルプス・ハイキングガイド」シリーズとして「グリンデルワルト周辺を歩く」「ツェルマット周辺を歩く」「シャモニ周辺を歩く」の3冊を平成12年4月に刊行した(現時点ではこの3冊のみ)。
 各1,800円だから,3冊揃えると(実際に僕は揃えたのだが…)5,400円。それに対して旧著は3,786円(消費税が3%の頃は税込みで3,900円になる勘定だった)。値段だけで見ても,上記3地域について詳しいハイキング情報を求めるなら,この本を選ぶべきだろう。一方,スイス全体にわたって(例えばサン・モリッツ周辺とか,ルツェルン周辺とか)ハイキングを予定しているなら,旧著の方が役に立つだろう。
 本著はグリンデルワルト周辺のハイキングコースの大半を網羅していると言っても過言ではないと思うが,グリンデルワルトに2〜3週間滞在しなければ,全てのハイキングコースを好天のもとで制覇できないだろう。
 スイスに旅行人生をある程度かけるつもりならば,本著を購入し,是非とも各コースを歩いてほしい。そこまで至っていなくとも,本著に書かれたコースのうち一つでも歩いてみてほしい。あなたの人生をほんのちょっと,変えることになるかも知れないから。

★編集部注:「スイスアルプス・ハイキング案内 フランス=モン・ブラン山群を含む 改訂第2版」が2001年4月に発行されています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示