サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. yukiyaさんのレビュー一覧

yukiyaさんのレビュー一覧

投稿者:yukiya

ガーベラ

2002/10/08 12:18

少女漫画的ボーイズラブ。

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

コバルト文庫で、立野真琴?と不思議に思い、中を見ると
当然のことながら、漫画でした。
コバルト文庫といえば、割と小学生くらいから読んでいたのに
ボーイズラブ作品が次々に出ているということにも、多少違和感を感じるのに、
今度は、漫画までだしてしまうとは。
文庫本コーナーに漫画本があるという、意表をついたこの作品。
内容は、表題作になっているのが6編と、他短編が2編。
うち、1編は書き下ろしという、結構読み応えのあるものです。
ボーイズラブと一口に言っても程度は様々ですが、この本に収録されているものは
どれも極端にそれを意識するような物ではなくて、
少女漫画の延長上にあるような感じの、割と爽やかな話で
あまりボーイズラブ作品と意識しないでも読めるものだと思うので
普段、あまりそういった作品を読まない方でも、嫌な感じはなく読めると思います。
それこそ、最近は少女漫画でも割と性的描写が多くなってきているので
多くのBL作品を読んでいる方には、余程新鮮だと思います!
是非、多くの方に読んでみて欲しいと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

あとをひく。

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

完結ということで、何か劇的な展開でもあるのかと思いきや
そういった感じではなくて、
彼らの日常は、常に続いていくんだなぁと思える終わり方で
全てを説明して、解決するっていう最後じゃないところが
後を引く感じで良かったと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本泣かせてみたい 2

2002/07/31 23:34

まずは第一歩。

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ホテルを舞台にした、とても川原さんらしいシリーズの2巻目。
究極のサービス業・コンシェルジェを目指す慎吾は、義兄の貴奨の下で働き始める。
この巻はとにかく見所(読み所?)が沢山!
最初はあんなに喧嘩口調の慎吾と貴奨だったのに、それなにり“兄弟”している所とか
健は相変わらず慎吾にべた甘だけど、江端との関係も気になるし。
ただ、なによりもこの作品を読んでいて、ホッとする場面というのは
物凄く慎吾に優しい時の貴奨と慎吾のやりとり。だったりします。
一体この先はどうなっていくのか、一番気になる所です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本天使ちゃんの夏休み

2002/11/08 12:03

男のロマン?

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

エンゼルちゃんも遂に大学生です!
入学してから夏休みまでのアレコレといった感じの内容で
表紙にあるように、「男のロマン」な『裸エプロン』なんかもしちゃっています。
今回もこのシリーズのパターンである、
「煮詰まる翼と全てを知っていても知らぬフリをする覇王さま」
といった感じで、ドタバタはありつつも最後にはラブラブな二人
というのがこのシリーズの魅力でしょうね★

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ご機嫌ナナメな王子様

2002/11/08 11:58

立場逆転?な王子様とお姫様

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

主人公・直純は自分よりも体格のいい海里に対しても、綺麗だからという理由だけで海里が“お姫様”で、直純が“王子様”。
そんな単純さもとても可愛いのに、自分が“可愛い”という自覚は全くない。
そんな訳で、立場は結局逆転している王子様とお姫様。
どちらもとっても一途なんだけど、直純が単純すぎるせいで後半思わぬ展開に。
初めて読んだ藤崎都さんの作品ですが、なかなか読みやすくてテンポもよく面白かったデス。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本キレイなままじゃ、いられない

2002/10/21 18:13

潔癖症の男

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

タイトルから想像されるものと、実際の内容とはギャップがかなり大きい。
あらずじにもあるように、潔癖症の人が出てきます。
結構、BL作品には軽い潔癖症みたいな人物が出てきたりしますが、
ここまで激しい、完璧な潔癖症(笑)の人は出てきたことが無いでしょう。
そういう所は、実に斬新だと思います。
そして、主人公は潔癖症を治してもらうべく、健気に努力する訳です。
潔癖症の引篭もりな人の生活っていうと、一般からはかけ離れているという点が
この作品の面白い所だと思います。
まあ、最後にはまさかまさかの大きな落とし穴があった訳ですがね。
他の人では触れるのすら気持ち悪くなって、絶対に無理行為でも
全く問題が無い唯一の相手というのが、愛 なんでしょうね??

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本少年☆周波数 王様の棋譜 6

2002/10/04 17:23

最後の最後で。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

この作品、一体どうなったら終わるんだろう??と
かなり気になっていたのですが、最後の最後にやってくれる!
相変わらず、結構さりげなく笑えるドタバタもありますが
意外な展開に思わず涙(?)な最終話。
何か、あれもこれも曖昧なままに完結してしまったようにも思えるのですが
全て解決してしまうよりは、面白いと感じたのは事実ですが。
やはり終わってしまうのは少し寂しいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ラブソングをもう一度♡

2002/09/25 11:57

意外なラスト。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

【ラストチャンスを掴まえろ!】の続編。
前作を読んでいる限りでは、何も続編が必要な話では無かったようにも思うのですが、
実際に読んでみるとコチラの内容の方が好きでした。
前作の表紙が、春平と伊織だったのが、
今回は世羅が加わって3人になっている…その過程というか。
つまりは、うまくいっていた春平と伊織に、
世羅が加わり、三角関係になってしまう話。
なんですが、最後の最後がかなり普通ではない展開になっています!

まあ、普通はそれでも元の鞘で終わるのでしょうが、
それよりはこの作品のような結末の方が私としては好きなので面白かったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本会長は今日もフキゲン!?

2002/09/21 20:57

楽しい生徒会ライフ!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

入学式の日、つまずいて、寝ている会長にエルボーを食らわせてしまった主人公・蓮は
オトシマエとして、生徒会役員に任命されるという…
名門私立の男子校の、それも生徒会を中心にした話です。
それなりに、波乱もありますが、割とあっさりとした内容だと思います。
宮本恭名さんの作品は初めて読んだのですが
さりげなく優しい会長の渡部がなかなかかっこよくて
それに気付いた蓮が、渡部を意識し始めるあたりが面白かったです。
会長は『フキゲン』なのではなくて、ちょっと『不器用』なんだと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本悪魔にくちづけ♥

2002/09/21 20:53

バカな子ほど可愛い?

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

おバカな主人公・小麦は同居を嫌がる兄嫁の弟・京介を説得するために
京介のアパートに居候を始める。
といったあらすじ紹介をみて、購入したのですが…
小麦は本当に清々しいほどのおバカで、
私はそういうキャラクターの話は苦手な方だったのですが
しかし、ここまでいくと可愛いと思えるのが不思議です。
同じ歳の京介とは、まるで大人と子供って感じだし。
小麦の思考というのが、全く予測できないモノなので
最後まで楽しく読めると思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ゴスロリ姫。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

主人公の転校先の不思議な男子校が舞台で、『姫』という変な制度のおかげで、女装をさせられる事になる…という、よくある(?)女装モノという感じな話。
おそらくシリアスな内容になるんだと思いますが、つだサンの作品ですから、かなり笑える部分が多い。
3人の可愛い容姿の男の子達が、ゴスロリチックな女装をさせられています。
『ファミリー・コンプレックス』とも登場人物が少々からんでいます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本成り上がりバトル

2002/09/18 21:26

対照的なシリーズ2作目。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

シリーズ前作の『ピンスポットの向こう側』は樹の一人称だったのに対し、今回は、逆で進矢の一人称。
樹の為に「成り上がった」進矢の『アイドル』という仕事の大変さや頑張りぶりが書かれています。
前作から特に進展があるとはいえないし、話の流れとしては前作に似ているようにも感じますが、視点が違うので飽きる事はないと思います。
(攻)キャラの一人称っていうのは珍しいし。

前作から受ける印象とはだいぶ違っていて年下な余裕の無さがなかなか一途な感じで、以前よりも進矢の事が好きになりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本しっぽのきもち

2002/08/30 16:35

ジャンルを超えちゃっているのでは…?

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

南野ましろサンというと、絵本なんかも出ていたりして、ボーイズラブジャンルの漫画家の枠に収まらないところがあるが、この本もしかり。
可愛い猫たちが中心の作品になっています。
ほのぼのとした雰囲気かとても癒されると思います。
一応、ボーイズラブジャンルの本になってはいますが、ちょっとだけ目を瞑れば、その方面が苦手な方でも十分に楽しめると思います!!
猫好きの方は必見です!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

忍と二葉の恋の行くへ。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ナイトアウト番外編といえは、忍と二葉★
どこか突き抜けてしまっている感じのある桔梗とは違って、
ごく普通の高校生の忍の心情はとても共感するところが多くて、
いつもいつも切なくなります。
本編に決着がついた後なので、日常的な生活場面が多くて
何か大きな事件が起こるとか、そういった事があるわけではないけれど、
普段の生活の中で小さな誤解や行き違いから始まるわだかまりが、
いつも忍と二葉の喧嘩の原因で、
パターンといえば、パターンな展開ではあるけれど
毎回どこか新鮮で、読んでいて飽きることが無いというのも
この作品の魅力かもしれません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本仔羊捕獲ケーカク!

2002/07/30 12:05

捕獲されました!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

全寮制の男子校を舞台にした、いかにも!っていう設定の話です。
“男子校”に思いっきり染まってしまっている、中等部からの持ち上がり組な楓と有紀はHも済みな恋人同士(周囲公認)。
だけど、どう見ても、二人とも“受”って感じの可愛いカップル。
そんな仔羊ちゃんを狙っているのが、寮長・克貴&副寮長・和臣のオオカミ(?)コンビ。
下心を隠した、かっこよくて大人な先輩達の張った罠に徐々に嵌りつつある楓と有紀。
捕獲されるのも時間の問題。
表紙を見ると、結局は「誰と誰がくっつくか」というのは、想像できるんだけど、そこまでの過程がなかなか意表をついていて面白いし、“受”同士でくっついちゃっているという珍しいケースだし、今後どんなふうに出来上がっていくのか続きが楽しみです。
早くもCDドラマ化されるという、話題の作品です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する