サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 賢者の石さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年4月)

賢者の石さんのレビュー一覧

投稿者:賢者の石

90 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本ロードス島伝説 4 伝説の英雄

2001/09/01 11:56

ナシェル、英雄たらんとした男

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 ロードス島伝説、感動の完結である。作者自らが言っているとおり、通して読めばナシェルの英雄成長記であったように思う。サブタイトルも「亡国の王子」→「天空の騎士」→「栄光の勇者」→「伝説の英雄」とグレードアップしているのだから。
 その結果、六英雄による魔神討伐、そして「最も深き迷宮」での冒険部分は語られなかったが、「伝説」そのものの物語構成からしてみれば、これで良かったのではなかろうか。ナシェルの立身、冒険、奮闘、そして挫折…窮地から立ち上がった彼に、逃れられぬ悲しき運命の追撃…最期まで彼は英雄たらんとした。そのことに感動すれば充分、この伝説は幕を閉じるのだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ロードス島伝説 2 天空の騎士

2001/09/01 11:26

ナシェルの受難は続く

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 前作「亡国の王子」から引き続いてナシェルの受難は後を断たない。魔神を率いているのが自らの父だったことから、抗うこともできず運命に翻弄されていく…彼ほどの才能をもつ青年であっても、いや、彼ほどの青年だからこそ、英雄として完成するまでには数多の難関に挑んでいく必要があるのだろうか。
 そして、そういった読者の期待にナシェルは見事、応えてくれる。野生の竜を自らのものとし、ハイランドの竜騎士として帰ってくるのだ。サブタイトルである「天空の騎士」とはこういう意味であったのか、と思わせてくれる、心憎い演出。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ロードス島伝説 3 栄光の勇者

2001/09/01 11:38

騎士の鑑、それがファーン

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 よくファリスの聖戦士は頭が固いとか独善的だとか、偽善の象徴のように言われているが、その言葉が、さて、ファーンという男にも当てはまるかどうか考えていただきたい。たしかに彼も典型的なファリス信者の例に漏れず、多少頭の固い部分があるかもしれないが、決して偽善と指弾されるような振る舞いは取らなかったはずだ。しかも、一生涯において。
 今回はナシェルよりもファーンの活躍に目がいってしまった。自らの汚名をそそぐため、単身、魔神のひそむ廃村へと向かっていく。どこまでも、自分の信仰するファリスの正義を信じて。
 昨今は、何か唯一のものを信じるのが格好悪い、正義などこの世にはないんだと斜にかまえる人々が多いが、もう一度、ファーンのひたむきに正義を追及する心に触れて、何かを感じ取れないだろうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ロードス島伝説 1 亡国の王子

2001/09/01 11:17

「六英雄」の若きころ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 この作品は、ファンタジー・ファンなら誰もが知っているであろう「ロードス島戦記」と同じ世界観で、しかし時代設定はそれよりも昔である。英雄戦争から遡ること30年。ロードスは魔神の脅威にされされていた。スカードの王子であるナシェルは自らの国を手放し、魔神を撃つために旅立っていく…この作品では「ロードス島戦記」で伝説として語られる「六英雄」が若き姿で登場している。どのキャラクターも魅力的で、後世の彼らの姿を知っているだけに、若かりし頃の彼らの有り様に、どこかしら共感をおぼえてしまうのは、私だけではないはずだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

クライマックスに、感動!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 三巻から同様のサブタイトルで続けられた「火竜山の魔竜」も、この下巻で完結。パーンとアシュラムの対立関係を主軸に、多くのキャラクターを抱えこみ、しかしその誰もが物語に不要とならずに展開されていく。
 しかし、やはり、パーンとアシュラム以外に、この巻で印象的だったキャラクターを挙げよと言われれば、私は迷わず狂戦士のオルソンを推すだろう。彼はクライマックスに狂戦士化して死ぬのだが、「僕は怒る。しかし、怒りは復讐じゃない。臆病な者が、戦うために必要な力なんだ…」という言葉に、感動せずにいられない。怒りの精霊ヒューリーに支配されながらも愛する者のために命を賭けて最期まで戦っていく…ロードスという呪われた島に生まれたオルソンの、ひたむきな、そして苛烈な生き方に、私たちは何かを学べないだろうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

人間とエルフは共存できるのか

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 本作品は「ロードス島戦記」の外伝に相当する。主人公はパーンではなく、常に彼と行動を共にしていた、ハイエルフのディードリットだ。
 彼女は人間に対して友好的だが、この外伝に登場するエルフ、エスタスは人間に対し閉鎖的で批判的である。本書ではディードリットとエスタスの視点から、「ロードス島戦記」の主人公であるパーンを代表に、人間というものの愚かさと素晴らしさを追及している。どこまでも人間に希望を抱くディードリット。そんな彼女に対して少しずつ理解を深めていくエスタス。人間とエルフは共存できるのかどうか、そういったテーマを押し込めたファンタジー連作短編集。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

「魂の絆」は佳作

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 西部諸国シアターはこの第三巻目で完結である。さて、今回もっとも印象深かったのは表題作「鏡の国の戦争」ではなく、ある盗賊と女魔術師の交流を描いた「魂の絆」だ。
 実によかった。ストーリーはもとより、ふたりの意志が結ばれるアイデアも秀逸。最後まで予断を許さぬ展開で、ラストシーンでは読者へのカタルシスも忘れていない。ソードワールド短編としては、私にとって五本の指に入る佳作である。
 あえてこの書評ではこの短編のくわしいあらすじやキャラクター構成など語らない。ぜひとも実際にこの本を手にとって、あなた自身の目でたしかめてほしいのだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本妖魔夜行戦慄のミレニアム 下

2001/09/02 13:07

人のもつ俗っぽさがいい

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 壮大なスケールで展開される「妖魔夜行」完結編、戦慄のミレニアム。上巻からの期待を裏切らない面白さで、クライマックスまで一気に読ませてくれる。
 …結局、うさぎの穴の面々(というか、全世界の妖怪たち)は、最大の敵との戦いに打ち勝つのだが、最後の最後の場面で、友情を培った摩耶とガンチェリーの会話が印象的だった。読む人によっては「品がない」とか「台無しだ」と思われるかもしれないが、こういう人間の俗っぽさがあったからこそ、この結末を迎えられたのだろうし、この物語全体のテーマが肯定化されるような気がするのだ。彼女らがラストシーンでどのような会話をしたのか? それは、あなた自身が読んでたしかめてください。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本妖魔夜行悪魔がささやく

2001/08/13 04:33

そして摩耶は——

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 表題作「悪魔がささやく」のインパクトに圧倒された。妖魔夜行らしく、決して安易なハッピーエンドに逃げない考えさせられるラスト。二度と後に引き下がることのできない、摩耶の今後…。
 悪魔の狡猾さ、そして、それ以上にどうしようもない人間の愚かさが描かれた一編。ご一読ください。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本妖魔夜行真紅の闇

2001/08/13 04:23

八環が渋い

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 本書の表紙にもなっている中年男性、八環を主役とした表題作「真紅の闇」をはじめ、短編を三本収録。
 三本とも彼、鴉天狗の八環が登場しているのだが、どの作品でもいい味を出している。特に「さようなら、地獄博士」で、最後の最後に、とある妖怪(これをバラすとネタばれになるので、伏せておきます)と会話するシーンなど、その妖怪を見事に引き立てていた。本当に格好いいキャラクターとは、このように自分だけでなく、自分の周りのキャラクターさえ立たせることのできるものではないだろうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ルナル・サーガ 完結篇下

2001/09/05 06:53

感動のフィナーレへと

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 これでルナル・サーガは完結となる。少なくとも、アンディとエフィ、この双子を主軸とした物語はひとまずの終幕をむかえる。
 いつも思うのだが、作者である友野詳は、どの作品もキャラクターを必要以上に多く出しすぎて、物語の完成度を下げているような気がする。しかし、今回に限っては多くのキャラクターが錯綜する展開に興をそそられた。アンディにエフィ、メノアにサーライト、<四姉妹>、そして多くの仲間たち…「ルナル・サーガ」という物語に彩りを添えた多くのキャラクターたちにそれぞれの結末を与え、作品は感動のフィナーレをむかえる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本妖魔夜行戦慄のミレニアム 上

2001/09/02 12:58

摩耶は堕ちていくのだろうか…

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 シリーズ全体のリニューアルを目前に、<妖魔夜行>の第一期を絞めくくる<うさぎの穴>完結編の上巻。これまでにない壮大なスケールで展開されるストーリー、世界的な規模で発生する数々の怪事件、キャラクターもほとんど総出演で物語は進行していく。
 これまで妖魔夜行は「宗教」にタッチしていなかったのだが、この巻を読んでその理由が判明した。なるほど、そういうことだったのか。最大の敵は悪魔の組識<ザ・ビースト>でなく、天使。そして…。
 シリーズを通して妖怪たちに関わっていた人間、摩耶も、この巻で大きな転換期を迎える。<うさぎの穴>の面々は、史上最大の敵の前に、抗うことができるのだろうか? 手に汗握る展開に脱帽。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ヒーローになりたい!

2001/09/02 11:34

サーラのひたむきさに共感

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 ひとりの少年が「本当の冒険」を夢見て冒険者の一行に同行していく…というのが簡単なあらすじだが、読後感がかなり良い仕上がりとなっている。
 主人公であるサーラのひたむきさや、それを受け入れる冒険者一行の善意ある言動が、読む者に心地よい読後感を与えるのだろう。ひとりの、特別な力など何ひとつない少年が、未知なる冒険に向かっていく…ある意味でファンタジーの王道なのだが、筆者である山本弘独特のタッチによって決して古いものにはなっていない。お勧めのソード・ワールド・ノベルである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本失われた狂気を求めて

2001/09/02 09:54

デュダ・シリーズの最高傑作?!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 ユーモア・ミステリと銘打った「デュダ」シリーズは、この後も何冊か続くのだが、私は自信をもって、この作品がデュダの最高傑作である、と太鼓判を押すことができる。
 デュダのとぼけっぷりがいい、物語の構成がいい、ストーリー展開もテンポよく、ミステリとしても秀逸。「デュダ」という作品が求める要素において、非の打ちどころがないのだ。
 デュダという作品自体については古参のソードワールド・ファンから賛否両論がある。たしかに、批判する側の者が指摘するように、デュダにはミステリとして上手くない作品も少なくない。しかし、この「失われた狂気を求めて」一編においてはミステリとしてもファンタジーとしても上手く昇華された佳作だと思えるのだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

そして、呪われた島は…

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 この巻で「ロードス島戦記」は完結となる。振り返ってみれば、本当に数多くのキャラクターと、壮大な物語展開、戦乱と策謀の入り乱れた、ファンタジーの大巨編であった。
 主人公サイドはもちろん、敵役となるキャラクターも魅力的であった。灰色の魔女カーラ、マーモ皇帝ベルド、黒衣の将軍アシュラム、黒の導師バグナード…前回から主人公となったスパークは、バグナードからニースを取り戻すことができるのか? それはあなた自身がこの本を手にとってたしかめて欲しい。きっと、ロードスで起こった戦乱の果てに、あなたはかつて感じたことのないカタルシスをおぼえるだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

90 件中 1 件~ 15 件を表示