サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. しおりさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年3月)

投稿数順ランキング
先月(2017年3月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

    3月のライオン(1)

    3月のライオン(1)

    羽海野 チカ(著),先崎 学 (将棋監修)

    5つ星のうち 4.5 レビュー詳細を見る

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    はらぺこあおむし 改訂

    はらぺこあおむし 改訂

    エリック=カール (さく),もり ひさし (やく)

    5つ星のうち 4.5 レビュー詳細を見る

しおりさんのレビュー一覧

投稿者:しおり

3 件中 1 件~ 3 件を表示

バカの瞬発力

2002/04/12 00:28

煮えてる人たち

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 西原理恵子さんの本からゲッツ板谷氏を知った。なんとなく手にとったこの本の内容は、はっきり言って無茶苦茶だ。全部実話なんだろうか。半分ツクリだとしても、それでも良い。だっておもしろいんだもん。特に野球チームの話は絶品。そこだけ、家に来た友達みんなに読ませてる。まず、これを読んで、次に是非、『板谷バカ三代』を読んでほしい。私は月一で読み返しては、毎回同じところで笑ってる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本えんちゃん 岸和田純情暴れ恋

2002/04/11 03:14

純愛ってこういうもんだよね。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 映画から入った中場作品。ぜひ原作も読みたいと探し当てた「岸和田少年愚連隊」。こんな社会を作るオトナってどんな人たちなんだろう? ずっと不思議に思ってた。私が育った環境とは明らかに違う、けれどもそこか魅力的な世界。少しでも垣間見ることができればと入手したこの作品には、申し分ない内容が詰め込まれていた。文庫が出るまで待とうかと思ったりもしたけれど、読んで良かった。主人公である「えんちゃん」の微妙な恋心。自分勝手だけれども、最高に『オットコマエ』な俊夫。私もこんな男性に口説かれたい。口説かれて泣かされたい。素直にそう思った。まぁ本当に泣かされたら、それはそれで嫌なんだろうけれど。単なる恋愛小説だとは思わないで欲しい。これはある種の純文学だと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本岸和田のカオルちゃん

2002/04/11 03:07

これぞヒーローでしょ。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 最高のエンターテイメントです。ぼーっとしてるときに読んだのですが、大笑いしました。一気に頭も冴えて、仕事も捗りました(笑)。岸和田という町は、法治国家である日本の一部でありながら、大阪人も女の子一人では絶対に行ってはいけない町に指定されています。その中で起こっている出来事。岸和田の顔になってしまっている、かおるちゃんのめちゃくちゃな生き様。近寄りたくはないけれども、一時も目を離したくない存在。生きているというだけで面白い人かおるちゃん。もう、大好きです。特に、機動隊に対するかおるちゃんの認識を読んで、おなかが痛くなりました。寝る前には読んではいけません。一気に読んでしまうので目が覚めてしまいます。「岸和田少年愚連隊」等の、作者の他作品も是非併せ読んでほしい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示