サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 渡辺浩充(日本教文社・編集者)さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年9月)

投稿数順ランキング
先月(2017年9月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    中野 ジェームズ修一 (講師),日本放送協会 (編集),NHK出版 (編集)

    5つ星のうち 4.0 レビュー詳細を見る

渡辺浩充(日本教文社・編集者)さんのレビュー一覧

投稿者:渡辺浩充(日本教文社・編集者)

1 件中 1 件~ 1 件を表示

【編集者コメント】21世紀を救うツール

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 いま、「あたたかいお金」が使われはじめている。「エコマネー」が日本ですでに100以上の地域(日本青年会議所や地方公共団体など)で導入されているのだ。

 環境や福祉や教育の問題は今までのお金だけでは解決しにくいと言われているが、「エコマネー」こそが二十一世紀を救うツールになると思う。たとえば町中の溝さらいを公共団体で行うとすると、地方公共団体が支払う額は莫大になるが「エコマネー」を使えばみんなの協力で溝さらいができてしまう。実は、「エコマネー」は助け合いを上手に引き出す魔法のツールなのだ。だから、リアルマネーが必要にないところでは「エコマネー」を使おうという発想だ。

 エコマネーについて、中村桂子氏(生命誌研究館副館長)は「貨幣経済に呑み込まれている悩みの解決につながりそう」、公文俊平氏(国際大学グロコムセンター所長)は「エコマネーこそ、これまでの資本主義的市場の働きを補完する、あるいは場合によってはそれに取って代わりさえする、新しい強力な仕組み」と言う。

 今までのお金は投機や利子や貯蓄が行われ、お金持ちはますますお金持ちに、ない人はますますなくなってしまう。そしてお金を生み出さない環境や福祉や教育は放って置かれることになってしまう。

 「いまのお金とエコマネーと両方使って心豊かな生活をしよう」という著者の提案は、これからは、ぜったい見逃せないと思う。(さらに詳しく知りたい方はこちらへ )

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示