サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. ジャムさんのレビュー一覧

ジャムさんのレビュー一覧

投稿者:ジャム

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本ルー=ガルー 忌避すべき狼

2003/06/09 21:53

前半はちょっとガマン。でも……。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

京極さんの本はどんなに分厚くても苦になったことはないのですが、今回は前半なかなかペースが上がらず、「読み切れるのか?」という疑問が頭をよぎりました。
物語がなかなか核心となる事件に踏み込まず、少女達とカウンセラーである不破静枝の物語が交互に語られる構成も今ひとつスピードにのりきれない原因だと思います。
しかし何より前半の「かったるさ」の原因は、一般読者から公募したアイディアで舞台となる世界を作っていることではないでしょうか。特に不破静枝のパートでは彼女の人となりがなかなか現れてこず、もどかしく感じました。

けれど後半、少女達と静枝達がそれぞれ事件に対決する姿勢をあきらかにしてからは一気呵成に物語は進みます。
メインの少女達のキャラクターも書き分けが見事で、終盤のアクションシーンは頭の中にまざまざと映像の浮かんでくる、実に京極さんらしい見事な書きっぷりでした。
「なぜ人を殺してはいけないのか」、この物語を読んだ人すべてが心の中に自分なりの答えを見出そうとするのではないでしょうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示