サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. WAVE出版編集部小田明美さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年6月)

WAVE出版編集部小田明美さんのレビュー一覧

投稿者:WAVE出版編集部小田明美

5 件中 1 件~ 5 件を表示

幸せの手作りコスメ

2002/03/18 02:54

ほっこりなキモチになれます

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 コンビニで調達したり、週末デパートで買いだめしたりするのも楽しいひとときをもたらしてくれるので、大切なことだと思いますが、本書を読んでいただくとわかるように、だいたいの化粧品がアロマの精油や穀物、ハーブ、そしてアルコールがあるとつくれることに驚きを感じるでしょう。
 さぁ週末おうちで料理を作るように、コスメレシピにトライしてみませんか? どんな癒しグッズよりも「ほっこり」した気分になること間違いなしデス。そういった内面で暮らすことこそ、しわやシミ、そして身体の健康にとってもいいことです。週末断食ならぬ、週末コスメといきましょう。楽しいこと間違いなし!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

やらされる仕事からやりたい仕事へ

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 担当のWAVE出版編集部小田です。
 本書はとてもキモチが引き締まり、翌日が早く来ないかなあなんて思ってしまう一冊です。寄せられている感想は25才前後の女性が多いです。やはりこれから仕事どうしようかななんて悩んでいるのでしょうか。また男性からも女性向けはもったいない! 自分にも役に立ったとか、女性の部下がいるので大変参考になったとのご意見が寄せられています。
 つまらない波と、やりがいを感じ夢中になってしまう波が交互に押し寄せるのが仕事。自分のスタイルをどう構築するかで「つまらない波」がもう乗り越えられない波なのかどうかわかるはずです。そのときに本書にあるような手帳術やデジタル術を改めてかんがえていただければ、ずいぶんと変わることになることは確かです。
 ぜひ、会社のオヤジさんどもにないもの「やりたい仕事をやっている私」に皆さんなりましょう。きっといきいきできるはず。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本不倫の恋で苦しむ男たち

2001/09/26 21:37

【編集者コメント】彼らは平気で不倫の恋をしているわけじゃないんだ

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 本書は「浮気」を扱った本ではない。「不倫の恋」である。こんなにも男たちが考えているとは思ってもいなかった、問わずに別れたギモンがわかってよかった、自分だけじゃなかったんだなどなど全国から男女問わず読者ハガキが届いている。年齢もさまざまである。「浮気」の人も読んでくれているのだろう。けれど、最後の章で涙が出るか、でないかそれがバロメータのようだ。こんなにも愛されるなら「不倫の恋」もいいものだと思わずにはいられない。けれど妻たちからの反響もすごい。夫の気持ちが見えた、恋は止められないという著者の視点は、夫婦たるもの、許せないなどなど。それもそうだ。様々な立場で読まれるのも嬉しいことである。けれど、ココロはどんな糸でもしばれない、それを男たちから著者がそぉっと聞いてしまったことは、罪なことではない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

【編集者コメント】いちばん子どもがイキイキする塾はどこ?

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 通うの近くだから、○○ちゃんも行ってるから、そんな理由で塾を選んでいませんか? あたりまえだけど、それぞれ塾には、「個性」がある。そして厳しい「家計」の問題もある。子どもたちにある意味で投資することになるその費用耐効果を検証し、子どもをつぶさない塾、本当の学力を身につけるとは? 迷える母の視点で好評の著者によるロングセラーの改訂版。私立中学受験を意識している人にかぎらず、ちょっとのぞいて見たい人にもわかりやすく、案内書やご近所ネットワークではわからない様々なギモンに応えています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

【編集者コメント】夢見る結婚に到着したいのなら、ぜひ本書を!

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 結婚したがっている友人たちがたくさんいる。そのわりにつらい恋をしていたり、とってもすてきな結婚相手を逃したりしている。結婚した人とできない人の違いはなにか。私は「願望」かと思っていたけれど、彼女たちにはきちんと立派な「願望」がある。でもしない、できない。そこで恋愛本の教祖酒井冬雪さんに思い切って書いてもらった。年はどんどん食っていく、子どもを産みたい! どうしよう! そんな女性たちに絶対に役に立つように書いてね! とお願いして。やはり自分とカレの「見極め」が必要なんだと彼女は書いている。いくら「好き」でも、結婚したいあなたを「否定」することはない。どんどん先に進んで、新しい恋にチャレンジしてもいい。「結婚にはムリな恋」があると教えてくれる。あなたが真剣なのに、「結婚したい」と思ってもくれない(態度にも出さない、言ってはいるけれど、現実味がちっともない!)。そんなカレはいつまで経っても変わらないと。シャイな男の子、いままで口先だけで女の子を引っ張ってきた男性にはキツ〜イ本だ。かといって、逃げ込むように結婚に走ることも抑制できる一文もある。ともかく、お年頃の乙女の方々、一度、読んでみてください! 

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

5 件中 1 件~ 5 件を表示