サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. ゆう&さよさんのレビュー一覧

ゆう&さよさんのレビュー一覧

投稿者:ゆう&さよ

2 件中 1 件~ 2 件を表示

少女と妖精の話

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 はっきり言ってこれは私の苦手な部類に入る話です。涙モノです。公的な場所では読めません。それでもいろいろと考えさせてくれた素晴らしい本でした。
 主人公のペチカは決して絶対に「苦しい生活を送りながらも強く優しく生きる善良なヒロイン」ではありません。彼女は乱暴モノで人間不信で少々卑怯な少女でした。荒んだ世界に荒んだ主人公であります。
 それでも、そんな荒んだ世界だからこそ「優しさ」はより輝いたのです。そんな「死んじゃえ」ばっかり言ってたペチカだからこそ、彼女の「生きてほしい」という言葉は誰よりも重みがあります。
 これはそんな話です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ブギーポップは笑わない

2001/07/14 12:17

主人公が一人じゃない

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 何度も何度も振り返された物語。その度に語る主人公が変わるによって、視点も内容も変わって行く。そこが面白いです!
 たとえば、竹田くんによればこれはなんでもないどうでもいい話だが、未真さんに言わせると世界の運命がかかってる事件だった。彼たちは全く違う視点で同じ話を語っています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示